新着Pick
SPD1HLZ1APVCKWJJ
トラック(企業物流)
JPN

トラック(企業物流) 業界

日本
業界一覧
>
運輸サービス
>
陸上輸送
>
トラック(企業物流)
輸送手段としてトラックを用いた、企業の調達物流、販売物流、社内物流、返品物流を担う企業群。荷主から物流業務の全てまたは一部の委託を受け持つ3PLを担う企業も含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
7Picks
トラック版ウーバーとして躍進のConvoy、430億円を新規で調達
Forbes JAPAN
|
シアトルに本拠を置く物流トラックのオペレーター「コンボイ(Convoy)」が、新規で4億ドル(約435億円)の資金を調達した。コンボイはこれまでビル・ゲイツやジェフ・ベゾス、アル・ゴアなどから支援を受けている。同社のCEOのダン・ルイスはト・・・
7Picks
新しい働き方×新しい学び方で「Work in Life」を実践【オカムラの事例】
GLOBIS知見録 最新記事
|
「学び方改革」を推進している先進的な企業の事例を紹介する本企画。第4回は日本トップクラスのオフィス家具メーカーとして、様々な働き方を提案してきた株式会社オカムラの事例をご紹介します。同社は、約40年前からオフィス研究所を持ち、オフィスのみならず医療施設や商業施設、物流施設など様々なシーンで“働く人”を支えてきました。「人を想い、場を創る。」をコーポレートメッセージとする同社が、社員に向けてど...
9Picks
ファーストリテイリング/「世界の倉庫を自動化」物流機器企業と提携
流通ニュース
|
ファーストリテイリングは11月13日、自動倉庫などのマテハン機器のダイフク、知能ロボットを展開するMUJIN、商品ピッキングシステムを展開するExotec Solutionsと、サプライチェーン領域における戦略的グローバ […]
11Picks
倉庫業からイノベーティブで先進的な会社へ 寺田倉庫のイメージを激変させたデジタルシフト
Digital Shift Times(デジタル シフト タイムズ) その変革に勇気と希望を
|
倉庫会社の中では異例とも言えるスタイリッシュなコーポレートサイトを持つ寺田倉庫株式会社。アートやワイン、建築模型など、取り扱うサービスも従来の倉庫事業の枠を超えるものだ。なかでも、誰でも自分の倉庫が持て、いつでも引き出し可能なwebサービス「minikura(ミニクラ)」はいまや寺田倉庫を代表するサービスの一つになっている。ほんの数年前まで従来のトランクルームや物流サービスを主軸としていた寺...
13Picks
偽造品とのいたちごっこに終止符、真贋見抜く“技術の眼”たち
ニュースイッチ
|
人と技術の両眼で真贋(しんがん)を見抜く。商品の売買手段が多様化する中で、各社が偽造品対策に力を入れている。偽造品の流通は消費者が不利益を被るだけではない。低品質で粗悪な偽造品が出回ることは企業のブ
350Picks
アリババの強さの秘密、その独自のビジネスモデルを分析する
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
中国のITは、政府が情報統制を取ったため外国企業の発展が阻害したため、また、外国のビジネスモデルをまねたため、急速に進展したといわれる。確かにその側面はある。しかし、アリババはほかにない全く新しいビジネスモデルで成功した。それは流通インフラが未発達だった中国の社会事情に適合したものだった。
70Picks
アリババが物流子会社のCainiaoに約3600億円増資
TechCrunch Japan
|
Alibaba(アリババ)は、2年前に過半数の株式を取得した物流会社のCainiao(ツァイニャオ)の持ち分を増やす。11月8日に233億元(約3600億円)を追加投資し、Cainiaoへの持ち分を51%から63%に引き上げると発表した。 アリババは声明で、今回の資金調達ラウンドでCainiaoが発行する新株を引き受けると同時に、既存株主からも持ち分を取得すると述べた。Cainiaoは、中国...
10Picks
アフリカの物流スタートアップLori Systemsが、中国の投資家主導でシリーズA調達を実施
TechCrunch Japan
|
アフリカのオンデマンドトラック運送会社Lori Systems(ロリ・システムズ)は、中国の投資家Hillhouse CapitalとCrystal Stream Capitalが主導するシリーズA調達を行った。 他の参加投資家には、ナイジェリアと米国に拠点を置くEchoVC、Flexport CEOのRyan Petersen(ライアン・ピーターセン)氏、ナイジェリア出身の起業家のIyin...
349Picks
16歳男子高校生が「種」を売る何とも壮大な理由
東洋経済オンライン
|
15歳という若さで種苗会社を始めた高校生がいる。東京在住の小林宙(そら)氏、現在16歳の高校2年生だ。会社の名前は「鶴頸(かくけい)種苗流通プロモーション」。伝統野菜を主とする種と苗と、農薬・化学肥料不…
14Picks
業界の「ホワイト化」で疲弊する運送会社とトラックドライバー、一体何が問題なのか
ビジネス+IT
|
働き方改革関連法が施行されるなど、現在、社会全体がコンプライアンスを重視し、いわゆる「ホワイト企業」となるべく、大きくかじを切っている。しかし、現場では、コンプライアンスを順守することによってさまざまな問題や課題が生まれ始めている。運送業界も然(しか)り。筆者が現場で聞いた例を交えながら、運送業界におけるコンプライアンス推進が巻き起こす課題を考えよう。
10Picks
「(株)△□○」って何する会社?
産経ニュース
|
「広島高速鉄道・アストラムラインの伴中央(ともちゅうおう)駅ホームから『(株)△□○』の看板が見える。何と読んで、何をしている会社か調べてほしい」。読者からこんな問い合わせが寄せられた。広島市安佐南区にある同駅に行ってみると、確かに住宅街の真ん中に「△□○」と書かれた看板が。看板のある建物に近づいてみると、トラックや乗用車にも「△□○」の記号がある。意を決して同社へ突撃した。
90Picks
ドライバー24万人分の穴を埋めろ 物流業界、自動運転トラックに熱い視線
朝日新聞GLOBE+
|
短期集中連載「くるま新世紀 デジタル時代の開発最前線」#4 物流業界2020年以降、導入が広がると期待されている自動運転システム。有望な分野の一つが物流だ。トラックのドライバー不足が深刻な問題になっているうえ、工場や港の敷地内、高速道...
28Picks
知ってました?「QRコード」の生みの親は最強の自動車部品メーカー
ニュースイッチ
|
今や日々の暮らしに欠かせないQRコード。その用途は生産や物流管理にとどまらず、スマートフォンの普及も追い風となり、航空券やイベントの電子チケットやキャッシュレス決済などへ広がっている。そんなQRコードが開発されて今年で25年。開発者のひとり、柴田彰さんは、普及を遂げてきた四半世紀は、日本企業が戦略的に国際的なルールづくりに挑み始めた軌跡と重なると受け止めている。「かんばん方式」支える QRコ...
60Picks
32期増収増益の「ニトリ」がつくった物流でもうかる仕組み
日経BizGate
|
この連載では、先進的な物流の取り組みをしている企業について、著者ができるだけ現地に足を運び、直接体験・取材してきた情報を、自分なりに解釈して解説します。第2回ではニトリホールディングスを扱います。◇  ◇  ◇ 「お、ねだん以上。」でおな…
36Picks
世界最大のEC企業「アマゾン」が物流でチャレンジ続けるワケ
日経BizGate
|
この連載では、先進的な物流の取り組みをしている企業を紹介します。著者ができるだけ現地に足を運び、直接体験・取材してきた情報を、自分なりに解釈して解説します。第1回ではアマゾン・ドット・コムを扱います。◇  ◇  ◇ アマゾン・ドット・コム…
13Picks
増える日本版MaaSのPoC--実用化への道のりは
ZDNet Japan
|
日本版MaaS(Mobility as a Services)のPoC(実証実験)が全国各地で始まっている。鉄道やバス、タクシー、トラックなどの移動・輸送事業者らに加えて、IT企業やスタートアップがそれらに参画する。都市や地方など各地域におけるヒトやモノの移動をシームレスにするため、MaaSプラットフォームを手がけるもの、MaaSアプリを開発するもの、さらに快適な生活をおくる街作りを視野に入...
71Picks
再配達のムダをなくす。在宅情報を共有し、利⽤者と物流会社をつなげるサービス「TODOCU」
Forbes JAPAN
|
アマゾンや楽天をはじめとするネット通販が普及し、家にいながらにして買い物ができる便利な時代になった。その一方で、宅配便の個数は増加している。中でも社会問題化しているのが「再配達」だ。その数は年間約80万個。1年間で人件費にして約9万人分、金・・・
14Picks
法律だけでは不充分、ドライバーに義務付けられた睡眠チェックの盲点
Forbes JAPAN
|
今年6月から、バスやタクシー、トラックのすべてのドライバーは、乗務前に睡眠不足かチェックするため会社から点呼を受けることとなった。新たに施行された「旅客自動車運送事業運輸規則及び貨物自動車運送事業輸送安全規則等」の改正によるもので、事業者に・・・
11Picks
ブラックストーン、59億ドルでコロニーの倉庫買収へ-需要拡大を予想
Bloomberg.com
|
米投資会社ブラックストーン・グループは、資産運用会社コロニー・キャピタルの倉庫部門コロニー・インダストリアルを59億ドル(約6380億円)で買収することで同社と合意した。ブラックストーンが2010年以降に取得してきた物流スペースは、10億平方フィート(約92平方キロメートル)を超える。物流のラストマイル(最後の区間)とされる不動産の需要が、電子商取引の拡大で世界的に増加すると見込んでいる。
トラック(企業物流) 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン