新着Pick
SPD3M5Z01GUFM24B

いすゞ自動車 株式会社

いすゞ自動車株式会社(いすずじどうしゃ、英語: Isuzu Motors Limited)は、主にトラック・バスなどの商用車を製造する日本の自動車メーカーである。1916年(大正5年)創業。 ウィキペディア
東京都品川区南大井6-26-1大森ベルポートA館
03-5471-1141
詳細を見る
概要
「いすゞ」の名は、伊勢神宮(三重県伊勢市)の境内に沿って流れ、神宮における潔斎の場ともなる五十鈴川に由来する。元は商工省標準形式自動車として、前身となったメーカー各社と当時の鉄道省によって1933年(昭和8年)に共同開発された大型自動車(のちのいすゞ・TX・BX系各車の原型)に翌1934年(昭和9年)に付けられた車名である。以後、合併や社名変更などの変遷を経ながら、太平洋戦争直前から戦時中にかけ、大型車両とこれに搭載する高速ディーゼルエンジンの分野で、国策企業として開発をリードした。

太平洋戦争後はトラック・バスなど、大型ディーゼル自動車の生産で日本を代表するメーカーとなった。1953年(昭和28年)以降はイギリス車のヒルマンのノックダウンで乗用車生産にも進出し、総合自動車メーカーを目指した。

かつてはトヨタ自動車、日産自動車とともに日本自動車業界の御三家とも言われていたが、乗用車部門は長らく不振であり、1990年代から経営危機に陥りリストラを繰り返すようになった。

1993年(平成5年)にはワンボックスカーとSUVを除く乗用車の自社開発・生産から撤退し、日本国内では本田技研工業(ホンダ)などからOEM供給を受けて販売を続けた。これは乗用車用ディーゼルエンジンやSUV、ミニバンについてはホンダと相互協力関係にあったためで、2002年(平成14年)に自社生産していたビッグホーンやウィザードなどのSUVを含む乗用車の販売から撤退するまで、ホンダからのOEM供給を受けていた(ただし、撤退後も販売していた初代コモは乗用登録が可能であった)。

また、関連企業との合併による拠点の集約などを行う一方、1万人規模となる極めて大規模な人員削減などを行った。株価が一時、自動車メーカーとしては最低の31円まで落ち込むなど事態は極めて深刻であったが、みずほ銀行やゼネラルモーターズ(GM)の大掛かりな支援があり、加えてディーゼル自動車の排気ガス規制強化(いわゆるNOx規制など)を発端とする商用車(トラックやバスなど)の買い換え特需もあり、再建に成功することができた。

米国ではGMからSUVとピックアップトラックのOEM供給を受けて販売を続けていたが、2009年(平成21年)1月31日をもって販売を終了した。その結果、販売ディーラーは既存ユーザーのためのアフターケア・サポート事業のみ存続していくことになった。、主に個人向けとして販売が行われている車種には、東南アジアや南アフリカなど向けのピックアップトラックとSUVに加え、東南アジアとインド専売のMPVがある。

1971年(昭和46年)から2006年(平成18年)まで米国・ゼネラルモーターズ(GM)が一部のいすゞ株を保有しており、GMの関連会社であったが、2006年(平成18年)4月にGMとの資本関係を解消した。

GMとの資本提携解消後は、同2006年11月7日にトヨタ自動車と資本・業務提携を行うことを発表した。すでにトヨタグループ入りしていた日野自動車とはバス事業を統合してジェイ・バス株式会社の発足を行っており、今後については乗用車用ディーゼルエンジンの開発や環境技術での連携(景気後退により一時凍結)、トラック部門での連携強化の可能性が考えられていたが、2018年(平成30年)8月にトヨタとの資本・業務提携を解消した。

2019年(令和元年)12月、ボルボ・グループと商用車分野での戦略的提携に向けて覚書を締結し、ボルボ子会社のUDトラックスの全株と、UDブランドで展開する海外事業を2020年末までに取得する予定と発表した。2020年10月30日にはUDトラックスを2,430億円で買収し、UDトラックスはいすゞグループ企業となった。

2022年(令和4年)5月には、横浜みなとみらい地区(58街区)に建設中の横濱ゲートタワーに本社や関連会社などを移転予定と発表された。移転予定地の近隣には日産自動車グローバル本社が所在する。

三金会の会員企業であり、第一勧銀グループに属する。
代表者
取締役社長 片山 正則
設立年月日
1937-04
従業員数
36,224 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
41 歳
平均年収
7,593,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
16Picks
いすゞが決断したトヨタとの異例の再提携、「多方面外交」が変える商用車の構図 - モビリティ羅針盤~クルマ業界を俯瞰せよ 佃義夫
Diamond Online
|
商用車大手のいすゞ自動車が、ここ数年で他社との提携を加速させている。乗用車のみならず、商用車の世界でもCASE対応などが迫られる中、いすゞが生き残りを懸けた戦いに挑んでいるのだ。その提携戦略の中身とは。
400Picks
【解説】トヨタ×日野×いすゞ。「資本提携」それぞれの思惑
NewsPicks編集部
|
商用トラックの「二強」タッグが、トヨタ主導で成立した。3月24日、トヨタ自動車、日野自動車、いすゞ自動車の3社は提携を発表。商用車(トラック)の分野で激しく競ってきた日野といすゞが手を組むことに...
24Picks
いすゞ北米部門、米自動運転スタートアップ企業Gatikと提携
Reuters
|
[6日 ロイター] - 米シリコンバレーの自動運転のスタートアップ企業Gatikと、いすゞ自動車傘下のいすゞノースアメリカコーポレーションは6日、自動配送トラックの開発で提携すると発表した。Gatikが小売り分野の顧客向けに活用するという。
44Picks
車両の情報で物流効率化支援 トヨタなど、ビッグデータ活用へ
共同通信
|
車両の情報で物流効率化支援 トヨタ自動車はいすゞ自動車、日野自動車と組み、車両の通信技術を活用した物流の効率化支援に乗り出す。人...
66Picks
ライバルのいすゞと日野が協業? なぜそこにトヨタも?
トヨタイムズ
|
トヨタは、なぜ商用事業に加わったのか? ライバル同士のいすゞと日野は、なぜ手を組んだのか? その真意に迫る。
18Picks
トヨタ、いすゞ、日野の3社長が会見へ
共同通信
|
トヨタ、いすゞ、日野の3社長が会見へ
81Picks
日産116万台リコール=他社供給含め38車種-無資格検査問題で
時事ドットコム
|
日産自動車は6日、新車の完成検査を無資格の従業員が行っていた問題を受け、乗用車など38車種、計約116万台をリコール(回収・無償修理)すると国土交通省に届け出た。対象は2014年1月6日~17年9月19日製造で、日産車28車種のほか、いすゞ自動車、スズキ、マ
51Picks
いすゞ、ボルボと戦略的提携 UDトラックスを2430億円で取得
Reuters
|
[東京 30日 ロイター] - いすゞ自動車<7202.T>は30日、スウェーデンのボルボ・グループ<VOLVb.ST>と商用車分野での戦略提携に関する基本契約を締結したと発表した。いすゞはこの契約の中で、ボルボ・グループ傘下のUDトラックス(埼玉県上尾市)を2430億円で取得する。
80Picks
生き物に見られる「群知能」を宅配に応用、いすゞが提案する未来の配送
MONOist
|
いすゞ自動車は「第45回東京モーターショー 2017」において、昆虫などの群知能に着目したデザインコンセプトや、6輪駆動車両などを出展する。
78Picks
商用車も「電動化」の波、コスト要求に苦悩するメーカー
ニュースイッチ
|
環境規制の強化により、自家用車を中心とした電動化の流れが商用車にも広がってきた。三菱ふそうトラック・バスは10月に世界初となる量産型の小型電気トラックの供給を開始。いすゞ自動車も2018年にモニターでの投入を予定する。だが、働く車であるトラックなどの商用車は、ユーザーにとって「道具」の一つ。コスト要求も厳しく、商用車メーカーの頭を悩ませている。 11月、企業家のイーロン・マスク氏率いる米テス...
40Picks
具体的な進展なくトヨタと提携解消…いすゞの戦略どうなる
ニュースイッチ
|
いすゞ自動車がトヨタ自動車との資本提携を解消することで合意した。トヨタが保有するいすゞの全株式をいすゞに売却する。両社は2006年11月に小型ディーゼルエンジンの開発などで協業を始めたが、具体的な進展なく約12年で資本関係の解消という結果になった。商用車業界では次世代技術の開発競争激化を背景に、グループの枠を超えた提携が進む。今後はいすゞがどのような提携戦略を描くかが焦点になる。 「トヨタさ...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ