新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD3L9Y8RFX2SXT3

株式会社講談社

株式会社講談社(こうだんしゃ、英語: Kodansha Ltd.)は、日本の大手総合出版社である。創業者の野間清治の一族が経営する同族企業。 ウィキペディア
東京都文京区音羽二丁目12番21号
詳細を見る
概要
創業者の野間清治により1909年(明治42年)11月に「大日本雄辯會」(だいにっぽんゆうべんかい)として設立される。当初は弁論雑誌である『雄辯』を出版していた。「講談社」の名称はその名の通り「講談」に由来するもので、『講談倶楽部』を創刊した1911年(明治44年)から大日本雄辯會と併せて使用した。評論家の徳富蘇峰は、戦前の少年や青年たちに大きな影響を与えた講談社を「私設文部省」と評した。

1938年(昭和13年)10月に野間恒が2代目社長に就任すると共に株式会社に改組、同年11月に野間左衛が3代目社長に就任した。1945年(昭和20年)に野間省一が4代目社長に就任し、1958年(昭和33年)に「株式会社講談社」と改称。その後1981年(昭和56年)に野間惟道が5代目社長、1987年(昭和62年)に野間佐和子が6代目社長、2011年(平成23年)に野間省伸が7代目社長に就任し、現在に至る。

「面白くて為になる」をモットーに、戦前から大衆雑誌『キング』・『少年倶楽部』などの様々な雑誌や書籍を出版した。『吉川英治全集』・『日本語大辞典』などを出版する傍ら、多数の文学賞を主宰する。

集英社・小学館(両社とも一ツ橋グループに所属)と並ぶ日本国内の出版業界大手であり、一時は年間売上高が2000億円を超えていたこともあった。しかし、近年はいわゆる「出版不況」により売上が減少、2002年(平成14年)には戦後初の赤字決算となった。また最盛期には小学館に約500億円の差を付けていたものの、2006年(平成18年)は売上高が1456億円まで落ち込み、1470億円を売り上げた小学館に抜かれた。2007年(平成19年)にはその小学館を上回ったが、2009年(平成21年)以降は集英社に抜かれた。2016年(平成28年)以降は再び両社の売り上げを上回っている。

2002年(平成14年)と2006年(平成18年)のFIFAワールドカップの際にはそれぞれFIFAオフィシャルブックとして、2002 FIFAワールドカップ『公式ガイドブック』・『公式プログラム』・『公式写真集』(総集編)、2006 FIFAワールドカップ『公式ガイドブック』・『公式総集編』を刊行している。

1982年以来、グラビア・ミスコンテストであるミスマガジンを何度かの中止を挟みながら開催してきたが、2012年からは新たにグラビアに限定しない女性アイドルオーディションであるミスiDを開催している。

ディズニーキャラクターを使用した書籍の出版権を持っており、東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーとして東京ディズニーランドにトゥーンタウンを、東京ディズニーシーにレジェンド・オブ・ミシカ(2014年9月7日にショー自体が終了するため、提供を終了)、タートル・トーク(2014年9月4日から)を提供している。

社屋本館の正面に東京メトロ護国寺駅の6番出入口がある。
代表者
野間省伸(代表取締役社長、7代目)
設立年月日
1938-12-01
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
185Picks
「心はプログラマだった」故・ヤフー井上雅博、15期無敗の秘訣
Forbes JAPAN
|
ヤフージャパンを1兆円企業に育て上げた名経営者、井上雅博氏。2017年4月25日、クラシックレース参加中の事故で逝去した同氏の評伝『ならずもの 井上雅博伝 ──ヤフーを作った男』(講談社)が今年5月に上梓された。趣味の人としても知られる井上・・・
11Picks
地銀再編のカギは「合併」ではなく「機能統合」
月刊誌「Wedge」のウェブ版
|
累計30万部を突破した「捨てられる銀行シリーズ」の第4弾となる『消えた銀行員 地域金融変革運動体』(講談社現代新書)をこのほど上梓した、共同通信編集委員の橋本卓典さん。従来の銀行という枠組みをなぜ越えて行かなければならないのか? そして、「地銀は数が多すぎる」という菅義偉首相のコメントからも注目が集まる地銀再編問題などについて聞いた。
12Picks
元銀行員芸人が語る!出世競争のスタートを決める「銀行の就活事情」
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
講談社・現代ビジネス発の「半沢直樹」倍返し情報部では、「半沢直樹」シリーズの最新刊先行公開から、ドラマのキャストインタビューまで、さまざまな「半沢直樹」コンテンツを毎日お届け!「半沢直樹」の舞台である金融・銀行業界って実際はどんな感じなの?そんな疑問に元銀行員芸人のおたまじゃくし・中西亮太がお答えします!これで「半沢直樹」を10倍楽しめるかも!?
45Picks
講談社、ゲーム開発者に年間1000万円を支給する「講談社ゲームクリエイターズラボ」を立ち上げ 創業111年目の試み
ITmedia ビジネスオンライン
|
講談社は、ゲーム開発者を支援するプロジェクト「講談社ゲームクリエイターズラボ」を立ち上げた。選考によって選んだメンバーに対して、半年ごとに500万円、最大2年間で2000万円の開発支援金を支給する。
25Picks
竹中平蔵と小池百合子、メディアによって作られた「二人の怪物」
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
小池百合子東京都知事の「人生の虚実」に鮮烈に切り込み、今年5月に発売されるやいなや20万部のベストセラーになったノンフィクション『女帝 小池百合子』(文藝春秋社)。その著者である石井妙子氏と、経済学者・竹中平蔵氏の知られざる素顔に迫った2013年の傑作評伝『市場と権力』(講談社、9月15日に『竹中平蔵 市場と権力』として文庫版が刊行)の著者である佐々木実氏が対談を行った。
327Picks
【長沼伸一郎】世界を変えるための「戦略」を語ろう
NewsPicks編集部
|
「資本主義の本質」を、万人が理解できる言葉で解き明かした書として大きな反響を呼んでいる『現代経済学の直観的方法』(講談社)。著者である独立系物理学者の長沼伸一郎氏は、「現在の資本主義経済は、一部...
231Picks
茂木健一郎の「人工知能は人間の仕事を奪うのか」に対する答え
Diamond Online
|
なぜ私たちには意識があるのか?この問いについて、「クオリア」というワードを鍵に挑んできた脳科学者・茂木健一郎氏が、16年ぶりに「意識」「クオリア」とがっぷり四つに組んだ新著『クオリアと人工意識』(講談社現代新書)を出版した。なぜ今、長年の沈黙を破ったのか?茂木氏の真意に迫った。
775Picks
【10分読書】いま改めて、「資本主義」を問い直す
NewsPicks編集部
|
本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、毎週土曜日に話題のビジネス本の要約をお届けする「10分読書」。今回は、『資本主義と闘った男』(講談社)だ。ぜひ、週末のひとときで新たな知識を手に入れてほし...
12Picks
狙いは世界3%の富裕層 いま日本に「ハイエンドトラベル」が必要な理由
Forbes JAPAN
|
昨年の今頃、私は『グローバルエリートが目指すハイエンドトラベル』(講談社)を出版しました。その時はまさか一年後の世界がこうなっていようとは、想像もつきませんでした。新型コロナウイルスの再流行やウイルスの変異なども懸念される一方で、長い巣篭も・・・
24Picks
天才イーロン・マスク「スペースXの偉業」と「コロナ懐疑論」を語る | 「叩き上げのビリオネア」か、「ツイッターの失言王」か
クーリエ・ジャポン
|
民間宇宙船の初有人飛行の成功で世界を歓喜に包み込んだかと思えば、コロナ危機に関する問題発言をツイートして大炎上を起こす。常人には理解不能な行動でつねに世間の注目を浴びるマスクの行動原理を、『イーロン・マスク 未来を創る男』(講談社)の著者が丹念な取材をもとに解き明かす。「コロナの流行はすぐに終わる」宇宙スタートアップの「スペースX」とEV(電気自動車)製造企業「テスラ」の両社が倒産の危機に瀕してい
1493Picks
新しいアイデアを生む人の「積み上げ」の習慣
東洋経済オンライン
|
マルコム・グラッドウェル氏の著作『天才!成功する人々の法則』(講談社)には「10000時間の法則」と呼ばれる、大きな賛否を呼び起こした考え方が紹介されています。たとえばプロレベルのバイオリン奏者になるの…
1459Picks
【佐渡島庸平】質を高めても売れない時代がやってきた
NewsPicks編集部
|
講談社で編集者をしているときのぼくは「どうすればいい作品ができるのか」ということだけを考えてきました。 新入社員時代に先輩から「作品が完成したと思ったあとに、『まだまだよくなる』と信じて、しんど...
166Picks
検索&クリックで寄付、ゴミ・フードロス削減…世界のSDGsの働き
FRaU | 講談社
|
講談社が刊行するワンテーママガジン『FRaU(フラウ)』の公式WEBサイト。SDGs、結婚・子育て、インタビュー、旅など、幅広いカテゴリから、真の心地よい生き方を目指す女性たちのための最新情報をお届けします。中村仁美・折原みと・福田和子・島沢優子・河合蘭など、信頼できる視点と心を持った執筆陣でお届け!
1157Picks
「収入/睡眠時間」を犠牲にしてまで、「夢/やりがい」を追求できる人は少ない。
Books&Apps
|
『二度寝とは、遠くにありて想うもの』(津村記久子著/講談社文庫)という、芥川賞作家・津村記久子さんのエッセイ集で、こんな文章を読みました。 必死に「やりがい」を求めて、エントリーシート提出のための説明会も含めると四回もの…
1118Picks
“常識”に抗い、自ら仕事を創り出せ
NewsPicks編集部
|
佐渡島:僕が講談社を辞めようと考え始めたきっかけって、堀江さんなんですよ。 堀江さんがまだ逮捕される前、一緒に飲んでいたときに「これからは表現したい人が増えていく。でもプロデュースできる人間はほ...
1039Picks
2016年のビジネス書ベストセラー20選(前編)
Business Insider
|
1位『イーロン・マスク 未来を創る男』アシュリー・バンス著(邦訳:講談社)ジャーナリストのアシュリー・バンスが40時間以上を費やして、イーロン・マスク本人と約300人の同僚、友人、家族にインタビ...
992Picks
【佐渡島庸平】独立するつもりのなかった僕が、起業できた理由
NewsPicks Brand Design
|
 名刺と聞いて、いまでも忘れられないのは新卒で入社した講談社の新人研修で当時の社長・野間佐和子さんがおっしゃっていた言葉です。 「講談社の名刺を持っていて会えない人は、ほぼいません。でもそれは決...
725Picks
講談社、誰でも電子書店を作れる「じぶん書店」スタート 売上の1割をユーザー還元
ITmedia NEWS
|
売り上げの10%が、専用コインでユーザーに付与される。
697Picks
集英社、講談社、小学館のデジタルマンガ戦略とは?
ITmedia ビジネスオンライン
|
出版不況が続く中で、重要性が高まり成長している電子書籍市場。特に伸びが著しいのはマンガだ。集英社、講談社、小学館といった大手出版社は、デジタルマンガを売るためにどのような戦略を立てているのだろうか?
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ