新着Pick
SPD0VCGDRHSJ7TLH
ラグジュアリーブランド
ALL

ラグジュアリーブランド 業界

世界
業界一覧
>
消費財
>
衣服・装飾品製造
>
ラグジュアリーブランド
高級衣料品、バッグ、宝飾品等のラグジュアリーブランドを傘下に有し、多国籍に展開する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
86Picks
コロナを超えて!「Corona」がブランド首位の座を守る
TABI LABO
|
そんな中で、英国のコンサルタント会社「Brand Finance」が、2021年における世界中のビール銘柄のブランド評価を発表した。今年も首位を守ったのは、これで3年連続となるメキシコのビールブランド「コロナ・エキストラ」。
1Pick
ブランドセーフティとは?ブランド毀損の危険性 - Truestar Consulting Group
Truestar Consulting Group - Maximizing Marketing Communications Performance
|
デジタル広告におけるブランドセーフティは、2020年からの世界的なパンデミック情勢を受けて急速に進化しています。適切で安全な広告宣伝環境を導き出すために、コンテキストによる広告表示先の評価が求められています。この記事では、ブランドセフティとは何か、どう進化しているのかについて説明します。
3Picks
ライオンが美白ハミガキによる白い歯を疑似体験できるTikTokの「ブランドエフェクト」を公開
TechCrunch Japan
|
TikTok for Business(ティックトック・フォー・ビジネス)は、6月14日、ライオンが2021年3月に発売した美白ハミガキ「Lightee」(ライティー)のPR施策として「明るく白い歯」を疑似体験できるオリジナルのデジタル・ブランドエフェクトを共同開発し、6月13日よりハッシュタグチャレンジ「#顔の印象は歯で変わる」を開始したと発表した。
1Pick
ブランドの意味をわかりやすく解説|事例有 - Mission Driven Brand
Mission Driven Brand
|
ブランドの専門家が「ブランドの意味」や「ブランディングのフロー・ステップ」を解説。
2Picks
店頭テイクオーバー 、高級ブランドたちの最新広告トレンド:「実店舗ならではの強力なオプションだ」
DIGIDAY[日本版]
|
広告が大々的に「乗っ取る」ような形で、店頭の姿を変える屋外広告キャンペーンを、「店頭テイクオーバー(storefront takeover)」と呼ぶ。4月にニューヨーク市内を歩いていた地元の人々や観光客は、多数のラグジュアリーブランドの店頭テイクオーバーを目にした。
2Picks
Shopify、中小企業庁が実施する「JAPANブランド育成支援等事業」の支援パートナーとして選定
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
世界175か国で170万以上の事業者(マーチャント)に日々運営されているマルチチャネルコマースプラットフォームShopify(ショッピファイ)の日本法人Shopify Japan(以下、Shopi
1Pick
P&Gが行っているブランド戦略の特徴や取り組みについて解説
集客を身近にする「キャククル」
|
P&Gは日本でもおなじみの日用品メーカーです。様々な商品を開発していることで知られているメーカーなのですが、ブランド戦略の分野で成功していることでも知られています。具体的にどういったブランド戦略をとっているのかについてご紹介するので、参考にしてみてください。
5Picks
独自のSNS戦略で注目のスタートアップ、ハーシーズの買収提案を蹴りIPO目指す
Business Insider Japan
|
ヘルシーなチョコレートスナックのブランド「ミッド・デイ・スクエアズ(Mid-Day Squares、以下MDS)」が今、注目を浴びている。 共同創業者であるレズリー・カールズ、ジェイク・カールズ、ニック・サルタレッリの3人は、自作の番組でブランドの認知を高め、Podcastで事業を始めた際のジレンマ...
3Picks
リサイクル性による新たなビジネスモデル - Truestar Consulting Group
Truestar Consulting Group - Maximizing Marketing Communications Performance
|
サステイナビリティは、近年消費者がブランドに求める重要な要素の一つになっています。特に、その傾向が高いアパレル業界では、様々なブランドが環境に優しい商品素材の開発に取り組んでいます。リサイクル可能な商品開発の先には、新たなビジネスモデルの誕生が見えてきます。
1Pick
今どの会社にもブランドパーパスが必要な訳 - Truestar Consulting Group
Truestar Consulting Group - Maximizing Marketing Communications Performance
|
最近のITスタートアップの多くが、「自社の商品は社会を良くする」という約束を提示しているように見えます。この傾向は、一時的な流行りと認識されそうですが、このように世の中を良くするという信念や約束を掲げる傾向は、スタートアップやベンチャーのみならず世界的な大企業の中でも見られます。
1Pick
カイウルが破産 中古ブランド品販売、外国人観光客急減で業績悪化
京都新聞
|
中古ブランド品販売のカイウル(京都市中京区)が、京都地裁に自己破産を申請したことが14日分かった。負債額は約12億9千万円。新型コロナウイルス感染拡大に伴う売り上げの落ち込みなどで、事業継続が困難になったとみられる。
122Picks
日本コカ 「檸檬堂」に次ぐ新アルコールブランド発売へ
TBS NEWS
|
コロナ禍で家飲み需要が増えるなか、日本コカ・コーラは、「檸檬堂」に続く新しいアルコールブランドを発表しました。 日本コカ・コーラが今月21日から発売するのは、レモネードをお酒にした「ノメルズ ハードレモネード」です。レモンサワーの「檸檬堂」に続く2つめのアルコールのブランドとなります。この商品は「檸檬堂」を開発する時の知見を生かして、ピンクグレープフルーツや柚などをアクセントにした3種類の味...
62Picks
英経済紙が指摘「日本のスポンサー企業は五輪でブランドが傷つかないか恐れている」
クーリエ・ジャポン
|
英紙「フィナンシャル・タイムズ」が東京五輪のスポンサーがどういう立ち位置を取るべきか頭を悩ませているという記事を6月10日、掲載した。五輪のスポンサー企業となるために費やした金額は大きい。だが、最近の世論調査では国民の半数以上が五輪を中止すべきと考えているため、スポンサーであることのPRを最小限にとどめようとする企業があるのだという。同紙が掲載した「日本のスポンサーは東京五輪でブランドが傷つくこと
492Picks
なぜ日本のブランドは文字ベースのロゴが多いのか?
デザイン会社 ビートラックス: ブログ
|
日本、アメリカ、中国の主要企業のロゴを見ていくと、国ごとに顕著な特徴が見えてきた。一方現在は世界的にDXが目指される時代。リブランディングを行う際は、デジタルサービス内でロゴが使用されることを考慮し、全ての企業が、ユーザーにとって "アプリ化"することが求められていくだろう。
12Picks
ソフトバンク傘下+Styleに聞く、国内スマート家電市場の現在地
Business Insider Japan
|
電球、扇風機、コーヒーメーカー、ベルト、耳かき、約18万円の折りたたみスマートフォン。 これらすべてを取り扱っているのが、ソフトバンク傘下のIoTメーカー「+Style(プラススタイル)」だ。 自社ブランドのスマートホーム機器も展開しているが、なぜここまで幅広い商品群を扱うのか。その意図を社長の近藤...
19Picks
NHK受信料不要のソニー・ブラビア4K液晶 業務用でチューナーなし、テレビ映らず
J-CAST トレンド
|
NHKへの受信料の支払いが不要という「テレビ」が、インターネット掲示板で話題となっている。正確にはテレビではなく、ソニーの「ブラビア」から新たに登場する業務用ディスプレーだ。2021年7月2日以降に販売を予定している「BZ30J/BZシリーズ」「BZ35J/BZシリーズ」「BZ40J/BZシリーズ」の4K液晶3シリーズは、テレビ機器で知られる「ブラビア」ブランドながら、視聴に必要なテレビチューナー
42Picks
「はま寿司」がブランドを一新 店舗、ロゴ、ユニフォームはどう変わる?
ITmedia ビジネスオンライン
|
はま寿司がブランドを一新する。ロゴ、店舗外観、ユニフォームなどが変わる。海外展開を強く意識した。
ラグジュアリーブランド 概要
世界
インド