新着Pick
SPD0HQU0TWYKYHFW
肥料
JPN

肥料 業界

日本
業界一覧
>
素材・素材加工品
>
化学
>
肥料
窒素、リン酸、カリ等を要素とする肥料(植物の栄養に供することを目的としてほどこされる物)を製造する企業群。有機肥料、無機肥料全て含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
355Picks
16歳男子高校生が「種」を売る何とも壮大な理由
東洋経済オンライン
|
15歳という若さで種苗会社を始めた高校生がいる。東京在住の小林宙(そら)氏、現在16歳の高校2年生だ。会社の名前は「鶴頸(かくけい)種苗流通プロモーション」。伝統野菜を主とする種と苗と、農薬・化学肥料不…
10Picks
農業機械に装着して肥料や農薬の散布を制御するギリシア発の精密農業ソリューション
マッシュメディア
|
ギリシアの首都アテネで2017年に創業したスタートアップ企業Augmentaは、人工知能(AI)やコンピュータビジョンを活用した精密農業ソリューションの開発に取り組んでいる。 ・既存の農業機械に装着できる精密農業ソリュ
14Picks
虫嫌いな女子が"ハエ会社"の社長になったワケ - 人生は「ネタ」があるほど面白い
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
イエバエの力で、有機廃棄物をわずか1週間で高品質な有機肥料と飼料に100%リサイクル――。高い技術力が注目されるスタートアップ・ムスカ…
74Picks
伊藤忠が米国のリサイクル会社TerraCycleと提携、持続可能なリサイクルビジネス参入へ
TechCrunch Japan
|
伊藤忠商事は9月6日、米国のリサイクル業者であるTerraCycle(テラ・サイクル)との資本・業務提携を発表。伊藤忠がリサイクルビジネスに本格参入することを表明した。 TerraCycleは、米国で2001年に2人の大学生が有機肥料の会社として立ち上げたことに始まる。大学のカフェテリアから出る食べ残しをミミズに与えてミミズの堆肥を作り、それを溶かして有機肥料を製造する事業を展開していた。し...
12Picks
食糧不足、肥料不足、エネルギー不足…世界の人口が100億人になったら地球はどうなる?
ビジネスジャーナル
|
日本では少子高齢化が進み、人口も減少している。先進国では人口は減少している傾向にあるが、新興国では人口は増加し続けている。その結果、現在、世界の人口は70億人を超えている。  1万年前、地球の人口はわずか100万人しかいなかった。約200年前の1800年には、10億人。...
15Picks
2019年は「昆虫産業元年」に。食料問題を解決するのはハエだ
Forbes JAPAN
|
「2019年を昆虫産業元年にしなければいけないんです」そう話すのは、食糧問題解決を目指す昆虫テックスタートアップのムスカCEOの流郷綾乃だ。ムスカは、特殊なイエバエの幼虫を用いて、家畜の排泄物処理をし、「飼料」と「肥料」を生み出している。宇・・・
46Picks
工場の"ゴミ"を売る、プリマハムのすごい情熱
東洋経済オンライン
|
――排水処理の過程で出る“ゴミ”を肥料に変え、売却できるようにしたということですが、どうしてこの研究をすることになったのですか?入社6年目に「環境」について研究しろと言われました。具体的にこれをやり…
16Picks
超抜ハエ技術のムスカが新生銀行と戦略的パートナーシップ、丸紅・伊藤忠に続き3社目
TechCrunch Japan
|
イエバエの幼虫を活用して畜糞を1週間程度で肥料化できる技術を擁するムスカは6月25日、新生銀行との戦略的パートナーシップを締結した。新生銀行のCVCである新生企業投資ではなく、本体との締結だ。つまり、新生銀行自体がムスカに出資する。出資金額は非公開。 ムスカは2016年12月設立のスタートアップ。同社は現在、約100トンの家畜排せつ物や食品残渣といった有機廃棄物を、45年1100世代の選別交...
17Picks
伊藤忠が超抜ハエ技術のムスカと提携した理由、畜糞処理からプラント建設までの壮大な構想
TechCrunch Japan
|
ムスカは3月1日に丸紅と、4月23日に伊藤忠商事とそれぞれ戦略的パートナーシップを締結した。両社ともムスカに資本参加し、畜糞処理や食料危機などの世界的問題の解決に取り込んでいく方針だ。 ムスカは、2016年設立のスタートアップ企業。45年間1,100世代の交配を重ねたイエバエの幼虫を活用し、糞尿などを約1週間で肥料化、そしてその幼虫を飼料化する技術を擁する。昨年TechCrunch Japa...
22Picks
科学の森:アンモニア、新合成法に注目 化学肥料の原料、将来は燃料利用も
毎日新聞
|
アンモニアというと、刺激臭が連想されるが、実は化学肥料の原料として重要な物質だ。その新たな合成法を目指す研究が注目を集めている。今の方法は100年以上前に開発・実用化されたが、エネルギーの大量消費などが課題だ。研究の最前線に迫った。【柳楽未来】
20Picks
タンパク質危機の回避を目指す丸紅がイエバエ技術のムスカと組んだ狙いとは?
TechCrunch Japan
|
ムスカは3月1日に丸紅と、4月23日に伊藤忠商事とそれぞれ戦略的パートナーシップを締結した。両社ともムスカに資本参加し、畜糞処理や食料危機などの世界的問題の解決に取り込んでいく。 ムスカは、2016年設立のスタートアップ企業。45年間1100世代の交配を重ねたイエバエの幼虫を活用し、糞尿などを約1週間で肥料化、そしてその幼虫を飼料化する技術を擁する。TechCrunch Japanが主催した...
520Picks
【未来予測】植物科学×テクノロジーの農業新時代が来る
NewsPicks編集部
|
1960年代、農業の世界で「緑の革命」が起きた。これは急激な人口増加に対して、高収量の品種の種を開発し、化学肥料と農薬で大量生産するという動きを指す。この革命によって、1960年代前半から40年...
472Picks
売れ残り食品の廃棄を禁止する法律、フランスが全会一致で可決
ハフィントンポスト
|
フランスで、大手スーパーマーケットが売れ残った食品を廃棄することを禁じる法律が制定された。スーパーマーケットは、売れ残った食品を慈善団体に寄付するか、家畜の飼料や肥料に転用しなければならなくなる。
355Picks
【日本初】国産エタノールで休耕田が再生している
NewsPicks編集部
|
8月某日。首都圏の熱波がうそのように、岩手県奥州市には涼やかな風が吹いていた。胆沢(いさわ)という地域にある田んぼでは、無農薬、無化学肥料で育てられた稲が力強く穂を伸ばしている。一般人には見分け...
308Picks
ドローン活用で「データドリブン農業」を実現する英国企業
Forbes Japan
|
数千年もの間に渡って、農業には水や肥料、種まきに対する人間の目利きが必要とされてきた。しかし、最近では機械学習を用いて収穫高や利益を増やすケースが増えている。ロンドンに本拠を置くアグリテック(農業テクノロジー)のスタートアップ企業「Humm・・・
272Picks
ハエの力で食糧危機を救う。 究極の循環型社会を目指して──串間充崇
WIRED.jp
|
イエバエの幼虫を利用して、家畜のふんなどの有機廃棄物を肥料に生まれ変わらせ、その幼虫を飼料にする──。そんな循環型システムの事業化で注目されているのが、ムスカ創業者で会長の串間充崇である。その取り組みを並々ならぬ情熱で語る彼の言葉に耳を澄ませると、その奥底には「循環型の街づくり」というさらなる大きなヴィジョンが渦巻いていた。
252Picks
まるで未来都市な水槽&水耕栽培キットがエコシステムすぎる
ギズモード・ジャパン
|
魚のうんちとおしっこで、野菜が生き生きと育ちます! 水槽内で汚れた水をプランターに送り、植物が肥料として吸収、きれいになった水をまた水槽に送って循環させるアクアポニックス。その水産養殖と水耕栽培を一...
223Picks
シンガポール新市場、「野菜工場」の仕掛人は元鉄鋼マン
NewsPicks編集部
|
日本の鉄鋼メーカーが、シンガポールに子会社を設立し「野菜工場」を運営している。日本から種、肥料、設備などを持ち込み、ハイテク企業が集積する北部郊外のセンバワン工業地区に193平方メートルの工場を...
217Picks
「見える化」で農業が変わる 経験がなくてもできる時代に
Forbes Japan
|
農家の経験頼みだった肥料や農薬量を、ICT農機が自動的に弾き出す。生産力や生育状況の「見える化」が、高齢化で窮地の日本の農業の景色を塗り替える。白鷲が一羽、少し遠くの方で餌を優雅についばんでいる。梅雨の晴れ間が空に広がった6月末のある日、千・・・
181Picks
ウェイモがウーバーを提訴、盗用された自律走行技術「LiDAR」とは
Bloomberg
|
宇宙船は距離を測定するためにこれを使う。農業従事者は肥料が必要な畑を把握するためにこれを使う。考古学者は地形図を作成するためにこれを使う。そして、ウーバーとアルファベット傘下のウェイモが開発する...
肥料 概要
世界
日本
中華人民共和国
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム