新着Pick
SPD2JET1Y4PTRBKY

Intel Corp

インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
2200 Mission College Boulevard Santa Clara California United States
+1 408 765-8080
詳細を見る
概要
主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリなどの設計開発・製造・販売を手掛けている。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむアーキテクチャ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64などのCPU(マイクロプロセッサ)があり、パーソナルコンピュータではPC/AT互換機やアップルのMacintosh(ただし、アップルは徐々に自社開発のプロセッサに切り替えると発表している。)に使われているほか、ワークステーションやサーバー、データセンター、モバイルデバイス向けの製品も扱っている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。アクセラレーター系プロセッサーに関しては、主にCPU統合型GPU (iGPU) およびXeon Phiと呼ばれるMIC (Many Integrated Core) を手掛けている。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界のPC向けCPU市場2020年現在60%近いシェアを維持している。

海外事務所は50ヵ国以上、製造・研究拠点は8ヵ国17拠点にある。特にイスラエルの拠点は大きく、2007年現在で7000人の従業員を擁している。

また、カリフォルニア州サンノゼ市にある半導体製造工場には、インテルの歴史を紹介するインテル博物館が併設されている。

日本法人(インテル株式会社)は、東京都千代田区(東京本社)に本社を置く。1971年に渋谷区に設置された米国法人の日本支社が前身である。その後、1976年4月28日に世田谷区にインテルジャパン株式会社が設立され、1997年2月1日に現在の商号に変更した。1981年に設立されて本社機能を持っていたつくばオフィスは2016年12月に閉鎖し、業務は1990年から二本社制の片翼を担っていた東京に移管された。
代表者
Omar S. Ishrak (Chairman),Patrick P. Gelsinger (Chief Executive Officer)
設立年月日
1989
従業員数
110,600 人
上場年月日
1971-10-13
上場市場
ナスダック,イタリア取引所,ウィーン証券取引所,サンティアゴ証券取引所,サンパウロ証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,ブリュッセル証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,モスクワ証券取引所,ロンドンインターナショナル市場,香港証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
45Picks
米半導体のSiFiveにインテルが買収を打診-関係者
Bloomberg
|
米半導体新興企業のSiFiveに業界大手のインテルから買収の打診があったと、複数の関係者が明らかにした。部外秘情報だとして匿名を条件に話した関係者の1人によれば、インテルが打診した買収案は20億ドル(約2200億円)を超える。
744Picks
【解説】なぜ今、半導体最大手TSMCがつくばに拠点を作るのか
NewsPicks編集部
|
あの台湾TSMCがつくばに設立する拠点の正体とは。インテルやサムスンなど半導体テクノロジーを巡り、あまり表に出てこなかった後工程と、3次元実装について焦点をあてる。
44Picks
アップル、「マックブック・エア」など複数製品を改良-関係者
Bloomberg
|
米アップルは複数のノート型およびデスクトップ型パソコン(PC)を対象に新製品を発表する準備を進めている。新製品はより高速のプロセッサーが搭載されているだけでなく、デザインが新しくなり、外付けデバイスとの接続性も改良されている。アップルはプロセッサーを従来のインテル製から自社製へと切り替えを加速させている。
83Picks
キオクシアが2兆円で新工場。3次元NAND量産で世界大手に勝てるか
ニュースイッチ
|
キオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)は北上工場(岩手県北上市)にNAND型フラッシュメモリーの新製造棟を建設し、2023年に稼働する。総投資額は約2兆円に上る見込み。クラウドサービスや第5世代通信(5G)普及などの技術トレンドが中長期的な需要拡大を後押しする。巨額投資で世界最大手の韓国・サムスン電子や米インテルから事業買収するSKハイニックスに挑む。 キオクシアが北上工...
70Picks
インテル、Mobileye本社に4億ドル投資 自動運転の一大拠点化へ
自動運転ラボ
|
米半導体大手の米インテルは2021年5月7日までに、イスラエルでの研究開発拡充に6億ドル(約656億円)を追加投資する方針を発表した。 自動運転ラボとして注目したい点は、そのうち4億ドルを傘下のイスラエル企業Mobile […]
284Picks
インテルCEO、世界的な半導体不足は2-3年続く可能性
Bloomberg
|
米インテルのパット・ゲルシンガー最高経営責任者(CEO)は2日、産業を広範囲に混乱させている世界的な半導体不足について、2-3年解消されない可能性が強いとの見解を明らかにした。  同CEOはCBSニュースの番組「60ミニッツ」で、同社が増産と自動車産業の半導体不足に対処するため一部の工場を再編しているが、供給の緊張緩和が始まるだけでも少なくとも数カ月を要する可能性があると述べた。インタビューのテキストの抜粋が事前に公表された。  同CEOは「ビジネスのすべての側面で、この需要急増にわれわれが追い付くには2-3年かかる」と語った。
35Picks
欧州委員、インテルCEO・TSMC幹部と会談へ 半導体不足めぐり
Reuters
|
[パリ/ベルリン 23日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会は23日、ブルトン委員(域内市場担当)が米半導体大手インテルのゲルシンガー最高経営責任者(CEO)と30日に会談すると発表した。欧州委は、輸入半導体への依存度を低下させたいと考えている。
21Picks
インテル、第2四半期利益見通しが市場予想下回る 株価下落
Reuters
|
[22日 ロイター] - 米半導体大手インテルは22日、通期の売上高見通しを引き上げた。ただ、第1・四半期のデータセンター向け半導体事業の売上高や第2・四半期の利益見通しがアナリスト予想を下回った。インテルは半導体の高速化により競合他社に対し巻き返しを図ろうとしているが、前途の厳しさが示された。
23Picks
Aマドリード、インテル、ACミラン、ユベントスが欧州スーパーリーグか脱退 参加クラブわずか2チームに
東スポWeb
|
世界中を騒然とさせた欧州スーパーリーグ(ESL)からイングランド勢に続いて、さらに4クラブの撤退が決...
55Picks
AI時代の覇者NVIDIAの新Arm CPUが単なる「インテル対抗」ではない理由
Business Insider Japan
|
NVIDIAが「Grace」というCPUを発表した。2020年NVIDIAとソフトバンクが合意した、「ソフトバンクが持つArm社の株式をNVIDIAに売却する」というスキームの効果が早くも出てきた形だ。 Graceは、Armが設計する次世代のNeoverse(ネオバース)というCPUのIPデザイン(...
446Picks
エヌビディア、アームをベースにしたCPUを投入へ-インテルを猛追
Bloomberg.com
|
米半導体メーカー、エヌビディアは12日、同社初となるサーバーマイクロプロセッサーの投入を明らかにした。米インテルにとって最も収益性の高い市場にさらに食い込み、同社を猛追する。このニュースを受け、米株式市場でインテルの株価が下落、一時5.2%下げた。一方、エヌビディアは一時6%余り上昇した。
48Picks
インテル、自動車向け半導体生産で協議 6─9カ月以内に=CEO
Reuters
|
[12日 ロイター] - 米インテルは、自動車業界の半導体不足問題を受け、同業界向けに半導体を生産するための協議を行っている。パット・ゲルシンガー最高経営責任者(CEO)が12日、ロイターに明らかにした。
51Picks
インテルの「ヘイトスピーチを排除するAI」が物議を醸す理由
Forbes JAPAN
|
インテルは先月、ゲームの利用者たちがゲーム内で耳にする様々な種類のヘイトスピーチを検閲するAI(人工知能)プログラム「Bleep」をリリースすると発表した。しかし、このソフトは、ゲーマーがヘイトスピーチの出現頻度をスライドバーで選択可能にな・・・
587Picks
【3分解説】GAFAも歓迎する巨額投資「インテルの野望」
NewsPicks編集部
|
世界最大手の半導体メーカー・米インテルが、2兆円規模(約200億ドル)の大型投資を決めた。投資内容は、これまでやってきた自社ブランド製品の事業だけでなく、他社ブランド製品の製造請負(ファウンドリ...
54Picks
インテルはもうTSMCに勝てない?半導体・MEMS市場の行方を東北大 田中教授が解説
ビジネス+IT
|
半導体技術を生かしたMEMS(微小電子機械システム)の権威である、東北大学 大学院工学研究科 田中 秀治教授。同氏は登壇したイベントで、「インテルとTSMCの製造技術の差は開くばかり」だと述べた。半導体業界の“王者”インテルと、最大手の半導体受託工場であるTSMC。両者の現在地とは?また、同氏が指摘する「ファブレスモデルの落とし穴」とは何か。半導体・MEMSの最新動向から国内製造業復活への提...
124Picks
英アーム、10年ぶりの大幅技術刷新を発表-インテルに照準
Bloomberg
|
半導体設計の英アームは30日、プロセッサーの最新アーキテクチャー「Armv9」を発表した。約10年ぶりの大幅な技術刷新で、半導体メーカー最大手の米インテルが現在支配する市場を照準に定めた。
29Picks
NTTが挑む壮大な次世代通信インフラ構想「IOWN」は世界で主導権を握れるか?
@DIME アットダイム
|
急速に進歩してきた半導体とネットワークの限界が見え始めた。インテル創業者の一人であるゴードン・ムーア氏は、1965年に発表した論文で「半導体の集積率は18か月で2倍になる」と唱えた。後に「ムーアの法則」...
326Picks
米インテル、半導体生産の大規模投資を発表-TSMCと直接競争へ
Bloomberg.com
|
米インテルは23日、新たな工場の建設で大規模な投資を行い、他社向けに半導体を製造するファウンドリー(受託生産)事業に乗り出す計画を明らかにした。半導体製造でリーダー的地位を取り戻すことを目指している。発表を受け、インテルの株価は一時約6%上昇した。
26Picks
“2兆円工場”で攻めるインテルが半導体業界を「激震」させた理由地政学的リスクは次のトレンドか
Business Insider Japan
|
世界最大の半導体メーカー、インテルが3月23日に発表した新経営戦略は、半導体業界の多くの関係者に驚きをもって迎えられた。 インテルが発表した新しいビジネスモデル「IDM 2.0」は、同社の従来のビジネスモデル「IDM」(Integrated Device Manufacturer、垂直統合型半導体製...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ