新着Pick
SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(人間の移動を主な目的とした四輪自動車。軽自動車を含む)を製造する企業群。トラック、特殊車両、運搬車両等は本業界から除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
22Picks
空飛ぶ自動車のキティーホークがボーイングと提携でエアタクシーに協力
TechCrunch Japan
|
グーグル(Google)を創ったラリー・ページ(Larry Page)氏とユダシティ(Udacity)の共同創業者セバスチアン・スラン(Sebastian Thrun)氏が支援する飛行自動車の企業キティーホーク(Kitty Hawk)が、大手航空宇宙企業ボーイング(Boeing)と契約を結んだ。 この戦略的パートナーシップの詳しい内容はよく分からないが、二社は都市の空中移動手段で協力するらし...
5Picks
トヨタ・ソフトバンク連合に自動車5社参加
共同通信
|
トヨタ・ソフトバンク連合に自動車5社参加
22Picks
日本に122個のメダルもたらした「競技用車いす」の知られざる匠たち
Diamond Online
|
2020年に開かれるパラリンピック東京大会では、22競技が実施される。障害者のスポーツを発展させている陰の功労者が、オーエックスエンジニアリングという競技用車いすのメーカーだ。アトランタ五輪以来122個にも及ぶメダル獲得に貢献した、彼らの実力とは。
4Picks
マツダなど自動車大手5社が参加 ソフトバンク・トヨタ連合に
共同通信
|
マツダなど自動車大手5社が参加 ソフトバンクやトヨタ自動車などが共同出資するモネ・テクノロジーズ(東京)に、マツダやスズキなど自動車...
11Picks
快特・特急の混雑緩和へ、京急「ポイント戦略」の中身
ニュースイッチ
|
京浜急行電鉄は7月1日から、平日朝のラッシュ時間帯の快特や特急列車の混雑緩和を目的としたポイント付与アプリ「KQスタんぽ」を活用したサービスを開始する。平和島駅から品川駅間で、比較的混雑度の低い普通列車に乗車した乗客に京急プレミアムポイントカードのポイントを付与する。 使用するアプリ「KQスタんぽ」は、非可聴音を認識することでポイント付与される日本初の仕組み。車掌がタブレットを操作し自動車内...
13Picks
自動運転車の“誇大広告”は、やめよう
EE Times Japan
|
今こそ、自動運転車について率直な議論を行うべき時ではないだろうか。最近の予測では、どのメーカーも2025年まで、自動運転車への投資に対する見返りを得られそうにないとされている。また、完全な自動運転車の実現は、早くても2030年以降になる見込みだという。
59Picks
“つながる車”加速、注目スタートアップが描く未来図
ニュースイッチ
|
スマートドライブは、自動車が走行時に残すデータを処理・分析し、車両の動態管理や保険の割引制度などに活用できるプラットフォームを運用するスタートアップだ。シガーソケットに挿すだけで車をコネクテッド化する同社のデバイスは、営業車両の管理など法人利用を中心に出荷ベースで3万台を超えるなど、存在感を増している。2019年内にはタイに進出し、海外深耕も狙う。創業者の北川烈代表取締役最高経営責任者(CE...
4Picks
韓経:「世界最大石油会社のアラムコ、現代自動車と水素エネルギー分野で協力」
s.japanese.joins.com
|
世界最大の石油会社であるサウジアラムコが韓国で水素エネルギー協力の強化に乗り出した。同社のアミン・ナセル最高経営責任者は25日に現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)首席副会長と会..
12Picks
ゴーン被告、ルノー資金も還流か 3.5億円、地検が公判で主張へ
共同通信
|
ゴーン被告、ルノー資金も還流か 前日産自動車会長のカルロス・ゴーン被告(65)が会社法違反(特別背任)の罪で起訴された事件で、ゴーン...
6Picks
タイムズカーシェアが8月から半年間で電気自動車を100台導入
@DIME アットダイム
|
タイムズ24は、カーシェアリングサービ ス「タイムズカーシェア」において、電気自動車(EV)を 2019 年 8 月からの半年間で 100 台導入することを決定した。自動車業界では、環境負荷低減を背景に欧...
36Picks
日産統治改革、総会で可決=社外取締役が経営監督
時事通信社
|
 日産自動車は25日、横浜市内で株主総会を開いた。社外取締役が経営を監督する「指名委員会等設置会社」に移行するため、定款変更の議案を提出。筆頭株主のフランス自動車大手ルノーなどが賛成し、議案は可...
15Picks
imec、エネルギー密度2倍の全固体電池を開発
EE Times Japan
|
ベルギーの研究開発機関imecは、ドイツ ベルリンで2019年6月17~19日に開催された「European Electric Vehicle Batteries Summit 2019」において、全固体リチウム金属電池のエネルギー密度を、従来の2倍に高めることに成功したと発表した。現在、電池の試作用製造ラインを拡張しているという。これにより、電気自動車(EV)の長距離走行実現への道が開かれる。
6Picks
EV(電気自動車)は本当に環境問題への最終解なのか? EVの熱効率はどうなのか?
motor-fan.jp
|
「欧州や中国は内燃機関を使った自動車を撤廃しようとしているのに、未だに新規エンジン開発を行っている日本は遅れている」という論調が、特に新聞や経済メディアに目立つようになった。「EV化が加速しているのにハイブリッドでお茶を濁しているのは、如何なものか」という論説もよくみかける。この問題は政治的な要素を多く含むし、データ類の抽出の仕方によって恣意的にすらなるので、迂闊に噛みつくのはやぶ蛇になりか...
102Picks
「Autowise.ai」開発の自動運転清掃車がドイツで試験運用開始
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
今年3月から、独のヴィルヘルムスハーフェン(Wilhelmshaven)港で自動運転清掃車が試験運用を始めた。同港は独最大の石油中継輸送港だ。 この重さ1.2トン、幅1.5メートルの清掃車は「上海仙途
12Picks
「部品に欠陥」マツダ主張認めず 製造社に賠償求めた改善対策訴訟
共同通信
|
「部品に欠陥」マツダ主張認めず 自動車のパワーステアリングに不具合が生じ、国内外の約59万台についてリコールに準じた改善対策の実施を...
105Picks
「トヨタは選んでもらう立場」(章男社長) 自動車メーカー、複雑さ増す勝利の方程式
ニュースイッチ
|
一つのプラットフォーム(車台)で組み立てる車種を増やし購買などのコストを低減。それにより価格競争力を高めてシェアを拡大し一層のコスト削減に結びつける―。こうした好循環を描くのが、自動車メーカーの勝利
10Picks
サンデン、急拡大する中国のEV市場に向けてヒートポンプを本格展開
財経新聞
|
サンデン・オートモーティブクライメイトシステムは、中国の自動車市場で最大のシェアを持つ上海汽車に対し、電気自動車用ヒートポンプの提供を本格的に開始した。
11Picks
「電動ゴミ収集車」で注目のスタートアップLION Electricの挑戦
Forbes JAPAN
|
電動式バス及びトラックの製造を手がけるカナダの「LION Electric」は4月に都市型電動トラック「Class 8」を発表し注目を集めたが、先日はモントリオールで開催のモビリティサミット「Movin’On Summit 20・・・
10Picks
トヨタが全車種併売を前倒しするワケ
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車は24日、全国の販売店で全車種を併売する時期を2020年5月に前倒しすると発表した。「トヨタ店」や「カローラ店」など4系列の販売店に対して客層ごとに専用車を用意してきたが、18年11月に22―25年をめどに全車種を併売すると発表していた。併売時期を早めることで、国内販売体制の見直しや顧客サービスの拡充を加速する。 トヨタの販売店は全国に約5000店あり、4系列の販売店ごとに専用車...
4Picks
VW・FCAなど自動車大手、EUの21年排出規制で罰金も=調査
Reuters
|
[フランクフルト 26日 ロイター] - コンサルティング会社アリックスパートナーズの調査によると、自動車大手フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>とフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI>は、欧州連合(EU)が2021年を期限に設定している排ガス規制に対応できなければ、それぞれ最大18億3000万ユーロ(20億8000万ドル)と7億4600万ユーロの罰金を科される可能性がある。
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア