新着Pick
SPD0BD8OJEJ20YKO
酒類
JPN

酒類 業界

日本
業界一覧
>
食品
>
飲料・たばこ製造
>
酒類
ビール、清酒、焼酎、ウイスキー、果実酒類、スピリッツ類、リキュール類等、酒類を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
121Picks
ビール大手決算、増収増益はアサヒのみ 国内市場が苦戦
朝日新聞デジタル
|
ビール大手4社の2018年12月期決算は、国内のビール系飲料市場が苦戦する中、海外事業やチューハイなどほかの酒類で収益を補う構図が続いている。 サントリーホールディングス(HD)は、ウイスキーやチュ…
665Picks
【秘話】なぜ「京都産ジン」が世界の頂点に立てたのか
NewsPicks編集部
|
2018年11月14日、京都蒸溜所の代表、タキシード姿のデービッド・クロールは顔を紅潮させ、「……信じられない」とつぶやいていた。場所はロンドン。この日は、世界的な酒類品評会「IWSC(インター...
12Picks
日本でもわずかばかり経験率増加の「大麻」、ビジネスになる? | 11月の「クーリエ・アンテルナショナル」誌から(2018.11)
クーリエ・ジャポン
|
こんにちは、鈴木です。前回(11月3日)に続いて、姉妹紙「クーリエ・アンテルナショナル」の最近の特集を、簡単にご紹介させていただきます。酒類より美味しい大麻ビジネス?10月中旬にカナダが、2017年7月のウルグアイに続いて、嗜好用大麻を解禁しました。米国では、11月の中間選挙の陰に隠れていましたが、同時に実施された住民投票で、ミシガン州では嗜好用、ユタとミズーリ州では医療用大麻が合法化されました。
16Picks
「市場は爆発寸前」 日本酒輸出額は8年連続過去最高を更新
Forbes JAPAN
|
縮小傾向が続くものの、依然として3兆5000億円強の規模を誇る酒類市場。その種別構成は年々多様化し、チューハイやカクテルなどリキュールを使った低アルコール飲料や発泡酒、ワインなどがそのシェアを伸ばしている。その影響を受け、大きく比率を減らし・・・
276Picks
国税庁、軽減税率の事例集更新 パック旅行の弁当は10%
共同通信
|
国税庁、軽減税率の事例集更新 国税庁は8日、来年10月の消費税増税時に始まる軽減税率制度の事例集を更新し、対応に迷いがちなケースを追加した。スーパーなどにベンチや休憩スペースがある場合、飲食禁止を条件に酒類以外の飲食料品を全て軽減...
14Picks
台湾の新興ビールメーカー「Buckskin」が掲げる世界進出の野望
Forbes JAPAN
|
台湾では2002年まで、酒類に関しては政府の専売制度がとられ、国営企業が市場を独占していた。その規制が撤廃されて以降、市場に乗り込んだのが飲料メーカーの「キングカー(金車)」だ。同社のシングルモルトウイスキー、Kavalan(カヴァラン)は・・・
290Picks
コンビニ業界が全食品を軽減税率対象で調整 消費増税で イートインは「休憩施設」
産経ニュース
|
来年10月の消費税率引き上げと同時に導入される軽減税率をめぐって、コンビニエンスストア業界が、酒類を除き取り扱う飲食料品全てを、客が持ち帰り、税率が8%となる軽減税率の対象品とすることで、政府と調整に入っていることが3日、分かった。店内のイートインコーナーでの飲食を「外食」扱いとすれば税率は10%となるが、コンビニ業界は同コーナーを「休憩施設」と位置づけ、「飲食禁止」を明示することで、外食と...
12Picks
居酒屋「つぼ八」を買収 やまや、チムニー
共同通信
|
居酒屋「つぼ八」を買収 酒類販売の「やまや」と居酒屋チェーンの「チムニー」は29日、日鉄住金物産から「つぼ八」を買収すると発表した。つぼ八を傘下にすることで、物流の効率化によるコスト削減やメニューの強化などを進めるのが狙い。...
28Picks
コンビニ弁当を持ち帰れば消費税8%、「イートイン」なら10%の混乱
ニュースイッチ
|
コンビニエンス業界にとって「イートイン」と呼ばれる店内飲食コーナーが定着しつつある中、軽減税率をめぐる店内飲食への対応には多くの課題がのしかかる。顧客が店内で飲食せず持ち帰る場合は、酒類を除く
890Picks
若者だけではなかった!「酒離れ」の主役たち
ニュースイッチ
|
経済解析室で公表している鉱工業指数では、工場のロボットや車などの工業製品の他にも、衣類や食料品といった身近な商品の国内生産や出荷の動きをみることもできる。そんな商品の一つに酒類がある。酒類は「
80Picks
ウイスキー市場競合激化 酒類大手、再参入も
共同通信
|
ウイスキー市場競合激化 ウイスキー市場で大手酒類メーカーのせめぎ合いが激しさを増している。炭酸で割ったハイボールの人気が止まらないためだ。サントリーグループの圧倒的な販売量の切り崩しを狙い、各社は缶ハイボール市場への再参入や...
25Picks
「飲食禁止」なら軽減税率=店内休憩所に新基準-財務省:時事ドットコム
時事ドットコム
|
来年10月の消費税率引き上げ時に導入する「軽減税率」をめぐり、店内に休憩所を設けるコンビニエンスストアなどを念頭に財務省がまとめた新基準の内容が4日、分かった。休憩所を「飲食禁止」とする場合に限り、店内で販売するすべての飲食料品に8%の軽減税率を適用。一方で、同じ店内でも飲食が可能な「イートイン」で消費される場合は外食と見なし、10%の本則税率を課す。 軽減税率は、酒類・外食を除く飲食料品全...
695Picks
軽減税率 自民が「外食」まで広げて調整 
NHKニュース
|
消費税の軽減税率を巡って自民党は、焦点となっている対象品目を明確にするため「外食」まで広げ、「酒類を除く飲食料品」とすることも含めて調整して…
153Picks
ビール販売は低調だけど、アサヒが上期売上高で初の1兆円超え
ニュースイッチ
|
アサヒグループホールディングスが2日発表した2018年1―6月期連結決算(国際会計基準)は売上収益が上期で初の1兆円超えになるなど収益を伸ばした。国内のビール類事業は市場の低迷により前年同期比でマイナスだったが、国際事業で欧州事業が期初計画を200億円以上上回り、全体をけん引。18年12月期で2年連続となる売上収益2兆円超えを見込む。 国内の酒類事業はビール類の販売が改正酒税法や価格改定の影...
392Picks
ジャパニーズジン:世界へ ユズや桜「和の味わい」 高級酒の市場、6年で倍
毎日新聞
|
大手酒類メーカーが、ユズやサンショウなど日本ならではの素材を使った国産の高級ジンを相次いで発売し、海外展開を始めた。世界的に高い評価を受ける国産ウイスキーに続き、各社は世界市場で「ジャパニーズジン」のファン獲得に注力する方針だ。【秋本裕子】
365Picks
酒税法改正で本当に酒屋は守れるのか
ユーザベース
|
自民党財務金融部会などによる合同会議が14日、量販店などによる酒類の過度な安売りの規制を強化するため、酒税法などの改正案を議員立法で今国会に提出する方針を承認した。 これを受けて、先週から今週に...
355Picks
海外でも人気の日本酒 なぜ日本酒が注目されているのか?
www.excite.co.jp
|
国内消費は年々減少しかし海外輸出は7年連続過去最高国内での消費量は1973年(昭和48年)がピークと言われており、下降の一途をたどっています。酒類の多様化、パワーハラスメント対策の普及やお酒に弱い体質...
350Picks
【SPEEDA総研】ビール復活への道のりを探る
ユーザベース
|
国内酒類消費量は、国税庁によると、2010年以降は850万kl台で推移している。これは、1996年のピーク時と比較して9割弱まで縮小している。要因としては高齢化と若者世代の飲み方の変化が考えられ...
291Picks
ジャパニーズウイスキー、世界を酔わす 国産酒輸出が過去最高更新、本場でも高まる人気
SankeiBiz(サンケイビズ)
|
ウイスキーなどの国産酒類の輸出金額と数量がいずれも過去最高を更新したことが8日、国税庁への取材で分かった。平成29年1~10月の累計で、すでに28年の総量を超え、金額は6年連続、数量は3年連続で最多となった。日本産ウイスキーの世界的な人気の高まりに加え、急増するインバウンド(訪日外国人客)でファンが増えたことも後押ししたとみられる。
77Picks
トルコ政府:米国製品に追加関税-自動車やコメ、酒類
Bloomberg
|
トルコ政府は15日、自動車やコメ、酒類などの米国からの輸入品に追加関税を課すと発表した。
酒類 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
シンガポール
マレーシア