新着Pick
SPD0JXDSJIS1YGH2
種苗
JPN

種苗 業界

日本
業界一覧
>
食品
>
農業
>
種苗
農業・園芸用として植物の種子や苗を生産・販売を行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
26Picks
ブランド果物、海外流出防げ 種苗法改正へ―農水省
時事ドットコム
|
農林水産省は、日本国内で開発されたブドウやイチゴなど農作物の新品種について、海外への持ち出しを規制する方針だ。種子や苗木の国外流出が相次ぐブランド果物の保護を強化するのが狙いで、同省は来年の通常国会に種苗法の改正案を提出する。
349Picks
16歳男子高校生が「種」を売る何とも壮大な理由
東洋経済オンライン
|
15歳という若さで種苗会社を始めた高校生がいる。東京在住の小林宙(そら)氏、現在16歳の高校2年生だ。会社の名前は「鶴頸(かくけい)種苗流通プロモーション」。伝統野菜を主とする種と苗と、農薬・化学肥料不…
26Picks
韓国で日本の果物が無断栽培…日韓「農業戦争」が勃発していた
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
日本のイチゴやブドウなど、果物の種苗の流出防止が喫緊の課題となっている。日本の高級果物は海外でも人気が高いため、韓国や中国などに持ち出され、現地で栽培されて東南アジアで販売されるケースが後を絶たない。
10Picks
憲法改正で、日本では大変なことが起きている(種子法廃止)
K2 Investment 投資アドバイザー 大崎真嗣の海外投資ブログ
|
国内の品種育成者の権利を守る「種苗法」も改正され、種の自家採種(増殖)禁止がされました。 これで、原則、買ってきて栽培した作物から種を採取し、翌年蒔くことができなくなりました。しかも、除草剤に耐性をもつ遺伝子組み換え作物ができる品種を買わなければならなくなります。
234Picks
【SPEEDA総研】静かなブームを呼ぶ貸し農園・市民農園
ユーザベース
|
家庭菜園は、ホームセンターなどの家庭菜園向けコーナーで商品も拡充され、農業体験などをきっかけに身近な存在になっている。タキイ種苗が行った、2017年3月に発表した「家庭菜園に関する全国調査」では...
202Picks
種苗法による自家増殖原則禁止の理解と誤解
農ledge
|
種苗法の改変により農家の自家増殖、自家採種が原則禁止となったことについて、正しい理解とそれに関する誤解についてまとめた。在来種や固定種が失われるのか?農業メディアの農ledge。
121Picks
平成の野菜は「パクチー」 タキイ種苗発表、ネット調査で3冠
京都新聞
|
タキイ種苗(京都市下京区)は、平成を代表する野菜についてインターネット調査を行い、パクチーが1位になったとこのほど発表した。「流行」「代表」「定着」の各分野で1位の3冠だった。
79Picks
高級魚を次々と庶民の食卓へ 養殖の天才・瀬尾重治が目指すウナギというフロンティア
朝日新聞GLOBE+
|
瀬尾重治 水産学者、近畿大学水産養殖種苗センター教授「エヘヘ、という気持ちやな」。マレーシア・ボルネオ島コタキナバルの中心部。海鮮料理屋がずらりと並ぶ屋台街を回って、水産学者・瀬尾重治(61)は満足げにつぶやいた。 どの屋台の水槽にも...
69Picks
日本は世界の「ニンジン王」!?
アゴラ 言論プラットフォーム
|
世界の種苗業界でトップにいるのは米国のモンサントである。同社は遺伝子組み換え植物の開発に強く、特に穀物類では他を寄せ付けない。一方で、タキイ種苗の公開情報によると、野菜種子の世界市場4000億円について日本は17%を占め
22Picks
NTTテクノクロスとタキイ種苗、IoTを活用したトマト栽培のスマート農業化へ
植物工場・農業ビジネスオンライン
|
NTTテクノクロス株式会社とタキイ種苗株式会社は、IoTを活用したトマト農家への新しい栽培アドバイスの方法を開発するため共同実験を開始する。
35Picks
カキえもんの“弟”名前募集 厚岸漁協が新ブランド
dd.hokkaido-np.co.jp
|
【厚岸】全国ブランドのカキ生産で知られる釧路管内厚岸町の厚岸漁協が同町産の人工種苗から育て、今秋に出荷を始めるカキの名前を募集している。カキは2018年秋には厚岸産の主力になると期待されている。 今回、名前を募集するのは、ホタテ貝殻に付着...
16Picks
種苗法改正と農業競争力強化法の3点セット「種子法」廃止の真の狙いは
seikatsuclub.coop
|
生協の食材宅配・生活クラブ生協です。添加物や残留農薬にも独自の厳しい基準を設けています。
31Picks
日本農業新聞 - 種苗の自家増殖 「原則禁止」へ転換 海外流出食い止め 法改正視野、例外も 農水省
日本農業新聞
|
日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らしに直結するTPP問題も徹底報道中。
29Picks
セラク、農業IoTサービス「みどりクラウド」が 導入数1,150件(出荷ベース)を達成
植物工場・農業ビジネスオンライン
|
株式会社セラクは、農業IoTサービス「みどりクラウド」が出荷ベースでの導入件数1,150件を達成した。同社では、タキイ種苗を始めとした各種苗会社や農業資材販売会社、単位農協等の販売代理店およびNTT東日本によるIoTパッケージとしての採用されている。
23Picks
Microsoft×近畿大学。真鯛の養殖でAIを使う
ギズモード・ジャパン
|
魚の養殖用稚魚を提供している近畿大学産研究所の近畿大学水産養殖種苗センターが、日本マイクロソフトと豊田通商と共に、AIやIoT(Internet of Things)を活用して稚魚選別作業の自動化を目指しているそうです。AIが担うのは、いけすからポンプで稚魚を吸い上げる水量調節の部分。
17Picks
捨てられていた健診情報が地域の医療サービスを変える -「第2回仙北インパクトチャレンジ」 - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)
wirelesswire.jp
|
捨てられていた健康診断の情報が宝の山かもしれない。 先ごろ、仙北市のあきた芸術村にて、「地域からの事業創造」をテーマにした産官学連携の地域イベント「第2回仙北インパクトチャレンジ」が開催された。今回は、IoTやAIなどの近未来技術を前提とした現代の「種苗交換会」を志向し、新規事業の芽となる種苗(技術や事例)を持ち寄り、交流を図れる場づくりを目指した。主催は仙北インパクトチャレンジ実行委員会(...
13Picks
土壌センサー、トマト自動栽培… IT農業、京都で続々
京都新聞
|
センサーなどのIT技術を駆使して農作業を効率化する「次世代農業」の普及に向け、京都の官民が活動を活発化させている。ロームが業界初の土壌センサーを開発したほか、タキイ種苗(京都市下京区)はトマトの自動制御栽培システムの確立を目指す。京都府も先端技術を活用した京野菜生産や畜産の高度化を研究している。
11Picks
平成に流行した野菜は、パクチー、アボカド、フルーツトマト タキイ種苗がアンケート
OVO [オーヴォ]
|
タキイ種苗(京都市)は、年末を前に、全国の20~69歳の男女を対象に野菜に関するアンケートをインターネットで実施し、有効回答数310サンプルを集計した結果を発表した。  平成に流行した野菜は、複数回答で「パクチー(コリアンダー)」が50.3%で最も多く、「アボカド」(43.9%)、「フルーツトマト」(32.6%)、「ズッキーニ」(23.5%)、「モロヘイヤ」(22.3%)が続いた。  「平成...
種苗 概要
世界
日本
中華人民共和国
フィリピン
インド
アメリカ合衆国