新着Pick
SPD01QJCKNPO0SZS
自動二輪車販売
SGP

自動二輪車販売 業界

シンガポール
業界一覧
>
小売
>
自動車関連小売
>
自動二輪車販売
自動二輪車メーカーと直接・間接的に特約店契約を結び、自動二輪車を販売する企業群。ただし、中古自動二輪車の販売を主とするディーラーは除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
自動運転の技術と法規制への取り組み -MOBILITY TRANSFORMATIONレポート2
IoT NEWS
|
2019年11月15日、Mobility Transformation 実行員会主催、MOBILITY TRANSFORMATION CONFERENCEが虎ノ門ヒルズにて開催された。当カンファレンスのテーマは「移動の進化への挑戦」。20以上のセッションとライドシェア、自動運転といった新たなモビリティサービスに関わる企業やプレイヤーがカンファレンスで登壇した。今回はそのイベントレポート第二弾...
143Picks
「練馬の農業はこれから面白くなる」自販機でトマトを売りまくる48歳農家が見据える“次世代の稼ぎ方”
文春オンライン
|
次から次へと客が来る、と書くと言い過ぎかもしれないが、何分かごとに人が立ち止まる。離れた地区からなのだろう、車で買いに来る人もいる。東京都練馬区でハウス栽培のトマトを販売する山口卓さん(48)の自動販…
11Picks
研究開発費が利益を圧迫、自動車メーカーはどう生き残る?
ニュースイッチ
|
乗用車メーカー7社の2020年3月期は、SUBARU(スバル)を除く6社が前期と比べ営業減益を見込む。市場低迷で販売減に見舞われたところに、円高など為替影響のマイナスが追い打ちをかけた。また「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」と呼ぶ先進技術への対応で研究開発費が増える。現地化などの為替対策、原価低減といった地道な取り組みのほか、開発負担軽減のための提携戦略が重要度を増...
17Picks
4次元ポケットを持たない“ドラえもん”はどんなロボット?
ニュースイッチ
|
GROOVE Xは「家族型ロボット LOVOT(ラボット)」を開発・製造・販売するロボットベンチャー。家庭の中で人とロボットが共存し、人の心の豊かさを育むことを目指す。林要社長は「4次元ポケットを持たない“ドラえもん”を実現したい」と意気込む。 ラボットは二つのつぶらな瞳と温かく柔らかいボディー、人やモノを見分ける角、自在に動き回る足を持った自律型のロボット。犬や猫に代わる新たな家族としての...
15Picks
Ghostの目標は今ある自家用車に自動運転機能を後付けして2020年に公道を走ること
TechCrunch Japan
|
新しい自動運転車の会社が路上に出現した。だが、実は2017年から誰にも知られずに存在はしていた。急成長するこの業界のマジョリティーとは異なり、この新参企業はロボットタクシーサービスを提供するわけでも、部品メーカーや自動車メーカーに自動運転システムを販売するわけでもない。自動配送サービスを目指しているわけでもない。 Founders Fund(ファウンダーズ・ファンド)のKeith Raboi...
22Picks
かんぽ生命不正問題 郵政公社初代総裁が「日本郵便の不正の温床は“ノルマ体質”」と指摘
文春オンライン
|
「文藝春秋」10月号の特選記事を公開します。(初公開2019年9月16日)かんぽ生命保険の不正販売問題が波紋を広げている。契約を低い予定利率のものに切り替えさせたり、契約を乗り換えた顧客に保険料を二重…
19Picks
ZOZOは競合にあらず ユニクロも採用した「身体採寸テクノロジー」企業の挑戦
Forbes JAPAN
|
2017年、ZOZO(当時スタートトゥデイ)が開発を発表したZOZOSUITによって大きな話題を呼んだ「自動採寸技術」。スマホやIoTで手軽に体のサイズを測定する技術は、店員が採寸できないオンラインでのアパレル販売の欠点を補完する存在として・・・
14Picks
EV導入が本格化するインド、政府の優遇政策やコストダウンでエコシステム形成が加速
バンガロール経済情報
|
インドのEV市場参入に向け、国内外自動車メーカーの動きが本格化しつつある。従来より公共バスや庶民の足である3輪リキシャ、2輪車のEV化への移行は進みつつあるが、ここにきて各メーカーは一般消費者向け乗用車の新型EVモデルを次々と発表している。 韓国の「現代自動車」は2019年7月、一般消費者向けにインド初のSUVタイプEV「KONA Electric」を販売を開始した。また、「タタ・モーターズ」「マ
19Picks
【アジア・新興国】タイの生命保険市場(2018年版)
ZUU Online|経済金融メディア
|
■要旨 2018年のタイ生命保険市場の正味収入保険料(返戻金控除前)は前年比4.3%増の6,170億バーツ(約2.2兆円)と、前年の同5.5%増を下回った。生保市場の拡大ペースは4年連続で一桁台の伸びに止まり、2014年頃までの二桁成長と比べて大きく見劣りする水準にある。この要因としては低金利環境や新しい会計基準の適用などから各社が消費者ニーズに応える商品を出せず、貯蓄性商品を中心に販売が伸...
107Picks
かんぽ生命不正問題 郵政公社初代総裁が「日本郵便の不正の温床は“ノルマ体質”」と指摘
文春オンライン
|
かんぽ生命保険の不正販売問題が波紋を広げている。契約を低い予定利率のものに切り替えさせたり、契約を乗り換えた顧客に保険料を二重払いさせるなど、不適切と疑われる契約は18万件を超える。金融庁はかんぽ生命…
13Picks
自動運転普及は人の移動(車)よりモノの移動(配送ロボ)から、その理由は?
自動運転ラボ
|
自動運転技術を活用した移動サービスは、大きく二つに分けることができる。「人の移動」と「モノの移動」だ。これらのサービスの実現においては共通する部分も多いが、技術要件の違いなどから全く異なった性質も見え隠れする。 また、そ […]
15Picks
モスは?スタバは?吉野家は?消費税の軽減税率で対応分かれる外食産業
ニュースイッチ
|
10月1日の消費増税時に導入される軽減税率制度への対応をめぐり、外食産業が対応に追われている。酒類を除く飲食料品を持ち帰る場合は税率が8%に据え置かれるが、店内での飲食は10%に引き上げられる。本体価格を調整し持ち帰りと店内飲食の価格を同一にする企業がある一方で、税率分だけ値段が変わり同じ商品でも二つの価格で販売する企業もある。企業によって対応が分かれており、消費者の混乱を招きそうだ。(文=...
127Picks
日本郵便「社員が社長にぶつけた不満」の全記録
東洋経済オンライン
|
保険料の二重払いなど少なくとも18万件に上る不適切販売が発覚したかんぽ生命保険。そのかんぽの約9割を販売代行しているのが日本郵便だ。8月下旬には同じく委託販売しているアフラックのがん保険でも10万件の保険…
67Picks
ノルマ廃止では解決しない「かんぽ不正契約問題」と日本郵政の深い闇
BLOGOS - 最新記事
|
郵便局のかんぽ生命保険商品販売を巡り、保険料二重払いをはじめ多くの不適切事案が発見された問題が底なしの広がりを見せています。発端は、かんぽ生命の不正販売発覚に対して6月19日に総務省が営業活動に関する行政指導をおこなったことでしたが、それを受けたかんぽ生命による不正件数公表が五月雨式に増えたことで、単なる不祥事ではなく郵便局を巡る郵政三事業のガバナンスという観点での議論に広がっているのです。...
276Picks
日本郵便、二重払いや無保険10万件 アフラック委託のがん保険 制度の不備が原因、現在も販売
西日本新聞
|
日本郵便がアフラック生命保険から委託され販売するがん保険を巡り、保険料の二重払いや無保険状態の契約が、2018年5月~19年5月で少なくとも約10万件に上ることが分かった。西日本新聞はアフラック社が日本郵便に提出した内部資料を入手した...
16Picks
アフラック株下落-日本郵便の委託販売で二重徴収・無保険約10万件
Bloomberg.com
|
21日の米株式市場でアフラックの株価は5.6%下落し、昨年1月12日以来の大幅安となった。日本郵便がアフラックの委託を受けて日本国内で販売するがん保険で、二重払いや契約者が一時的に無保険状態にあったケースは2018年5月-19年5月で約10万4000件に上ると判明したことが嫌気された。
61Picks
販売台数減少に危機感…2輪車業界が若者需要喚起にあの手この手
ニュースイッチ
|
2輪車業界が若者の需要喚起を積極化している。日本自動車工業会(自工会)では大学生に2輪車に関する体験を情報発信してもらう新たな取り組みをスタートした。国内2輪車メーカーも独自の啓発活動を進める。停滞する国内2輪車市場を活性化するには若者に身近に感じてもらえるかがカギをにぎる。(文=山岸渉)SNS活用で魅力発信 「業界が発信する情報が若者に届いていない」。自工会二輪車特別委員会の日高祥博委員長...
15Picks
「北欧、暮らしの道具店」の採用基準は、自分と世界に期待ができている人かどうか
Agenda note
|
 インテリア雑貨のオンライン販売にとどまらず、広告事業や映画など、事業領域を広げる「北欧、暮らしの道具店」の運営元であるクラシコム 代表取締役の青木耕平氏。ビジネス戦略に迫った第一回と第二回に続...
134Picks
かんぽ不正、昨年6月には把握 幹部は共有、社長発言と矛盾
西日本新聞
|
かんぽ生命保険が遅くとも昨年6月時点で、一連の不正販売問題を把握していたことが西日本新聞が入手した同社の内部資料から判明した。同月~今年3月、幹部が出席した毎月の社内会議で、保険料を二重払いさせるなど顧客に不利益となる問題事案の発生状...
自動二輪車販売 概要
シンガポール
オーストラリア