新着Pick
SPD3NELI2OU10QLO

第一交通産業 株式会社

第一交通産業株式会社(だいいちこうつうさんぎょう)グループは、福岡県北九州市小倉北区に本社を置く、タクシー・ハイヤー事業の他に路線バス・不動産・貸金業事業などを運営する事業者である。福岡証券取引所単独上場銘柄のひとつである(証券コードは9035)。 ウィキペディア
福岡県北九州市小倉北区馬借2丁目6番8号
093-511-8811
詳細を見る
概要
創業者は黒土始(現・代表取締役創業者会長)。社長の田中亮一郎は、元テレビ朝日編成局企画部員。黒土会長の娘婿でもある。

主力事業のタクシー事業は1980年代からM&Aを進め、全国各地のタクシー会社(特に東急系と南海系)を買収し成長している。当初は本社所在地である北九州市を中心に、九州・山口を中心に事業展開していたが、現在では北海道から九州・沖縄まで全国に事業所を持ち、グループ全体の保有台数は業界首位の7,800台に及んでいる。

バス事業としては一部地域で廃止代替バスの運行を行っていたが、2004年には民事再生手続中の沖縄県のバス会社・那覇交通の事業を譲受し、同年7月より那覇バスとして路線・観光バス事業へ本格進出した。さらに、同じく民事再生中の琉球バスの事業も2006年に譲受し、同年9月に琉球バス交通として事業を開始。

乗合タクシーでは、2000年12月より「親富孝エクスプレス」の名称で、北九州市小倉北区平和通駅下 - 福岡市中央区親富孝通り間を土・日曜日の深夜に限り1日に3往復運行する深夜定期路線形態の運行を行っていたが、2010年10月現在この路線は運行されていない。また過疎地型として、2003年4月より北九州市の「おでかけ交通」のうち木屋瀬・楠橋・星ヶ丘地区の路線を、空港連絡型としては2006年3月より、北九州空港の早朝・深夜発着航空便(70便・91便・93便)に接続して空港と小倉北区・小倉南区・門司区方面との間を結ぶ予約制の路線をそれぞれ運行している。

不動産事業としては、分譲住宅事業を全国14の都県で展開し年間約600戸を供給。マンション分譲では「グランドパレス」や「アーバンパレス」のブランド名で九州全域に留まらず東京都や仙台市にも進出している。その他に賃貸ビル約70棟やファイナンス事業も手がけ、最近ではマンション分譲事業を熊本県や広島県から撤退させ、需要の多い関東地域へ注力している。

東京都の第一交通、芙蓉第一交通、東京・神奈川・千葉に拠点を持つヒノデ第一交通は2015年までチェッカーキャブに所属していた(ただし、チケット使用取扱は引き続き実施している)。全てのグループ事業者において無線は自社無線での運用であり、前記3社も屋上表示灯および無線は独自のものである。

2007年以降は全国にネットワークがあることを活かした、タクシードライバーが選ぶ『逸品倶楽部』と題した通販事業に参入し、「こだわり」を中心に展開している。
代表者
代表取締役社長 田中亮一郎
設立年月日
1964-09
従業員数
11,775 人
上場年月日
2000-04-26
平均年齢
41 歳
平均年収
4,127,000 円
上場市場
福証上場
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
387Picks
ウーバーCEO、訪日客向けサービスに言及 「空飛ぶタクシーは5~10年で商用化」
産経ニュース
|
米配車大手ウーバー・テクノロジーズのダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は20日、都内の投資家向け会合で、提携協議中のタクシー大手の第一交通産業を念頭に、「ウーバーの配車アプリに日本のタクシーを組み入れる」と述べた上で、東京五輪・パラリンピックの際に訪日客向けに母国語を話せる運転手を呼べるサービスを検討する考えを示した。
277Picks
【実録】ソフトバンク社長に、中国の「配車アプリ」を紹介された日
NewsPicks編集部
|
日本最大のタクシー企業である「第一交通」(本社・福岡県)。自社で約8400台のタクシーを保有し、さらに配車ネットワークで束ねている車両数は全国で4万台を超える。そんな業界のガリバーが2017年1...
201Picks
第一交通、ウーバーとタクシー配車で戦略的パートナーシップ締結
Reuters
|
[東京 4日 ロイター] - 第一交通産業<9035.FU>は4日、ウーバー・ジャパンとタクシー配車で戦略的パートナーシップを締結したと発表した。今春以降、広島市内など特定地域で第一交通グループのタクシーがウーバーアプリを通じて手配可能となるほか、日本国内で順次サービスを展開することを目指すとしている。
21Picks
タクシー予約・配車業務をクラウド化する徳島拠点の電脳交通が総額5億円を調達、 タクシー会社とのDX推進が超加速
TechCrunch Japan
|
タクシー会社でいまだ人力業務が多い配車・予約管理などのバックオフィス業務のDXを進めてきた、徳島を拠点とする電脳交通は10月8日、総額5億円の資金調達を発表した。第三者割当増資による調達で、既存投資家のほか、今回新規投資家として三菱商事、JR東日本スタートアップ、第一交通産業グループ、エムケイ、阿波銀行、いよぎんキャピタルが加わっている。既存投資家には、日本交通グループのJapan Taxi...
79Picks
高齢化や過疎化が進む社会。地域住民の「交通手段」をどう確保するか
FUJITSU JOURNAL
|
富士通は、乗合タクシー事業を展開している第一交通)と協業し、「オンデマンド型乗合タクシー」の提供を2019年3月より開始しました。これは、公共交通機関の不足している地域に暮らす人たちが、希望する...
34Picks
スマホでタクシー配車サービス 中国大手とソフトバンク、大阪で27日から
産経ニュース
|
ソフトバンクと中国の配車サービス大手「滴(ディ)滴(ディ)出(チュー)行(シン)」は27日から、全国に先駆けて大阪府内で、スマートフォンのアプリによるタクシー配車サービスを開始する。両社が折半出資する合弁会社「DiDi(ディディ)モビリティジャパン」(東京都港区)がタクシー大手の第一交通産業にシステムを提供し、訪日外国人客(インバウンド)で最も多い中国人旅行者の取り込みを図る。将来は京都や東...
30Picks
タクシー業界、進むキャッシュレス化 PayPay、第一交通が導入開始 決済サービス競争過熱、IT・IoT・AI導入でも進化
自動運転ラボ
|
タクシー業界でキャッシュレス化が進んでいる。クレジットカードをはじめ、「Suica(スイカ)」などの電子マネー、「Apple Pay」や「Google Pay」といったスマホ決済などが浸透しており、2018年11月にはQRコード決済機能を持った「LINE Pay」や「PayPay」を新たに導入する動きも相次いでいる。
20Picks
損保ジャパン日本興亜、データ分析を介した事故防止の共同研究を開始
MOTOR CARS
|
損害保険ジャパン日本興亜株式会社(本社:東京都新宿区、社長:西澤 敬二)と、第一交通産業株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:田中 亮一郎)、アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、社長:江川 昌史)は、データ分析を介した事故防止の共同研究を開始する。
19Picks
中国版ウーバー上陸でどうなる、第一交通社長が語る「アナログタクシー」の未来 - China Report 中国は今
Diamond Online
|
デジタル化がもたらす新たな市場創出と既存のサービスとの葛藤。それが最も端的に現れるのがタクシー業界だ。IT業界を中心にライドシェアを解禁させようとする動きに、タクシー業界は「ライドシェアは白タク行為だ」と猛反発。そんな中、中国でライドシェアを普及させてきた配車プラットフォーマー最大手の「滴滴出行」(以下、滴滴)はソフトバンクと提携し、日本で版図を広げる。「ライドシェアに押し切られてしまうのか...
19Picks
「AI×乗合×広告収入」の合わせ技で1回200円の格安TAXIを実現
自動運転ラボ
|
山口第一交通グループ(本社:山口県下関市/代表取締役社長:坂田和美)の子会社2社が、地方における交通インフラの活性化を目指し、AI(人工知能)を活用した乗り合いタクシーサービス「Noruuu(ノルー)」の実証実験を2019年4月に実施する。
19Picks
日中提携の落とし穴、日本の地図情報が危ない 第一交通と中国配車アプリ「滴滴」が提携、潤うのは誰か?
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
第一交通との連携は滴滴に大きなメリットをもたらす可能性がある。日本の生の地図データを入手することができるからだ。
18Picks
タクシー配車サービスの中国「滴滴出行」、第一交通と組み日本進出か
財経新聞
|
ブルームバーグは10月30日、中国最大のタクシー配車の滴滴出行(ディディ)が、第一交通と組み来春よりサービスを開始すると報じた。
15Picks
第一交通が相次いで配車アプリと提携 背後で糸を引くのはソフトバンク 
Newsweek日本版
|
第一交通が相次いで配車アプリと提携 背後で糸を引くのはソフトバンク
11Picks
DeNA、タクシー配車アプリ「MOV」を全国の第一交通タクシーで導入
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
DeNAと第一交通産業は、オートモーティブ分野での協業を進めることに合意したことを発表した。 今回の協業では、DeNAが提供するタクシー配車アプリ「MOV(モブ)」の導入を、第一交通産業グループの…
9Picks
ウーバーの全国展開パートナー、業界最大手「第一交通」に決定か タクシー配車事業、既にブランディング面では知名度高く
自動運転ラボ
|
米ウーバー・テクノロジーズの日本法人ウーバージャパンは2019年3月4日、タクシー業界最大手の第一交通産業と戦略的パートナーシップを締結し、広島市内などでタクシー配車サービスの提供を開始すると発表した。
8Picks
タクシーのDXを推進する電脳交通、総額5億円を調達 三菱商事らと資本業務提携
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
タクシーのDXを推進する電脳交通は、三菱商事、JR東日本スタートアップ、第一交通産業グループ、エムケイ、阿波銀行、いよぎんキャピタルを引受先とした総額5億円の資金調達を実施したと発表した。 また資
6Picks
無線タグとタクシー搭載のIoTデバイスで徘徊者発見を支援
MONOist
|
Skeedは、第一交通産業と九州ヒューマンメディア創造センターと共同で、無線タグと地区内の中継装置により徘徊者を検出するシステムの実証実験を実施する。タクシーにも中継装置を搭載することで、探索可能な範囲が拡大した。
6Picks
山口県でAI乗り合いタクシーの実証実験 山口第一交通の子会社が実施へ
BITDAYS(ビットデイズ)- キャッシュレス・フィンテックの総合サイト。仮想通貨やスマホ決済の最新情報を発信
|
タクシー事業などを展開する山口第一交通グループの子会社であるREAといさむや第一交通が、AI乗り合いタクシーサービス「Noruuu(ノルー)」の実証実験を開始します。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ