新着Pick
SPD2FOOL3NVH8NSB

美津濃 株式会社

ミズノ(登記上の商号:美津濃株式会社、英語: Mizuno Corporation)は、大阪府大阪市住之江区南港北に本社を置く、日本の総合スポーツ用品メーカーである。 ウィキペディア
大阪府大阪市住之江区南港北1丁目12番35号
06-6614-8000
詳細を見る
概要
創業は1906年(明治39年)4月1日で、長年にわたってスポーツ振興に力を注ぎ、小さなスポーツ大会からオリンピックをはじめとするさまざまな国際大会にいたるまで幅広く協力。世界屈指の総合スポーツ用品メーカーとして、国内外から高い評価を受けている。同じ大阪府に本社を置くデサント、ゼット、エスエスケイ、ザナックス、ヒットユニオン、兵庫県神戸市に本社を置くアシックスと並ぶ関西のスポーツ用品メーカーの一つ。

1976年4月の『キングズゴルフ』開始から2002年3月の『福山エンジニアリング』放送中での帝人への交代までの26年間、毎週土曜日23時台前半の関西テレビ制作・フジテレビ系列で放送されていた番組のスポンサーを担当していたことでも知られる。

美津濃とは、自身の苗字「水野」ではふさわしくないと考えた創業者水野利八が故郷の旧名(美濃)の間に津(実家が木材問屋)を当て、会社に人材が集まり、店が発展した時、子孫以外の人材に立派な才能を持った人が現れるように願いを込めたものである(こうした経緯から、漢字で「美津濃」と書いてもカタカナ表記では「ミヅノ」とならずに「ミズノ」であり、ローマ字表記でも"Miduno"や"Midzuno"ではなく"Mizuno"となっている)。1987年(昭和62年)、社名表記が漢字の「美津濃」からカタカナの「ミズノ」に統一化されている。

幅広い種目のスポーツ用品・ウェアを手掛けており、中でも野球に関してはイチロー、松井秀喜の二大看板を筆頭にプロ・アドバイザリースタッフが多数存在し、グラブ、スパイクシューズ、バット、バッティンググラブなどの多くの野球用品において圧倒的なシェアを保っている。2011年(平成23年)シーズンからはプロ野球全球団の 統一仕様球 を供給する事となった。また、軟式野球・ソフトボールでは2002年(平成14年)にバット「ビヨンドマックス」を発売。ボールがミートする部分にやわらかい材質がついていて、当たった時にボールが潰れないようにして飛距離を得ることができると評判になり、大ヒット商品になった。

サッカーでは、アディダスやプーマの後塵を拝する形であるが、同社のスパイクシューズ「モレリアII」シリーズはJリーグの選手でも愛用者が多い。参入初期には水島武蔵やカレッカらに愛用された。1993年(平成5年)のJリーグ発足時にはリーグ全チームのリーグ戦用ユニフォームがミズノ製であった。またリバウドが若い頃から愛用していたこともあり、全盛期には彼の足を科学測定したシューズを作りそれを一般販売するなど広告塔としていた。2015年(平成27年)時点では、徳島ヴォルティス、ヴァンフォーレ甲府、愛媛FCの3チームがミズノ製ユニフォームを採用している。

1965年(昭和40年)に、水着では国際的な知名度を有する英国のメーカー、SPEEDO社とライセンス契約を結び、日本における同社ブランド製品の製造・販売のみならず、SPEEDOブランドグループ全体における最先端技術の開発の役割も担ってきた。しかし、2006年(平成18年)、4月1日に創業100周年を迎えたのを機に、『全商品のブランドを“MIZUNO”に統一する』方針を決定。これに基づき、まだ期間が残っていたライセンス契約を2007年(平成19年)5月31日付で打ち切り、以後は自社ブランドの水着を製造・販売することとなった。なお、ライセンス契約については、三井物産に事実上譲渡(三井物産が改めてSPEEDO社と契約)し、契約切れ後直ちに商品展開。三井物産は商品製造をゴールドウインに委託して日本国内での展開を行っている。

2011年1月17日には関西大学との間で、向こう1年間にわたり、教育・研究・文化の振興、人材育成、スポーツ振興、社会貢献などに関わる連携協定が締結された。この協定に基づき、同学の野球部、アメリカンフットボール部、サッカー部、アイススケート部、アイスホッケー部、陸上競技部の6つの体育会各部に対し、同学体育会の統一名称でもある「カイザー」(ドイツ語で「皇帝」の意)を基調としたデザインのユニフォームが供給されることになった。

第二次世界大戦前・中にはグライダーを自社にて開発・製造しており、1941年には同社の301型「ソアラー」が当時の滞空日本記録となる滞空時間10時間33分30秒(高度3600m)を記録(島本真の項も参照のこと)。また軍用グライダーの開発も手がけており、代表的な機体に一式標的機などがある。
代表者
代表取締役社長 水野 明人
設立年月日
1906-04-01
従業員数
3,838 人
上場年月日
1961-10-02
平均年齢
42 歳
平均年収
6,028,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
42Picks
「甲子園のジェット風船禁止」でミズノの買収“空振り” 相乗効果には期待
SankeiBiz
|
新型コロナウイルスの感染拡大でスポーツイベントが中止や規模縮小を余儀なくされるなか、会場で観戦グッズを売る企業もそのあおりを受けている。プロ野球阪神タイガースの…
73Picks
3年で売上2倍に! ミズノのワークビジネスが、伸びている理由
ITmedia ビジネスオンライン
|
ミズノの「ワークビジネス」が伸びている。売り上げを見ると、直近3年間で2倍の規模に。ミズノと言えば「スポーツメーカー」のイメージが強いのに、なぜこの分野にチカラを入れているのか。担当者に話を聞いた。
21Picks
ミズノの当てが外れた甲子園のジェット風船禁止
産経ニュース
|
「グッズを売るためには、会場に観客が入らないとどうにもならない」 こう声を落とすのは、甲子園球場などで観戦グッズを販売するシャープ産業の社員。甲子園球場の休業にともない、4月から全社が臨時休業となった。6月にようやく営業再開にこぎつけたが、イベント頼みの事業をどう盛り返すか頭を悩ます日々だ。
48Picks
コロナ禍も「マスク」に光明、ミズノ社長が考える次の展開は?
ニュースイッチ
|
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、スポーツ大会は中止や延期が相次ぐ。東京五輪・パラリンピックも2021年7月へと1年延期となった。同年5月に予定されるワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西も、再び感染が拡大する現状では不透明だ。今後のスポーツ産業やコロナ禍の対応について、ミズノの水野明人社長に聞いた。 ―足元の状況は。 「無観客試合など少し再開してきたが、4―6月はスポーツ大会が...
176Picks
ミズノの新スニーカー、ジャンプ力がおかしい
ギズモード・ジャパン
|
Image:ミズノニュースリリースチートじゃないのか、コレ。ミズノがとんでもないシューズを出したっぽいです。マクドナルドのピンクスライムをブロブモンスター化させたみたいな外見もそうなんですが、なによりパフォーマンスがすごい。本当にこんなに身軽になれるなら、デザインに目をつぶるからほしいんですけど。パルクールなんて別次元の人がやるスポーツかと思っていましたけど、ミズノエナジーを履いたら、体育の成績で
48Picks
ミズノが本気で開発進める「空飛ぶクルマ」向けシートの中身
ニュースイッチ
|
シートの衝撃吸収装置設計 ミズノがシューズのソール部分に用いているクッション性と安定性を兼ね備えた独自の波形プレート「ミズノウエーブ」の技術を応用し、「空飛ぶクルマ」向け衝撃緩衝装置内蔵シートの開発が進められている。SkyDrive(スカイドライブ、東京都新宿区)や有志団体のCARTIVATOR(カーティベーター)などが2023年の販売を目指す共同開発にミズノも参画。グローバル研究開発部の金...
29Picks
ミズノ史上最高の反発性を実現した新素材は用具開発のノウハウから生まれた
MONOist
|
ミズノは、オンラインプレスカンファレンスを開催し、「ミズノ史上最高」をうたう優れた反発性を実現した新素材「MIZUNO ENERZY(ミズノエナジー)」と、同素材を使用した2つの新シューズを発表した。
420Picks
ミズノマスク2万枚が即完売 繰り返し洗って使える水着素材
スポーツ報知
|
大手総合スポーツ用品メーカーのミズノが販売したマスク2万枚が即日完売したことが16日、分かった。
37Picks
野球用具のアルコール消毒しないで プロ野球開幕前にミズノが呼びかけツイート
J-CAST ニュース
|
2020年シーズンのプロ野球が6月19日に開幕を迎えるなど「野球ムード」が高まる中、スポーツ用品メーカーのミズノ(大阪市)は、バットやヘルメットなどの野球用具をアルコール消毒しないよう呼びかけている。消毒によって樹脂材料の強度の低下などが起こる可能性があるため、だとしている。洗浄は薄めた「中性洗剤」をミズノはバットやグローブを中心に多くの野球用具を製造。日本のプロ野球では読売ジャイアンツの菅野智之
546Picks
アシックスとミズノが“ナイキの厚底”に勝てない「致命的な理由」
マネー現代
|
日本のマラソン・駅伝界ではナイキの厚底シューズが「一強」と言える状況の中、ワールドアスレチックス(旧国際陸連)が新規則でソールの「厚さ」を制限する可能性が高いと報じられ、陸上界を大きく揺るがしている。ここへきて国産メーカーのアシックスとミズノらが反撃に出ようとしているが、それでもナイキの壁を乗り越えるのは至難の技と言えるようだ。
507Picks
ナイキの厚底にアシックスとミズノが反撃 五輪前に新シューズ発売へ
産経ニュース
|
米ナイキ社の厚底シューズが国内外のマラソン・駅伝レースを席巻する中、日本メーカーのアシックスとミズノが反撃に向けて新型シューズの開発を急いでいる。正月の全日本実…
416Picks
名門ミズノは、なぜ時代遅れになったのか
東洋経済オンライン
|
名門スポーツ用品メーカー、ミズノの存在感が薄れている。同社は1906年創業の老舗企業で、野球やゴルフ用…
79Picks
【ミズノ】厚底が生んだ思考の転換と、反撃の一手
SportsPicks編集部
|
「あの白いシューズは、どこの?」2020年箱根駅伝、10区間中9区間の区間賞をナイキのシューズを着用した選手が占めた。ただ、プレスルームで話題になったのは、10区を走り区間賞を獲得した嶋津雄大(...
195Picks
ミズノがライフスタイル市場へ参入
Fashionsnap.com 最新記事
|
ミズノスポーツスタイル ミズノは今春から「ミズノスポーツスタイル」を立ち上げ、スポーツカジュアルを主体とするライフスタイル分野へ本格進出する。その第1弾となるのが2月10日から発売するシューズ。1980年代に人気を博したモデルをモチーフに、現代の感覚にアレンジした4品番12種類を発売する。国内では直営店やシューズ専門店などを中心に販売し、中国、韓国、台湾、香港、シンガポール、タイ、フィリピン...
157Picks
侍ジャパン公式ユニはアシックスへ、ミズノの牙城はなぜ崩れたか
ダイヤモンド・オンライン
|
日本で最も人気があるスポーツである野球。国内野球用品市場では、ミズノが長らく難攻不落のシェアを築いてきたが、2020年開催の東京五輪を前にして、アシックスが牙城を崩さんと攻勢をかけている。
135Picks
燃料電池車の重要部材をあのミズノが作っていた
日経ビジネスオンライン
|
トヨタ自動車が2014年末に世界に先駆けて発売した燃料電池車(FCV)。「MIRAI(ミライ)」と名付けられたそのクルマの特徴の1つが、1回の充填で650kmも走れる航続距離の長さだ。それを実現するために、燃料である水素を700気圧という高圧で圧縮している。その高圧水素タンクに欠かせないのが、炭素繊維強化プラスチックと呼ばれる高機能素材だ。
116Picks
ドラマ「陸王」の"マラソン足袋"を制作したミズノに聞く、もう一つの開発ストーリー
Fashionsnap.com 最新記事
|
現在TBS系列で放送中のドラマ「陸王」で登場する"マラソン足袋"に関心が集まっている。経営不振に陥った老舗足袋業者「こはぜ屋」を舞台にマラソン足袋の完成に至るまでの紆余曲折を描き、役所広司が扮する社長の宮沢紘一をはじめ従業員一同が会社の存続を賭けて奮闘する姿が共感を呼び、人気を博している作品。この「こはぜ屋」の救世主となるマラソン足袋を製作したのがスポーツメーカーの「ミズノ」だ。物語の鍵を握...
97Picks
【ビジネスの裏側】リオ五輪射止めたアシックス、ミズノ、デサントは場外戦で意地、本当の勝負はこれから
産経ニュース
|
リオデジャネイロ五輪が開かれる今年、スポーツ用品各社が商機到来にわき、2020年開催の東京五輪・パラリンピックに向けて国内の機運も高まる。ただ、スポンサー制度の壁が立ちはだかり、企業によっては五輪を販促やマーケティング活動に活用することが制限されているのが現状だ。多額の契約金が必要な公式スポンサーにならなかった企業は、個別の競技団体や選手への売り込みで、五輪をビジネス拡大につなげようと場外の...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ