新着Pick
SPD1ED11LCMEUO8U
出版(フリーペーパー等)
JPN

出版(フリーペーパー等) 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
放送・出版
>
出版(フリーペーパー等)
主に事業主からの掲載広告料を元に定期製作され、無料または廉価で配布される情報誌の出版事業を行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
38Picks
不動産投資に失敗した人たちの実情とは?
ZUU Online|経済金融メディア
|
(本記事は、斎藤智明氏の著書『絶対に知られたくない! 不動産屋の儲けの出し方』ぱる出版、2019年1月11日刊の中から一部を抜粋・編集しています) ■「結局、不動産投資に失敗した」人たちの事情 ●マイナス金利で投資ブーム再来、その裏に失敗投資家の大きな負債 金融機関(銀行等)は不動産投資において、融資を希望する人の「属性」(社会的地位)、「年収」、「購入しようとしている物件の担保価値」を評価...
100Picks
意外とカンタンにできる「法人化」2つのメリット
ZUU Online|経済金融メディア
|
(本記事は、秋田谷紘平氏の著書『月10万円副業!』ぱる出版、2019年1月7日刊の中から一部を抜粋・編集しています) ■軌道に乗ってきて…新たな悩み 副業の規模が大きくなればなるほど、事業の税金は大きくなってきます。 例えば年商が1000万円を超えると、その2年後には消費税を納税しなくてはいけなくなるケースがあります。 状況にもよりますが、副業が認められている会社等で本人が副業している場合な...
14Picks
死とどう向き合うべきか──『現代の死に方: 医療の最前線から』
HONZ
|
死は一つだが死に至るルートは複数あり、自分はまだ死んだ経験はないので、備えようと思っても難しいものがある──と、そんなことを考えているうちに刊行されたのが、シェイマス・オウマハニー『現代の死に方』だ。アイルランドで医者として日々患者らと接し、数多くの死をみてきた著者による死に方についてのエッセイであり、哲学者から有名人、彼が実際に受け持った患者など、様々な「死のケース」を通して、画一的な理想...
15Picks
米出版界で「ブッククラブ」が再ブーム、有名女優らがSNSで発信
Forbes JAPAN
|
米国の出版業界が今、熱い期待を注ぐのがブッククラブの復権だ。読書好きが集まるブッククラブは会員になると毎月、話題の書籍が割引価格で購入できるカタログが送付されてくる仕組みで、1960年代から人気を博していた。ブッククラブの人気はEコマースの・・・
13Picks
トランプ氏「敵だらけ」 側近らが著書で主張
共同通信
|
トランプ氏「敵だらけ」 【ワシントン共同】25日付の米紙ワシントン・ポストは、トランプ大統領の側近ルワンドウスキ氏らが、ホワイトハウスや情報機関など政府内でトランプ氏が「敵に囲まれている」と主張する著書を27日に出版すると伝...
1143Picks
ホリエモンが本屋を経営する、ブルー・オーシャンな理由
Diamond Online
|
堀江貴文氏と著者であるチャン・キム教授(INSEAD)に任じられ著者であるチャン・キム教授(INSEAD)に任じられ『ブルー・オーシャン・シフト』の日本企業ケースを執筆したムーギー・キム氏の対談中編。前編では、ゼロ高等学院の設立の意図や、堀江氏自身の生き方の戦略について話を聞いた。中編では、堀江氏がモビリティや出版といった業界を取り上げながら、それらの業界にどのような変化が起こるのか、その将...
650Picks
【2018年上半期】イノベーションとは何かを学ぶための書籍8選
Inc.
|
イノベーションはおそらく、この10年間で最も注目を集めているビジネストピックの1つだ。イノベーションを何らかの形で扱った書籍が毎年何百冊と出版されている。しかし、これだけ書籍やその他の情報源があ...
15Picks
「カツオは将来、社長になる」 サザエさん好きの慶大名誉教授と考える、磯野家の未来
ITmedia ビジネスオンライン
|
かつてのベストセラー「サザエさん」のトリビア本「磯野家の謎」の続編が四半世紀ぶりに出版された。著者は慶應義塾大学 名誉教授の岩松研吉郎さん(74)らのグループ。数十年にわたって同作品を愛し続ける岩松さんに、書籍を通じて現代人に伝えたいことを語ってもらった。
502Picks
本が売れぬのは図書館のせい? 新刊貸し出し「待った」
朝日新聞デジタル
|
公立図書館の貸し出しにより本が売れなくなっているとして、大手出版社や作家らが、発売から一定期間、新刊本の貸し出しをやめるよう求める動きがある。背景には、深刻化する出版不況に、図書館の増加、サービス拡…
490Picks
誰でも頑張れば「リーダー」になれる
NewsPicks編集部
|
スターバックスコーヒージャパンの元CEO、岩田松雄氏が「リーダーシップ論」を語る。リーダーとは無縁と考えている人にこそ、伝えたいメッセージとは。数々の著書を出版してきた岩田氏のエッセンスが込めら...
417Picks
「瞑想やヨガは1分でいい!」 グーグルのエバンジェリストが教えるマインドフルネスの5つの技術
クーリエ・ジャポン
|
グーグルのチーフ・エバンジェリストにして、『リセット ~Google流 最高の自分を引き出す5つの方法~』(あさ出版)の著者ゴーピ・カライル氏(1998年ウォートン卒)が、2016年11月に来日した。彼は、滞在中に開催されたウォートン生のネットワーキングイベント「Wharton Meetup」に登壇。ウォートンをはじめとする欧米のトップMBA卒業生とその友人ら約40名を前に、マインドフルネスのエッ
297Picks
マーケットで負けるのは、「求めるもの」を決めない人 - マーケット感覚を身につけよう
Diamond Online スキル・キャリア
|
社会派ブロガー・“ちきりん”さんの新刊、『マーケット感覚を身につけよう』の出版を記念する対談連載がスタート。最初のゲストは、『R25』の創刊や旧ライブドアのメディア事業、『VOGUE』等のデジタル事業という多彩なメディア経験を持ち、現在はLINE株式会社で活躍される田端信太郎さんです。
194Picks
反東京五輪、声を上げる人たち 漂う反対できない空気
朝日新聞デジタル
|
2020年の東京五輪開催に反対する人たちがいる。市民グループは東京でデモを続け、大学教授らは「反東京オリンピック宣言」という学術書を出版した。大きく取り上げられることが少ない、人たちの声を聴いた。 …
180Picks
「爆買い」の次は「爆留学」!? 東大に中国人学生が殺到する理由
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
中国人の若者が、日本へ「爆留学」を続けている。いったい彼らは何を求めて日本に来るのか――。留学生に丹念に取材をし『中国エリートは日本をめざす』を上梓したジャーナリストの中島恵氏に聞く。
95Picks
雇われない働き方を発信する税理士・井ノ上陽一氏インタビュー
Career Supli(キャリアサプリ)|あしたのシゴトが面白くなるウェブマガジン
|
自身の税理士事務所を運営し税理士として働く傍ら、月間40万PVのブログを運営し本の出版、さらにはセミナーの開催等、一見普通の税理士と思えないほどに多方面で活躍している、井ノ上陽一さん。現在、様々...
124Picks
ダーウィンは正しかった、恐怖は人の強み
THE HUFFINGTON POST JAPAN
|
恐怖が人の心を活性化し、判断力を高めることを、京都大学霊長類研究所の正高信男(まさたか のぶお)教授らが実験で突き止めた。これは、恐怖感情を抱くことは認知情報処理を妨げるという、この1世紀の間信じられてきた心理学の定説を覆し、ダーウィンの主張を支持する知見といえる。心理学でもダーウィンの洞察は正しかった。ダーウィンが活躍した英王立協会刊行のRoyal Society Open Science...
13Picks
ウジウジしてしまう自分を「ゴキゲン」な状態にするための方法
ライフハッカー[日本版]
|
些細なことでウジウジしてしまったり、イライラしてしまうことは誰にでもあるもの。しかしそんなときは、なんらかのきっかけがないと悪循環から抜け出せなかったりもします。そこでオススメしたいのが、『先生、ウジウジ・イライラから一瞬で立ち直る方法を教えてください!』(辻秀一著、朝日新聞出版)です。著者は、一流スポーツ選手やトップビジネスパーソンに熱い支持を受けているスポーツドクター。個人や組織のパフォーマン
94Picks
エリート中高年が陥りやすい「ジジイ」の“生態”とは | 経済プレミアインタビュー | 編集部 | 毎日新聞「経済プレミア」
mainichi.jp
|
「他人をバカにしたがる男たち」著者・河合薫さんに聞く(1)  目上にはこびたりおもねったりする一方、部下たちには「前例がない」「責任は取れるのか」などが口癖になっている人があなたの周囲にはいないだろうか。そうした人を「ジジイ」と指摘し、その“生態”や彼らの不安の心理を暴く「他人をバカにしたがる男たち」(日本経済新聞出版社)が今年8月の出版から好調な売れ行きだ。著者で健康社会学を研究する河合薫...
81Picks
「角川インターネット講座 全15巻合本版(Kindle版)」が21,600円から2,700円(87%)のセール中
P2P today ダブルスラッシュ
|
【全15巻合本版】角川インターネット講座<角川インターネット講座> (角川学芸出版全集) 村井 純 KADOKAWA / 角川学芸出版 2015-11-25 by G-Tools 我らが白田先生も執筆陣に加わっている「角川...
37Picks
「批判」と「非難」の違いとは? 重要視すべきは高次のステージに上がるための「批判」
ライフハッカー[日本版]
|
タイトルからもわかるとおり、『言葉が人を「熱狂」させる』(豊福公平著、きずな出版)のテーマは「言葉」。人を動かす言葉について、自身の考え方を記しているわけです。しかし、そもそも言葉には、数学のように唯一の正しい答えがあるわけではありません。そこで著者は、「正解はないけれど、自身の体験した言葉を書こう」という思いに至ったのだといいます。それらをヒントにすれば、読者をそれぞれの答えへと導けるようになる
出版(フリーペーパー等) 概要
日本
タイ