新着Pick
SPD04FQDM26GVXSE
産業用ランプ・光源
JPN

産業用ランプ・光源 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
電子部品・デバイス製造
>
産業用ランプ・光源
生産ライン、産業機械、プロジェクター等に組み込まれるランプ、光源を製造する企業群。自動車用のランプは本業界より除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
55Picks
コロナ禍で家庭用ミシンが好調、200万円の超高級機も登場!
ニュースイッチ
|
200万円の超高級機も登場 新型コロナウイルス感染症の影響はマイナス面だけではない。これまで下降傾向だった産業に再び明かりをともした例もある。家庭用ミシンはその一つ。外出自粛などの「巣ごもり需要」を取り込み、好調の波に乗る。主要メーカーの業績も堅調に推移する。一方で工業用ミシンはコロナ禍によるアパレル業界の停滞が直撃し低迷気味。ただ、非アパレル需要の開拓や「縫い」の技術進化に向けた研究開発な...
12Picks
世界シェア6割守り抜く!ファナック・安川電機・川重の産業ロボット大手の供給責任
ニュースイッチ
|
重い供給責任 産業用ロボット大手3社は「生産を多極化」し、供給責任を果たすことを至上命令としている。顧客である国内外の自動車、半導体メーカーなどに対して「迷惑をかけない」ため、外部環境の変化へ迅速に対応しなければならない。日本のロボット産業は高い競争力を誇り、世界シェア6割弱を占める。この地位を守りきるためにも、生産体制の整備に余念がない。 「ビジネスを永続的にするためには供給責任は大事。こ...
10Picks
2025年までにEV用全固体電池の実用化目指す
月刊誌「Wedge」のウェブ版
|
電気自動車(EV)の普及に向けての動きが加速する中で、EV性能を大きく左右する高性能のバッテリー開発に熱い視線が注がれている。現在は液体の有機電解液が使われているリチウムイオン電池が主流だが、これに代わる新しいEV用バッテリーとして国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が2007年から同じリチウムイオン電池ではあるが、液体ではなく固体の無機電解質を使った全固体電池の開...
19Picks
DXとAI時代の「製造業」のデジタル戦略~青田広幸×滝野一征×人見光夫×水上潔×島田太郎
GLOBIS知見録 最新記事
|
G1経営者会議2020 第6部 分科会 テクノベート「DXとAI時代の製造業のデジタル戦略」 (2020年11月23日開催/グロービス経営大学院 東京校) テクノロジーの進化によって、新しい製品やサービス、概念が生まれ、製造業のあり方も変化している。数年前から製造業では、工場の自動化・効率化を目的に、ファクトリー・オートメーション(FA)、センサーや産業用ロボットなどが活用されていた。一
101Picks
米ロボットベンチャーOSAROが語る、「ロボットが苦手なもの」をピッキングできるワケ
ビジネス+IT
|
ピースピッキングや工場自動化を対象に、産業用ロボット向けの機械学習ソフトウェアを中心とした技術開発を行う米国のスタートアップOSARO(オサロ)。深層学習を使って従来は難しかったピースピッキングの自動化を可能にしようとしている会社だ。ばら積み、透明、光を反射する、変形しやすい物体はロボットが苦手としている。OSAROはこれらの物体のピッキングを安価なセンサーで実現可能にすることから、知る人ぞ...
80Picks
総合商社、コロナ禍の病院経営で問われる底力
東洋経済オンライン
|
幅広い産業分野で事業を展開する商社が、医療ビジネスへの取り組みを強化している。これまでも医療関連資材や福祉用具の取引に携わることはあったが、近年は特に病院運営事業に参画する企業が増えている。総合商社…
10Picks
早大発ベンチャーが産業用ロボット向け3次元カメラを開発「高速高精度で安価」
MONOist
|
早稲田大学発ベンチャーの東京ロボティクスが産業用ロボット向けのセンサー事業に進出する。第1弾製品となる3次元カメラ「Torobo Eye」の「SL40」は、産業用ロボットの先端に取り付けられるサイズで、計測速度が業界最速クラスの10fps、奥行き計測のバラツキ誤差が±0.06mmの性能を実現。販売価格は100万~130万円を想定している。
33Picks
高温ガス炉で水素製造、30年めどに技術開発/政府
電気新聞ウェブサイト
|
◆天然ガス価格並み目指す 政府は2050年カーボンニュートラルに向け、高温ガス炉を活用した水素製造の技術開発に注力する。今年、再稼働を見込む高温工学試験研究炉「HTTR」などを活用し、30年をめどに水素製造の技術開発を進める。「実質ゼロ」達成にはカーボンフリー水素が必要で、原子力技術を活用すれば大量、安価に供給できる可能性がある。発電、産業用の熱供給と併用することで、50年に天然ガス価格並み1ノ
16Picks
産業用センサー大手Teledyneが赤外線カメラのFLIRを約8300億円の現金と株式で買収へ
TechCrunch Japan
|
産業用センサー大手のTeledyneは、センサーメーカーのFLIRを株式と現金合わせて約80億ドル(約8300億円)での買収を予定しており、買収は年内に完了する見込みだ。Teledyneはプレスリリースで、FLIRの事業は既存の製品と競合するのではなく、補完的なものになると述べている。 FLIRのテクノロジーはiPhoneを含むモバイルデバイス向けに設計されたアドオンサーマルカメラを通じて、...
13Picks
協働ロボットで製造現場「再構築」へ、ファナックや安川電機の提案力
ニュースイッチ
|
協働ロボットが製造現場を「再構築」するカギになる。産業用ロボットは自動化や生産性向上を実現する最も有効な手段だが、コストやスペースの制約から、設備のレイアウトを大きく変える必要がある。そこで産ロボメーカーは人とともに作業が可能な協働ロボットを提案。既存設備を利用しながら人の代わりに活用できる。新型コロナウイルス感染対策の「3密」回避や省人化など、生産ラインも変化する環境への対応が求められる。...
22Picks
ハネウェル、生命科学ソフトウエア会社買収へ-全額現金13億ドル
Bloomberg
|
米複合企業ハネウェル・インターナショナルはライフサイエンスに特化した産業用ソフトウエア会社のスパルタシステムズを13億ドル(約1350億円)で取得することで、同社と合意した。ハネウェルのダリウス・アダムチック最高経営責任者(CEO)が2017年に就任して以降、最大規模の買収となる。
33Picks
GEから学ぶメーカのサービス事業化を成功させるためのモノづくりの強化
note(ノート)
|
デジタルクロス様でのロボットコラムの6回目を書きました。今回のテーマは「ロボットのビジネスモデル」ということで、はやりのRaaS;Robot as a Serviceなど事例なども紹介しています。良ければ是非! IoTデータが変えるロボットのビジネスモデル【第6回】  ロボットは基本的には、モノを販売して終わる、いわゆる“売り切りビジネス”が主流だった。特に産業用ロボットなどは、主な顧客 d...
40Picks
竹中平蔵氏が提案のベーシックインカムが少子化対策になる理由
ニュースイッチ
|
先ごろ竹中平蔵氏が「国民全員に毎月7万円支給」というベーシック・インカム論を紹介したところ、SNS上で広がり炎上したというニュースが話題になった。まあ、制度化するとなればいろいろ問題はあるのだろうが、ぼくは近い将来かなり現実味のある話だと思っている。 ユヴァル・ノア・ハラリが言うように、AIや産業用ロボットによって人類の大半は無用階級(Useless Class)になる。それ以前にコロナ禍に...
69Picks
中国農業用ドローン「XAG」が業界最高額の190億円を調達、ソフトバンク・ビジョン・ファンド2号出資
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
農業用ドローン開発大手「XAG(極飛科技)」は、新たに12億元(約190億円)を調達したことを明らかにした。出資を主導したのは「百度資本(Baidu Capital)」とソフトバンク・ビジョン・ファンド2で、ほかに「創新工場(Sinovation Ventures)」「越秀産業基金(Yuexiu Industry In
27Picks
産業用ロボット市場、再び成長軌道に 2021年見通し
フロンティア・マネジメント
|
米中貿易摩擦、新型コロナウィルスの影響によって、成長を続けてきた産業用ロボット市場にも逆風が吹いている。新型コロナウィルスの感染者が欧米で再拡大していることで、ロボット市場にも不透明感がでてきて...
75Picks
ロボットの台頭が本格化、「ロボット密度」の高い国はどこか
Forbes JAPAN
|
マシンの台頭はすでに本格化している。国際ロボット連盟(IFR)が2020年9月24日に公表した最新データによると、2019年に全世界の工場で稼働していた産業用ロボットは270万台で、史上最多となった。2019年の世界全体のロボット出荷台数は・・・
(14件の記事)
14Picks
コロナ禍で再認識された3Dプリンタの価値、製造業の成長とイノベーション創出に欠かせない存在に
MONOist
|
HPは、グローバルイベント「HP INNOVATION SUMMIT 2020 ASIA」をオンライン開催した。同イベントでは、HPが行ったデジタルマニュファクチャリング/産業用3Dプリンティングに関する調査レポート「HP Digital Manufacturing Trend Report」の内容に触れつつ、3Dプリンタをはじめとするデジタルマニュファクチャリング技術を活用するパートナー企...
12Picks
高出力な全固体電池の実用化へ!大阪技術研が厚さ10分の1の固体電解質シート
ニュースイッチ
|
大阪産業技術研究所(ORIST)は、厚みが30マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以下と薄膜ながら強度を備えた自立型のリチウムイオン電池用固体電解質シートを開発した。量産技術もめどをつけた。従来の固体電解質に比べ厚みが10分の1以下で、電気抵抗が小さいのが特徴。電極とともに積み重ねられ、大容量、高出力の全固体電池の実用化へ応用が期待される。 全固体電池は電気自動車(EV)やIoT(モ...
10Picks
産業用IoTゲートウェイが工場セキュリティの穴に、トレンドマイクロが警鐘
MONOist
|
セキュリティベンダーのトレンドマイクロは2020年10月13日、スマート化された産業制御システムのサイバーセキュリティリスクを明らかにするために行った実証実験の結果について、メディア向けオンラインセミナーで発表。産業用IoTゲートウェイがセキュリティ対策の盲点となっている状況があることを紹介した。
28Picks
ロールスロイス、新たな資金調達計画を発表-最大50億ポンド目指す
Bloomberg
|
航空機用エンジンメーカーの英ロールスロイス・ホールディングスは、新規に最大50億ポンド(約6800億円)を調達する計画を明らかにした。航空産業は新型コロナウイルス感染拡大の影響で歴史的な打撃を受けており、ロールスロイスは資金調達で生き残りをかける。
産業用ランプ・光源 概要
日本
中華人民共和国
アメリカ合衆国