新着Pick
SPD0HOR1U1OJ6KNF
介護サービス
JPN

介護サービス 業界

日本
業界一覧
>
医薬・バイオ
>
医療・福祉関連サービス
>
介護サービス
訪問介護や、有料老人ホームなどの介護施設の運営など、高齢者や障がい者を対象とした介護サービスを提供する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
在宅介護にかかる費用を要介護度別に徹底解説!
ヒトシア
|
在宅介護は介護保険サービスを利用しながら介護を家庭で受けることをいいます。 施設介護は24時間連続した時間をお願いすることになりますが、在宅介護ではそれぞれの介護保険サービス事業所を組み合わせて利用し、必要に応じて家族が関わる事になるので、家族は負担に感じる場合が多いですが、介護にかかる費用は抑えることができる方法です。 この記事では、その在宅介護にかかる費用について細かく解説していきます。...
1Pick
根本前厚労相らが研究会発足 医療・介護への先端技術活用へ
産経ニュース
|
自民党の根本匠前厚生労働相ら有志議員は15日、医療・介護分野への先端技術活用を目指す研究会を立ち上げ、国会内で初会合を開いた。少子高齢化により医療・介護サービスの需要が都市部で拡大する一方、地方でのサービス事業者撤退が加速する可能性を踏まえ、最先端機器を活用し、少人数で充実したサービスを供給できる環境整備に向けた課題を整理する。
3Picks
月1万で仕事と家事はどのくらい外注できるか - PRESIDENT Online
BLOGOS - 最新記事
|
仕事に家事に育児に介護……と、現代の働く女性たちは忙しすぎます。プレジデントウーマンでは、働く女性の仕事と生活を“ラクにする”をテーマに、業務や家事の一部を外注するシェアサービスについて学ぶイベントを開催しました。内閣官房シェアリングエコノミー伝道師の蓑口恵美さんをはじめ、人気シェアリングサイト「ココナラ」と「タスカジ」の広報担当者とユーザーも登壇。「シェアエコ上級者」が教える驚きのアウトソ...
18Picks
日本の高品質なクール宅急便がアジアで広がり始めた!
ニュースイッチ
|
空港や商業施設などで目にする機会が増えてきた案内ロボットや介護現場で用いられるアシストロボット。少子高齢化に伴う労働力不足解決策の一助として今後の利用拡大が見込まれる、これらロボットを活用したサービスが、対象分野をモノからサービスに広げ、「産業標準化法」として生まれ変わった新JIS法に基づく規格第一号となった。いかに「共存」するか 規格づくりに携わった産業技術総合研究所ロボットイノベーション...
169Picks
介護保険 維持できない?自己負担増やすか 検討始まる 厚労省
NHKニュース
|
高齢化が急速に進み介護費用が増え続ける中、厚生労働省は、介護保険サービスを利用する人の自己負担を増やすかどうか、本格的な…
14Picks
介護・福祉関連市場の調査報告、介護業務効率化支援システムが2025年に2.2倍へ
MONOist
|
富士経済は、介護・福祉関連製品・サービスの国内市場を調査し、2025年市場予測(2018年比)を含む結果を「Welfare関連市場の現状と将来展望 2019」で発表した。同調査によると、介護業務効率化支援システムが2.2倍の22億円になるという。
104Picks
高所得者の介護負担を引き上げへ 月額上限2~3倍に、厚労省
共同通信
|
高所得者の介護負担を引き上げへ 厚生労働省は5日、膨張する社会保障費抑制のため、主に65歳以上の高所得世帯を対象に、介護保険サービス...
97Picks
医療・介護分野のデータ利活用による新たなサービスが2020年度稼働~「データヘルス改革」の進捗と展望
ZUU Online|経済金融メディア
|
国民の健康寿命のさらなる延伸と、医療・介護サービスの効果的・効率的な提供を目指した「データヘルス改革」による、健康・医療・介護分野のデータ利活用による新たなサービスが2020年度稼働する予定である。 本稿では、予定されている8つのあたら棚サービスの整備状況と今後の展望を紹介する。 ■健康・医療・介護分野でのデータの利活用に向けたこれまでの動き 健康・医療・介護分野でのデータ集積と活用のための...
23Picks
介護訓練や障がいのケアにVRが有効なこれだけの理由
ニュースイッチ
|
介護や医療の分野でVR(仮想現実)の活用が進んでいる。ジョリーグッド(東京都中央区、上路健介社長、03・4455・2694)は、VRによる介護研修サービス「ケアブル」や発達障がい支援機関向けサービス
282Picks
効率化だけじゃない、医療・調剤・介護を根本から変える画期的製品たち
ニュースイッチ
|
国民の健康や生活を支える医療や調剤、介護の現場で人手不足が目立っている。生産年齢人口が減少する中で、働き手の確保は各産業が抱える重要課題だ。これを解決できなければ、サービスの停滞は避けられない。一方で進むのが新技術を活用した業務支援で、ヘルスケア産業でも大きな広がりを見せる。既存の業務を高度化、効率化することで従事者の負荷を軽減することが主な目的だが、業務を根本から変える画期的な製品も登場し...
337Picks
臨時国会に「登院できない」重度障害者への制度の壁
テレ朝news
|
重い障害のあるれいわ新選組の舩後靖彦さんと木村英子さんが制度の壁にぶつかり、来月1日に召集が予定される臨時国会に「登院できない」と訴えました。  れいわ新選組・木村英子さん:「8月1日までに結果を頂けなかった場合は、私たちは登院することはできません」  2人は国の障害福祉制度で、重い障害がある人の生活をサポートする「重度訪問介護」のサービスを受けています。一方で、規則では働き始めると通勤や仕...
13Picks
介助が必要な高齢者の送迎サービス、オンワードが1億6000万円を調達
TechCrunch Japan
|
UberとLyftは、家を出るのに介助を必要としたり、病院の待合室から家に帰るのに付き添いを必要とする人を輸送するためのサービスではない。たとえば、Uberは患者が医療機関に行くのを手伝うUber Healthを立ち上げたが、ドライバーは患者のアシスタントを念頭に置いているわけではない。そこに目をつけて参入したのがOnward(オンワード)だ。 Royal Street VenturesやM...
16Picks
受講者の8割以上が効果を実感、VR介護研修サービスが提供開始
MoguraVR
|
株式会社ジョリーグッドは、VRによる介護研修サービス「ケアブル」を開発、提供を開始しました。「ケアブル」は介護 […]
69Picks
中国の介護・高齢者市場で「日式介護」は本当に通用するのか
Diamond Online
|
中国の巨大な介護・高齢者市場には、日本の企業も相次いで参入している。介護は生活に密接し、極めて属人的な要素が強いサービス分野。日本の介護、日本企業が本当に成功できるのか。
22Picks
現場の反応は?人手不足の外食店舗救う「配膳ロボット」最前線
ビジネス+IT
|
少子高齢化による労働力の減少傾向にある日本。その解決策としてロボット産業が注目を集めている。特に今後業界の主役となるのが「サービスロボット」だ。介護や警備、掃除、配膳などのサービス業務に携わるロボットを指す。中でも、飲食店向けの「配膳ロボット」は、人手不足に苦しんでいる外食産業からの期待が非常にも大きい。配膳ロボットの導入効果はどれくらいなのか。実際に配膳ロボットを導入している国内外食チェー...
606Picks
4月は値上げラッシュ 牛丼にワイン、医療や介護でも
朝日新聞デジタル
|
4月から暮らしに関する様々な制度やサービスが変わる。医療や介護では保険料や窓口負担が増え、食品の値上げも相次ぐ。家計には厳しい春となりそうだ。 高齢化で膨らむ医療費の財源をまかなうため、75歳以上の…
介護サービス 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
シンガポール
マレーシア
タイ