新着Pick
SPD2EVEEO1U9JF8W

株式会社 セブン&アイ・ホールディングス

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
東京都千代田区二番町8番地8
03-6238-3000
詳細を見る
概要
日本最大のコンビニエンスストア・チェーンのセブン-イレブン・ジャパン、総合スーパーのイトーヨーカドーやディスカウントストアのザ・プライスを運営するイトーヨーカ堂、百貨店の西武・そごうを運営するそごう・西武、東北地方などを中心に展開するスーパーのヨークベニマルなどを中心とする日本の企業グループである。持株会社化前はアイワイグループ (IY Group) と称した。

2019年7月11日、沖縄県にセブン-イレブンが初出店したことで、全国47都道府県への小売店舗展開を完了した。

以前はイトーヨーカ堂を中核会社とする企業グループであった。しかしイトーヨーカ堂の業績が伸び悩み、業績を立て直す必要があった。一方で、子会社のセブン-イレブン・ジャパンの業績は好調で、セブン-イレブン・ジャパンがグループの中心的な存在になっていた。そのため、セブン-イレブン・ジャパンの株価の時価総額が筆頭株主たるイトーヨーカ堂を上回る状態となり(いわゆる「親孝行会社」になった)、同社が買収の対象となりやすい状況にあった。

ちょうどその頃に、ライブドアによるニッポン放送買収問題が発生し(ニッポン放送の経営権問題)、敵対的買収への防衛策について注目が集まった。そこで、イトーヨーカ堂が子会社の業績に頼らない経営、および敵対的買収からの防衛を目的として、持株会社制への移行を決定。2005年9月1日、イトーヨーカ堂、セブン-イレブン・ジャパン、デニーズジャパンの三社で、持株会社「セブン&アイ・ホールディングス」を株式移転により設立して経営統合を行った。この持株会社のロゴマークはセブン-イレブンのロゴを元にしている。また近年では事業の中核がイトーヨーカ堂からセブン-イレブン・ジャパンへと移りつつある。

2005年、株式上場することで敵対的M&Aの標的になることを危惧した西武百貨店社長の和田繁明から、セブン&アイHLDGS.社長の鈴木敏文に経営統合が持ちかけられた。鈴木は「2トップ制の対等、二人三脚の統合」を主張したが、和田の側が一歩引き、傘下入りすることで合意。

2006年1月31日、野村プリンシパル・ファイナンス株式会社の保有する株式 (65.45%) を買い取り、株式会社ミレニアムリテイリングを子会社化。2006年6月1日には株式交換により完全子会社化。これにより、コンビニエンスストア・スーパーマーケット・デパート(百貨店)という既存業態の枠を超えた日本最大で、世界でも屈指の巨大総合流通グループになった。

「新入社員といえど、世の中の他の新入社員を店頭でお迎えすべき立場にある」とのポリシーから、通常4月に行われる新入社員の入社式を3月に行っている。

2012年度には「新しい今日がある」というスローガンを掲げ、呼称を「セブンアイ」または「セブンアイグループ」とした(表記は今まで通り「セブン&アイ」のままである)。呼称に関しては2013年度から再び「セブン&アイ」に戻されている。
代表者
代表取締役社長 井阪 隆一
設立年月日
2005-09-01
従業員数
58,975 人
上場年月日
2005-09-01
平均年齢
43 歳
平均年収
7,423,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
397Picks
ネットスーパー拡大へ大手本腰…専用の物流拠点整備、アマゾンに対抗
読売新聞
|
国内小売り大手がネットスーパー拡大に本腰を入れ始めた。セブン&アイ・ホールディングスは、首都圏で人工知能(AI)やロボットを活用した初の大型物流拠点を2か所整備する。新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛で、ネットで
123Picks
スプーン辞退の客にポイント付与 セブン、プラ製品の削減で実証
共同通信
|
スプーン辞退の客にポイント付与 環境省は1日、都内のセブン―イレブン6店舗で、使い捨てスプーンやフォークを辞退した客に、電子マネー「...
158Picks
米セブン─イレブン、自社コンビニとスピードウェイ計293店売却へ
Reuters
|
[19日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス傘下の米セブン─イレブンは19日、米石油精製大手マラソン・ペトロリアム傘下のガソリンスタンド併設型コンビニ「スピードウェイ」とセブン─イレブンの店舗合わせて293店を売却することで合意したと発表した。
21Picks
セブン&アイをAに2段階格下げ、アウトルック「ネガティブ」=S&P
Reuters
|
[東京 21日 ロイター] - S&Pグローバルは、セブン&アイ・ホールディングスの長期発行体格付けを2段階下げ、Aにすると発表した。国内コンビニ事業子会社のセブン-イレブン・ジャパン、北米コンビニ事業子会社の米国セブン-イレブンも同様にAに2段階下げた。アウトルックはネガティブとした。
15Picks
7&iHD株が反落、米コンビニ買収への当局者らの懸念を嫌気
Reuters
|
[東京 17日 ロイター] - 東京株式市場で、セブン&アイ・ホールディングス株が反落。米連邦取引委員会(FTC)の委員らが14日、同社が完了を発表した米コンビニ運営会社の買収について、違法で競争上の懸念をもたらす恐れがあると表明し、嫌気する動きとなっている。
88Picks
セブン&アイ買収に「違法」主張 米FTC一部委員、子会社は反発
共同通信
|
セブン&アイ買収に「違法」主張 セブン&アイ・ホールディングスは15日、米コンビニ運営会社スピードウェイの買収手続きが完了したと発表...
12Picks
セブン&アイの米コンビニ買収「違法の恐れ」、規制当局者ら懸念
Reuters
|
[ワシントン 14日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングスが完了を発表した米コンビニ運営会社の買収について、米連邦取引委員会(FTC)の委員らは14日、買収は違法で競争上の懸念をもたらす恐れがあると表明した。
59Picks
物言う株主バリューアクト、7&iHD株4.4%取得
Reuters
|
[12日 ロイター] - 米アクティビスト(物言う株主)のバリューアクト・キャピタル・マネジメントは12日、セブン&アイ・ホールディングス株を4.4%まで取得したことを明らかにした上で、各事業の価値の合計は現在の市場価値を大幅に上回るとの見方を示した。
226Picks
セブン前に「仮セブン」開店 契約解除問題で本部側 大阪
産経ニュース
|
フランチャイズ(FC)契約の解除をめぐり、コンビニ大手「セブン-イレブン」本部側と東大阪南上小阪店(大阪府東大阪市)の元オーナーの間で対立が続いている問題で、本…
193Picks
セブン、税込価格を「小数点第2位」まで表示へ 過去には「100円×3個=301円」問題で謝罪
ITmedia ビジネスオンライン
|
セブン‐イレブン・ジャパンは、5月から税込価格を「小数点第2位」まで表示する。消費税の計算方法を2019年に変更し、現場が混乱。公式Webサイトでおわび文を発表していた。
13Picks
セブンイレブン/税込価格を小数点第2位まで表示
流通ニュース
|
セブン‐イレブン・ジャパンは5月以降、商品の価格表示について、税込価格を「小数点第2位」まで表示するよう順次変更する。 <税込価格を小数点第2位まで表示> 現在の税込価格の表示は、商品の税抜価格に税率を掛け、1円未満を切 […] The post セブンイレブン/税込価格を小数点第2位まで表示 first appeared on 流通ニュース.
130Picks
DHC問題、コンビニ大手3社の対応は?専門家「取引先企業にも是正責任がある」
ハフポスト日本版
|
化粧品大手「DHC」が公式オンラインショップ上で、在日コリアンへの差別的な文章を掲載し、批判の声が上がっている。 Twitter上では、同社製品を取り扱うコンビニエンスストアの対応にも注目が集まっており、ハフポスト日本版はコンビニ大手3社に対応状況を取材した。 セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンの3社は、取材に応じ、いずれも取り扱いを続けていることを明らかにした。「現在のところ、取...
242Picks
セブンイレブンで半年300万本のヒット商品「TOFU BAR」が生まれた理由
Business Insider Japan
|
セブン&アイHDが2020年11月に全国販売を開始したバータイプの「TOFU BAR(豆腐バー)」シリーズが人気だ。 開発したのは豆腐や油揚、豆腐加工品、豆乳などを製造販売する豆腐メーカーのアサヒコ。販売開始から5カ月たった2021年3月末には、300万本を突破するヒット商品となっている。 近年、タ...
86Picks
セブン&アイ、異例決算で見えた「お荷物」の明暗
東洋経済オンライン
|
4月8日、日本を代表する小売り企業の決算資料がひっそりとホームページ上にアップされた。セブン&アイ・ホールディングス(HD)は同日、前2021年2月期決算を発表した。売上高に当たる営業収益は5兆7667億円(前期…
12Picks
中国進出25年で初の営業黒字、ローソンがファミマを抜いた「てこ入れ」策
Business Insider Japan
|
コンビニ大手のローソンは4月9日に発表した2021年2月期決算で、中国事業が初めて営業黒字を達成したと明らかにした。 1996年に日系企業として最初に中国に進出しながら長らく足踏みし、ファミリーマートやセブンイレブンの後塵を拝す状況が続いていたが、2010年代以降のてこ入れが奏功、店舗数でも2020...
30Picks
セブン&アイ、「スピードウェイ」買収完了は21年度第2四半期の早い時期
Reuters
|
[東京 2日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングスは2日、連結子会社の米セブンーイレブンが米マラソン・ペトロリアムからの取得を予定しているガソリンスタンド併設型コンビニ「スピードウェイ」運営会社の株式について、2021年度第2・四半期の早い時期に取引が完了する見通しだと発表した。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ