新着Pick
SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(軽自動車を含む四輪自動車やピックアップトラックなどの軽商業車)を製造する企業群。但し、トラック、特殊車両、運搬車両等は除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
待っているぞ新型WRX!! 世界最強フラット4の軌跡と期待 - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
まもなく、スバル「WRX」の新型が登場する。2021年6月末に、スバルの北米部門が、次期型WRXのシルエット画像を公開しているのだ。WRXと世界最強フラット4のこれまでの軌跡を振り返りつつ、次期型WRXの姿、そして将来のWRXについても考えていく。
2Picks
災害時、自動車へ警報や情報配信 移動中も大雨や津波情報 国交省
共同通信
|
国土交通省は、災害から避難する際の自動車内での被害を防ぐため、大雨や津波といった気象警報や避難情報を...
19Picks
EVに乗ってたら恋しくなる匂い? フォードがガソリンを感じる香水を発注
ギズモード・ジャパン
|
電動自動車「MUSTANG MACH-E GT」を作ったFord(フォード)が、イギリスの香水メーカーOLFICTIONに頼み、ガソリンの香りが感じられる香水「MACH-EAU GT」が誕生しました。これはオールEVとなった「Mach-E GT」のリリースを祝う記念でもあり、同時に往年のガソリン車による刺激的な匂いが好きな人たちに向けられています。
2Picks
価格を考慮するとどうなのか? 新型ゴルフと国産ライバルHBとの実力差 - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
ゴルフが新型となってついに上陸した。CセグFFハッチの見本といえる新型のゴルフと、国産スポーツハッチのカローラスポーツ、マツダ3、インプレッサスポーツを比較すると、最高のCセグハッチはどれか?
2Picks
ヤリスを抜きN-BOXが首位奪還! ワゴンRが急落! 6月の販売台数から見える最新自動車市場
WEB CARTOP
|
久しぶりにホンダN-BOXがトップとなった  自販連(日本自動車販売協会連合会)及び、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)から、2021年6月単月の通称名(車名)別販売ランキングが発表された。さっそく登録車と軽自動車を合算した、総合販売ランキングを作成。すると、久々に、そして2021年になって初めてホ... The post ヤリスを抜きN-BOXが首位奪還! ワゴンRが急落! 6月の販売台数...
10Picks
電気自動車の使用済み駆動バッテリーはどうなるの?【EVの疑問、解決します】
Goo-net
|
電気自動車の使用済み駆動バッテリーはどうなるの?【EVの疑問、解決します】 グーマガジンは中古車情報など車業界の情報が盛りだくさん!
3Picks
ゴルフⅡはいつの間にツウな車になったのか? 2000台を手掛けた聖地のボスに聞いた分岐点
Forbes JAPAN
|
フォルクスワーゲンが30年以上も前に製造したゴルフII。日本でも未だに根強い人気を誇り、最近では20代の若い世代からも熱視線を集めているという。「ゴルフIIを一生乗れる車に」という惹句をうたい、修理と中古車販売を行う日本唯一のゴルフII専門・・・
4Picks
政府、国費投入で国産ドローン開発プロジェクト始動自動車業界「空飛ぶクルマ」開発競争
ビジネスジャーナル
|
世界中でドローンの国産化の動きが加速している。産業用ドローンの製造は現在、中国のDJIの独壇場となっている。ドローン・インダストリー・インサイツの調査によると、DJIが世界のシェアの76.1%(2021年3月時点)を占めるという。こうした状況のなかで米国防省は20年1月、サイバー...
1Pick
防犯カメラも無視! わずか5分で盗む! 「大胆」になっていくイマドキ自動車盗難と対策
WEB CARTOP
|
犯行にかかる時間はわずか5分!  常時録画のドライブレコーダーや防犯カメラが普及して、映像が記録されやすくなったことから、テレビやネットで紹介されることが多くなったのが車両盗難風景だ。ショッキングではあるが、これらの映像からいろいろなことがわかる。  まずは昔から言われるように、簡単にエンジンをかけ... The post 防犯カメラも無視! わずか5分で盗む! 「大胆」になっていくイマドキ...
19Picks
現代自動車、第2四半期は大幅増益 半導体不足の緩和予想
Reuters
|
[ソウル 22日 ロイター] - 韓国の現代自動車が22日に発表した第2・四半期決算は、純利益が1兆8000億ウォン(約15億7000万ドル)で、前年同期の2270億ウォンから急増し、四半期の純利益としてはおよそ6年ぶりの高水準となった。利益率の高いスポーツユーティリティービークル(SUV)や高級車のジェネシスの堅調な需要に支えられた。
3Picks
固体電池ベンチャーIlikaが電気自動車向けの開発とサンプル製造拡張のため、約32億円を調達 – Techview
techview-research.com
|
英国の固体電池ベンチャーであるIlikaは、7月14日、機関投資家および個人投資家との株式の発行を通じて、総額2,100万ポンド(約32億円)の資金を調達したことを発表した。今回調達した資金は、同社が開発を進めている電気自動車向け
4Picks
仏シトロエンが84万円モデル「欧州の小型EV戦争」 | 週刊エコノミスト Onlineから | 週刊エコノミスト Online | 毎日新聞「経済プレミア」
毎日新聞「経済プレミア」
|
自動車地図を塗り替える「マイクロEV」  2020年に発売され話題を呼んだ仏シトロエン社のEV「アミ」。6000ユーロ(78万円)という手軽な価格と14歳から免許証無しで運転可能(仏国内のみ)であるため若者を中心に人気となった。
205Picks
メルセデス、全車EVに 30年まで、5兆円投資
共同通信
|
【ベルリン共同】ドイツ自動車大手ダイムラーは22日、2030年までに高級車部門「メルセデス・ベンツ」...
1Pick
マツダのお家芸となった『未来のエンジン』 ロータリーエンジンの歴史を振り返る【第1回】 - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
1967年に初代マツダ コスモスポーツに搭載され販売を開始して以来、いまだに多くの熱狂的なファンを持つロータリーエンジン。2017年にRX-8の生産が終了し、一旦途絶えているロータリーエンジンの歴史を3回に分けて振り返る
1Pick
雌伏の時を越えて生まれたのはあのクルマ! ロータリーエンジンの歴史を振り返る【第2回】 - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
マツダロータリーエンジンの歴史を振り返るシリーズの2回目は、13B型ロータリーに迫る。12A型の後継であるこの13Bエンジンの逸話、そしてロータリーの歴史を語る上で最も重要といってもいい『あのクルマ』がいよいよ登場!!
7Picks
Lucid MotorsのSPAC合併は経営陣が議決権行使を促した後に株主が承認
TechCrunch Japan
|
電気自動車(EV)のスタートアップであるLucid Motorsが、特別買収目的会社(SPAC)であるChurchill Capital IVと合併することが、米国時間7月23日の株主総会で承認された。ただし、個人投資家の投票数が少なかったため、両社は合併の期限を1日延長していた。
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア