新着Pick
SPD01QJCKNPO0SZS
自動二輪車販売
SGP

自動二輪車販売 業界

シンガポール
業界一覧
>
小売
>
自動車関連小売
>
自動二輪車販売
自動二輪車メーカーと直接・間接的に特約店契約を結び、自動二輪車を販売する企業群。ただし、中古自動二輪車の販売を主とするディーラーは除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
竹中平蔵「かんぽ生命問題の根源は民主党政権にあります」 - 不正販売はなぜ可能だったのか
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
2019年、日本郵政傘下のかんぽ生命保険で不正販売問題が発覚した。同社は半年以上にわたって顧客に新旧契約の保険料を二重払いさせたり、特…
3Picks
竹中平蔵「かんぽ生命問題の根源は民主党政権にあります」 - PRESIDENT Online
BLOGOS - 最新記事
|
2019年、日本郵政傘下のかんぽ生命保険で不正販売問題が発覚した。同社は半年以上にわたって顧客に新旧契約の保険料を二重払いさせたり、特約の切り換えで済むにもかかわらず新契約を結んだりしたとされている。20年2月末時点で、累計2170件の契約で法令・社内規定違反が確認され、関与した郵便局の保険販売員などは1725人に上るという。07年に郵政民営化された日本郵政に一体何があったのか。民営化された...
5Picks
挑戦的研究「ムーンショット」がロボット・AI技術融合で追求する究極の形
ニュースイッチ
|
政府のムーンショット型研究開発制度では、ロボットと人工知能(AI)技術を融合させた究極の形を二つ追究する。一つは遠隔操作型だ。アバター(ロボットやCGの分身)を同時に10体操作する技術を2030年までに開発する。2泊3日の小旅行がアバターを介して10体20泊30日の長旅になるかもしれない。もう一つは完全自律型だ。自動で科学の原理や解法を発見するAIロボを開発する。研究開発の競争力のあり方が問...
203Picks
OBも驚きの「副社長」廃止、トヨタ社長が後継者見極めに本腰
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車が次世代の経営層の育成を加速する。4月1日付けで副社長職を廃止し、豊田章男社長の下に置くすべての執行役員を同列にする。豊田社長との接点を増やし意思決定を迅速にするほか、後継候補にトップとしてのスキルや心構えを習得してもらう狙い。副社長職の廃止は、トヨタ自動車工業とトヨタ自動車販売が合併した1982年以来初めて。電動化や自動運転など事業環境が激変する中、聖域なき改革のギアを上げる。...
18Picks
トヨタは「2030年危機」をどう乗り越えるつもりなのか?
ビジネス+IT
|
自動車の生産台数は2030年に向けて鈍化すると予測されている。CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリングサービス、電動化)による効率化や先進国の高齢化と人口減少による販売台数の減少が主な要因だ。そうした中だからこそ、日本産業界の雄であるトヨタ自動車(以下、トヨタ)の動向、グローバル戦略を分析することで、自動車メーカーが取るべき次のアクションが見えてくるはずだ。
186Picks
普及には「可愛さ」も重要!ZMPの自動運転1人乗りロボ、販売を2020年5月から開始
自動運転ラボ
|
自動運転ベンチャーの株式会社ZMP(東京都文京区/代表取締役社長:谷口恒)は2020年2月23日までに、昨年7月に発表した自動運転の1人乗りロボット「Robocar Walk」を、より利用者から身近な製品名「RakuRo […]
12Picks
中国、自動運転車を「25年までに量産」 政策打ち出す
朝日新聞デジタル
|
中国政府は24日、自動運転車を2025年までに量産する目標を掲げた産業政策「スマート自動車創新発展戦略」を公表した。中国の自動車販売は、景気低迷や中古車販売の増加のほか、新型肺炎の拡大も加わり、厳冬…
14Picks
「自動運転の目」LiDAR内蔵のランプ開発へ 小糸製作所、米Ceptonの株式取得
自動運転ラボ
|
自動車用照明製造大手の株式会社小糸製作所(本社:東京都港区/取締役社長:三原 弘志)は2020年2月5日、「自動運転の目」と呼ばれるセンサーのLiDAR(ライダー)を製造・販売する米Cepton Technologies […]
19Picks
【医師直伝】 実は市販薬にある『医者が出す風邪薬』6選。【2020年最新版】
note(ノート)
|
(この記事は2020年1月に最新版に改定・補足しています) こんにちは、医師・医療経済ジャーナリストの森田です。 今回は、実は薬局・通販で買える市販薬の中にも「医者が出す薬」がありますよ、の【風邪薬】編です。 まず、日本では薬の処方・販売の方法にもいろいろありまして、一類とか二類とか要指導医薬品とか処方箋医薬品とか、ややこしい。 そのへんのことは一旦置いときまして、今回は簡単に、 「いつも病...
364Picks
自動ブレーキ21年搭載義務付け 高齢者事故対策で国交省
共同通信
|
赤羽一嘉国土交通相は17日、国内メーカーが2021年11月以降に販売する新型乗用車(軽自動車含む)に、自動ブレーキの搭載を義務付けると発表した。
20Picks
自動押印ロボットは法的にロックである
サインのリ・デザイン
|
ハンコを自動で押印してくれるという話題のロボットを取材しました。判例によって認められ、日本のハンコ文化と契約書の法的証拠力を支えてきた「二段の推定」のロジックが、今ディスラプトされようとしています。
365Picks
【解説】コンビニの増加が分ける、「自販機」業界の明暗
NewsPicks編集部
|
世界一の自動販売機(以下、自販機)大国と言われる日本。治安の良さも手伝い、道沿いやオフィス、駅などさまざまな場所に置かれている。しかし、その自販機が今、日本から減り続けている。日本自動販売システ...
48Picks
自動運転、スマートグラス、サブスク…今後10年のためにアップルが進めていること
Business Insider Japan
|
・アップルは10年以上に渡って、iPhoneの製造と販売で数十億ドルを稼いできた。 ・では、iPhoneの次はどうなるのだろうか。それは大きな問題だ。 ・アップルは、スマートグラスから自動運転技術、さらには次のiPhoneに至るまで、いくつかのプロジェクトを進めている。 アップルは、今やユビキタス...
148Picks
「練馬の農業はこれから面白くなる」自販機でトマトを売りまくる48歳農家が見据える“次世代の稼ぎ方”
文春オンライン
|
次から次へと客が来る、と書くと言い過ぎかもしれないが、何分かごとに人が立ち止まる。離れた地区からなのだろう、車で買いに来る人もいる。東京都練馬区でハウス栽培のトマトを販売する山口卓さん(48)の自動販…
14Picks
自動運転時代へ「ランプ」の研究開発が忙しい
ニュースイッチ
|
小糸製作所は次世代のランプ商品群を拡充する。4輪車向け「路面描画ランプ」や、「スマート街路灯」などを2020年代前半をめどに実用化する計画だ。ランプ技術を生かした安全や社会インフラに寄与する製品開発に取り組む。自動運転などの進展に合わせて、光で図形などを指し示す「コミュニケーションランプ」などランプの役割が多様化していくとみており、研究開発を急ぐ。(取材・山岸渉) 「将来の自動運転を見据え、...
11Picks
高校生が自動注文機を自作 文化祭の食品販売に革命、ミスなくなる
高校生新聞オンライン
|
筑波大学附属高校(東京)の「桐陰祭」(9月7・8日開催)で、3年4組39人が文化祭定番の食品販売のハイテク化に挑戦。客自身が機器を操作して、商品オーダーを可能にした「自動注文機」を自作した。(文・写真
18Picks
4次元ポケットを持たない“ドラえもん”はどんなロボット?
ニュースイッチ
|
GROOVE Xは「家族型ロボット LOVOT(ラボット)」を開発・製造・販売するロボットベンチャー。家庭の中で人とロボットが共存し、人の心の豊かさを育むことを目指す。林要社長は「4次元ポケットを持たない“ドラえもん”を実現したい」と意気込む。 ラボットは二つのつぶらな瞳と温かく柔らかいボディー、人やモノを見分ける角、自在に動き回る足を持った自律型のロボット。犬や猫に代わる新たな家族としての...
12Picks
研究開発費が利益を圧迫、自動車メーカーはどう生き残る?
ニュースイッチ
|
乗用車メーカー7社の2020年3月期は、SUBARU(スバル)を除く6社が前期と比べ営業減益を見込む。市場低迷で販売減に見舞われたところに、円高など為替影響のマイナスが追い打ちをかけた。また「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」と呼ぶ先進技術への対応で研究開発費が増える。現地化などの為替対策、原価低減といった地道な取り組みのほか、開発負担軽減のための提携戦略が重要度を増...
15Picks
Ghostの目標は今ある自家用車に自動運転機能を後付けして2020年に公道を走ること
TechCrunch Japan
|
新しい自動運転車の会社が路上に出現した。だが、実は2017年から誰にも知られずに存在はしていた。急成長するこの業界のマジョリティーとは異なり、この新参企業はロボットタクシーサービスを提供するわけでも、部品メーカーや自動車メーカーに自動運転システムを販売するわけでもない。自動配送サービスを目指しているわけでもない。 Founders Fund(ファウンダーズ・ファンド)のKeith Raboi...
22Picks
かんぽ生命不正問題 郵政公社初代総裁が「日本郵便の不正の温床は“ノルマ体質”」と指摘
文春オンライン
|
「文藝春秋」10月号の特選記事を公開します。(初公開2019年9月16日)かんぽ生命保険の不正販売問題が波紋を広げている。契約を低い予定利率のものに切り替えさせたり、契約を乗り換えた顧客に保険料を二重…
自動二輪車販売 概要
シンガポール
オーストラリア