新着Pick
SPD3HUPZ7P8K7MUA

三洋化成工業 株式会社

三洋化成工業株式会社(さんようかせいこうぎょう、英語: Sanyo Chemical Industries, Ltd.)は、日本の化学メーカー。界面活性剤・高吸水性樹脂が主力。豊田通商と東レの関連会社。 ウィキペディア
京都府京都市東山区一橋野本町11-1
075-541-4311
詳細を見る
代表者
代表取締役社長 安藤 孝夫
設立年月日
1949-11-01
従業員数
2,060 人
上場年月日
1968-05-20
平均年齢
39 歳
平均年収
7,360,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
16Picks
次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」開発のAPBが追加調達、福井県での第一工場設立目指す
TechCrunch Japan
|
次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」(All Polymer Battery)の開発を行うAPBは12月21日、第三者割当増資により、追加の資金調達を実施したと発表した。引受先は、三洋化成工業、新東工業および三菱UFJキャピタル7号投資事業有限責任組合。前回(2020年6月30日)および前々回(2020年3月4日)に発表した第三者割当増資と合わせ、累計調達金額は100億円となった。 調達...
43Picks
日本触媒がEV電池向け電解質を増産、5000トン体制への道筋
ニュースイッチ
|
日本触媒の五嶋祐治朗社長は22日、日刊工業新聞のインタビューに応じ、リチウムイオン電池向け材料「イオネル」の年間生産能力を2030年までに約5000トン(23年時点で2400トン)以上に引き上げる方針を明らかにした。世界的な電気自動車(EV)の需要拡大に対応する。一方、業績悪化で三洋化成工業との経営統合を中止したことについて、五嶋社長は「我々の方が新型コロナウイルスの影響による耐性が弱かった...
39Picks
コロナの影響で経営統合が白紙 日本触媒と三洋化成工業
共同通信
|
コロナの影響で経営統合が白紙 化学製品大手の日本触媒と三洋化成工業は21日、2021年4月に予定していた経営統合を中止すると発表し...
151Picks
切っても燃えない!折り曲げOKなリチウム電池のすごさ
ニュースイッチ
|
電池開発ベンチャーのAPB(東京都港区)は三洋化成工業と共同で、ハサミで切っても、ドリルで穴を開けても発火せず、折り曲げも可能な平板状の「全樹脂型リチウムイオン電池(LiB)セル」を開発した。三洋化
76Picks
日産が「全樹脂電池」で技術供与、ベンチャーが定置用蓄電池向けに量産へ
MONOist
|
日産自動車は2020年4月16日、次世代リチウムイオン電池の1つである「全樹脂電池」を開発するAPBと、バイポーラ電極構造の全樹脂電池の要素技術に関する特許やノウハウの実施許諾契約を締結したと発表した。APBは、日産自動車と全樹脂電池を共同開発してきた三洋化成工業とも同様の契約を結んだ。
22Picks
2030年に“1兆円企業”に、三洋化成と日本触媒の統合効果
ニュースイッチ
|
三洋化成工業と日本触媒は2020年の経営統合によるシナジー創出と、既存電池と構造が異なる新型電池事業の拡大で、2030年までに売上高1兆円を目指す。両社の2019年3月期売上高の単純合算は5113億
13Picks
統合を半年延期した日本触媒と三洋化成、有数の機能性化学品メーカー誕生への壁
ニュースイッチ
|
日本触媒と三洋化成工業は、10月に予定していた経営統合を2021年4月に延期した。日触は2月に20年3月期連結業績予想を大幅に下方修正。加えて新型コロナウイルス感染拡大で「事業環境が大きく変化した」(三洋化成の安藤孝夫社長)ため、当初三洋化成1に対し日触1・225で合意した統合比率を見直す。日本の化学業界で久々の大型再編だけに、両経営陣には時機を逸しない決断力と、強い求心力を持ったかじ取りが...
13Picks
三洋化成と日本触媒、素材企業の力を活かし電池開発
ニュースイッチ
|
10月に経営統合する三洋化成工業と日本触媒が新型電池の開発を加速する。主力の高吸水性樹脂(SAP)に次ぐ主力事業に育てる意向だ。三洋化成の子会社のAPB(東京都千代田区)は2021年秋に新型リチウムイオン二次電池「全樹脂電池」の量産を計画。日本触媒は一般の鉛蓄電池比で100倍の長寿命を実現した「カーボン―亜鉛ハイブリッド蓄電池」を開発、早期実用化を目指す。素材企業ならではの強みを生かし、電池...
12Picks
リチウムイオンの次は…新世代蓄電池、京都の大手企業で開発加速
京都新聞
|
安全性や性能に優れた次世代型の蓄電池の開発を、京都の大手メーカーが活発化させている。村田製作所は26日、小型の「全固体電池」を開発し、2020年度に量産を始めると発表。三洋化成工業も開発中の「全樹脂電池」の実用化試験を10月に始める方針だ。蓄電池需要が拡大を続ける中、各社は有力な成長事業と見込んで開発や生産の投資を加速する。
10Picks
三洋化成の「全樹脂電池」 10年後1000億円規模に 3Dプリンターで複雑な形状も
財経新聞
|
「リーフ」のリチウムイオン電池開発を行ってきた日産自動車出身で慶應義塾大学大学院の堀江英明特任教授と、三洋化成工業は、2021年秋にも、「全樹脂製」リチウムイオン電池の生産を開始するとした。
9Picks
経営統合が破談になった三洋化成、「全樹脂電池」に1000億円投資で成長路線示す
ニュースイッチ
|
日本触媒との経営統合が破談となり、単独での成長戦略を進める三洋化成工業。巨大化する化学メーカーや勢いを増す新興国メーカーに対抗し、生き残っていく上で期待を寄せるのが新型リチウムイオン二次電池「全樹脂電池」だ。関係会社のAPB(東京都千代田区)が5月から世界で初めて量産する。カーボンニュートラルの潮流に乗り、大化けする可能性を秘める。 「世界を変えると確信し、9年前から堀江英明最高経営責任者(...
9Picks
服装自由化、Tシャツ・スニーカーもOK 三洋化成、働き方改革
京都新聞
|
三洋化成工業は、今月から社員の服装を自由化した。男性社員はスーツやワイシャツなどを着用しなくてもよく、女性社員も事務服の貸与制度を廃止した。働き方改革の一環で、同社は「社員の意識改革を進めたい」としている。
9Picks
三洋化成、新型リチウムイオン電池製品化へ 高容量「全樹脂型」
京都新聞
|
三洋化成工業は2020年度をめどに、開発中の新型リチウムイオン電池(LiB)を製品化する。新しい製造法を用いて機能性を高めた「全樹脂型」の製品で、大規模蓄電池などの幅広い用途での展開を目指す。10年後には電池事業の売り上げ規模を1千億円程度に育てる考えだ。
9Picks
三洋化成、中国で潤滑油添加剤を増産
ニュースイッチ
|
三洋化成工業は自動車のエンジンオイルなどに添加し省燃費化などに役立つ潤滑油添加剤の中国での増産を検討する。環境対策や省エネルギー化への意識向上で、中国の潤滑油添加剤需要の伸びを見込む。2016年1月から生産を始めた中国の生産拠点は年産能力5000トンだが、同1万トン程度までは増強できる見込み。 中国で増産を検討する潤滑油添加剤は「アクルーブ」シリーズ。潤滑油に5―10%添加すると、温度変化に...
8Picks
日本触媒と三洋化成工業、20年10月に経営統合へ
Reuters
|
[東京 29日 ロイター] - 日本触媒<4114.T>と三洋化成工業<4471.T>は29日、2020年10月に経営統合することを検討すると発表した。統合を通じて販売・製造・研究などの機能で経営資源を結集、経営基盤を拡大し、事業変革・競争力強化を実現するとしている。株式移転比率は、19年12月をめどに締結を予定する最終契約で定める方針。
5Picks
三洋化成・APB・グンゼ、世界で初めて全樹脂電池を量産 EV向けで2025年以降実用化
日刊自動車新聞 電子版
|
左から全樹脂電池セル、樹脂集電体 三洋化成工業と子会社のAPB(堀江英明社長、東京都千代田区)は9日、グンゼの協力を得て、全樹脂電池を世界で初めて量産すると発表した。今年10月にAPBが福井県武生市に新設する工場で定置用やモビリティ…
4Picks
全樹脂電池集電体を量産化へ、三洋化成とグンゼが覚書
ニュースイッチ
|
【京都】三洋化成工業と関係会社APB(東京都千代田区)、グンゼは9日、新型リチウムイオン二次電池「全樹脂電池」の構造部材である樹脂集電体の量産と供給に関する覚書を交わしたと発表した。10月からAPBが量産する同電池向けに、グンゼが年間数ギガワット時分の樹脂集電体を守山工場(滋賀県守山市)で生産する体制を整備した。脱炭素化の流れを受けて拡大する市場を見据え、3社で最適な生産体制の構築を目指す。...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ