新着Pick
SPD0THZM9W8RL7L5
出版(雑誌社)
JPN

出版(雑誌社) 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
放送・出版
>
出版(雑誌社)
主に特定分野の情報誌の出版を主力とする企業群。但し、事業主からの掲載広告収入を元に定期製作されるフリーペーパー等は含まない
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
食とファッションの「リジェネラティヴ」な循環は、次の時代のラグジュアリーとなる:特集「FOOD: re-generative」イヴェントレポート
WIRED.jp
|
人類の活動は、これまで常に自然の豊かさとのトレードオフで成り立ってきた。いまある環境を保全し持続可能な経済活動を模索するだけでなく、自然の資源を再生しさらに豊かにしていく「リジェネラティヴ」な循環の鍵はどこにあるのか──。雑誌『WIRED』日本版VOL.40の刊行イヴェントでは『フードテック革命』の共著者である岡田亜希子とエシカルファッションプランナー鎌田安里紗を招き、「リジェネラティヴ」な...
22Picks
DXがわからない経営者・AIを使えないベンチャーは去ったほうがいい【ゲスト:夏野剛さん】 - ダブルハーベスト
Diamond Online
|
シナモンAI共同創業者として、多くの企業にAIソリューションを提供して、日本のDXを推進する堀田創さんと、『アフターデジタル』『ネットビジネス進化論』をはじめ、数々のベストセラーでIT業界を牽引する尾原和啓さんがタッグを組んだ『ダブルハーベスト──勝ち続ける仕組みをつくるAI時代の戦略デザイン』(ダイヤモンド社)が刊行された。「このままでは日本はデジタル後進国になってしまう」「日本をAI先進...
66Picks
文系でも新入社員でも可能な「DX人材」になるための7つのポイント
ダイヤモンド・オンライン
|
「DX(デジタル・トランスフォーメーション)はあらゆる企業の経営戦略の中核になっていて、もうDXリテラシーによる人材の“線引き”が始まっています。新入社員も例外ではありません」。こう話すのは『デジタル技術で、新たな価値を生み出す DX人材の教科書』(朝日新聞出版)の著者、鶴岡友也さん。24歳ながら株式会社STANDARDのCTOとして480社以上の企業にDX人材教育サービスを提供中。高密度の...
318Picks
「山を買う」ブームで、日本の自然環境はどう変わる?
NewsPicks編集部
|
まるで預言者のように、新しい時代のムーブメントをいち早く紹介する連載「The Prophet」。今回登場するのは、書籍『山を買う』(山と渓谷社)を上梓したジャーナリストの福﨑剛氏。同書は、ウィズ...
25Picks
「部門予算」でDXをやる会社が、3年後に後悔すること【ゲスト:夏野剛さん】 - ダブルハーベスト
Diamond Online
|
シナモンAI共同創業者として、多くの企業にAIソリューションを提供して、日本のDXを推進する堀田創さんと、『アフターデジタル』『ネットビジネス進化論』をはじめ、数々のベストセラーでIT業界を牽引する尾原和啓さんがタッグを組んだ『ダブルハーベスト──勝ち続ける仕組みをつくるAI時代の戦略デザイン』(ダイヤモンド社)が刊行された。「このままでは日本はデジタル後進国になってしまう」「日本をAI先進...
15Picks
日本のスポーツ界が「稼ぎ力」を向上させるには、リーグ機能の強化が必要だ
Diamond Online
|
東京オリンピック・パラリンピック(東京五輪)の組織委員会だけでなく、多くの日本のスポーツ団体もガバナンスに問題を抱えている。今後、日本のスポーツ界が発展するためにはどうすればいいのか。『日本のスポーツビジネスが世界に通用しない本当の理由』(光文社新書)を出版したBリーグの元事務局長で日本ハンドボールリーグ初代代表理事に就任する葦原一正氏と、『B.LEAGUE誕生』(日経BP)を出版したスポー...
446Picks
衰退する「新聞・雑誌」の未来を徹底討論【ゲスト:佐々木俊尚】
NewsPicks Studios
|
今回は、元毎日新聞記者でジャーナリストの佐々木俊尚さんがゲストに登場。 昨年9月、朝日新聞社は中間決算が純損益419億円と、9年ぶりの大赤字に。「新聞社の経営」や「押し紙問題」はどう変わるのか?また、雑誌業界は電子出版が勢いを増す中、紙媒体はどうやって生き残るのか? 10年前に紙メディアのパラダイムシフトを予期した佐々木さんと堀江さんが、衰退の一途を辿る「新聞・雑誌」の未来を徹底議論します。 <ゲスト>佐々木俊尚(ジャーナリスト・評論家)土居明莉(現役東大生) ※番組を全編視聴するには、有料会員登録が必要です。
1057Picks
【教養】渋沢栄一に学ぶ「運の引き寄せ方」
NewsPicks編集部
|
「経営の神様」と称される渋沢栄一。銀行経営という金融業を柱に、数々の産業と事業を創出し続けた。『渋沢栄一 変わり身の早さと未来を見抜く眼力』(平凡社新書)を上梓した京都大学名誉教授の橘木俊詔氏が...
138Picks
IKEAの組み立て説明書でひらめいた!本文がない「見るだけ」ビジネス書シリーズ100万部突破
まいどなニュース
|
宝島社書籍局第1編集部の編集長、井上泰さん(宝島社提供) 「時間がない」「読むのが苦手」ーーこんな悩みを解決する異色のビジネス書シリーズが累計100万部を突破しました。出版のきっかけは、スウェーデンの大型家具店IKEA(イケア)の家...
172Picks
女子大生ブーム牽引、「JJ」事実上の休刊 77万部→4.5万部、ファッション誌苦境
朝日新聞デジタル
|
「女子大生のバイブル」として一時は公称部数が80万部近かった「JJ」(光文社)が事実上の休刊になった。ファッション誌は部数減が進み広告収入も減少。休刊や不定期刊行化が相次ぎ、ウェブへの移行も加速して…
78Picks
セブン「伝説のバイヤー」が繋げてくれた、文春と読者の深い絆
Diamond Online
|
2018年、出版業界の流通を変えたコンビニ最大手のセブン-イレブンと週刊文春がコラボし、元旦発売の限定雑誌をつくった。出版社にとって、異業種コラボは目から鱗の連続だった。当時、文春編集長の心に深く残った、雑誌と読者の絆を深める「絶大な効果」とは。
33Picks
DMM亀山会長! 会社の宣伝もかねてメディア取材を受けるべきでしょうか
文春オンライン
|
私は某企業の役員で、Twitterではある程度の認知度があります。今回はじめて雑誌社から会社に取材依頼がありました。「会社の宣伝になればいい」かと、お受けしようと思っていたのですが、友人から「思ってい…
387Picks
【橋爪大三郎】「科学と宗教」両方を学ぶべき、これだけの理由
NewsPicks編集部
|
全3回でお送りする、日本を代表する社会学者・橋爪大三郎氏のインタビュー。最終回では、『死の講義──死んだらどうなるか、自分で決めなさい』(ダイヤモンド社)を上梓した橋爪氏に、宗教と科学の関係、宗...
1208Picks
ホリエモンが「家業を継ぐ」のをおすすめしない理由
Diamond Online
|
斜陽産業の家業を継げ、と言われたらどうするか。創業60年の実家、南福岡自動車学校の事業継承と経営の立て直しをした経験をまとめた『スーツを脱げ、タイツを着ろ!』(ダイヤモンド社)を上梓した江上喜朗氏と、ヒルズ族から監獄行きを経験し、現在も実業家として手腕を発揮する堀江貴文氏との対談をお送りする。
1103Picks
スタバがリーダー研修で社員に勧める4冊
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
企業の経営幹部や管理職を養成する講座では、どんな本を薦めているのか。雑誌「プレジデントウーマン」(2018年1月号)では4社に取材。今回…
86Picks
一次情報こそ熱量生む チョコレイトの“推したくなる企画”の作り方
withnews.jp
|
情報発信の場が紙からデジタルに移り、「編集者」が担う仕事も多種多様になっています。新聞社や雑誌社、テレビ局などはウェブでも積極的な情報発信をしており、ウェブ発の人気媒体も多数あります。また、プラットフォームやEC企業がオリジナルコンテンツ…
803Picks
80万部が11万部になった「cancam」。売れない雑誌の共通点とは?
toriaezutori.com
|
とりわけ売れない雑誌が持つ、3つの特徴 出版不況の中でも特に雑誌は落ち込みが激しいと聞きますが、2008年以降からの雑誌の発行部数を調べると、全体としてシュリンクしているのはもちろんのこと、とりわけ落ち込みが激しいジャンルがありました。以下のような特徴を持った雑誌です。 ・インフルエンサー(モデルや読モ)が主体
602Picks
【佐俣アンリ】失敗する起業家には「共通点」がある
NewsPicks編集部
|
『僕は君の「熱」に投資しよう──ベンチャーキャピタリストが挑発する7日間の特別講義』(ダイヤモンド社)を上梓した、ベンチャーキャピタルファンド「ANRI」代表の佐俣アンリ氏。インタビュー第2話で...
出版(雑誌社) 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム