新着Pick
SPD1ZG977H9LM10M

ユニー・ファミリーマートホールディングス 株式会社

株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部などに上場されている大手流通企業、ユニー・ファミリーマートホールディングスの子会社。 ウィキペディア
東京都豊島区東池袋三丁目1番1号
03-3989-6600
詳細を見る
概要
1973年、西友ストアー(現:西友)が、埼玉県狭山市内にCVSの実験店舗を開設。76年にはCVS事業をファミリーマートと命名しFCオーナーの募集を開始。1978年には船橋市内にFC1号店が開業する。そして81年には、西友から独立し株式会社ファミリーマートが発足した。従業員約100名は、全員西友ストアー出身者であった。店舗僅少時から受発注システムの開発に力を入れ、80年には西武情報センター(現:セゾン情報システムズ)、富士通と共に構築にあたったオンラインシステムであるファミリーラインが稼働を開始している。また87年12月には、セゾングループとして5社目となる株式公開を果たし東証2部に上場している(89年同1部に指定替え)。

ファミリーマートは、地方の有力企業との提携による合弁方式で営業責任を負う、エリアフランチャイズを積極的に進めたことが下支えとなり、バブル経済崩壊後にも堅調に成長を続け、90年代半ばにはセブンイレブン、ローソンに次ぐ業界3位の地位を固めた。

米国企業との提携で発足したセブン-イレブン等と異なり独自にチェーンシステムを開発し、CVS事業を立ち上げたため営業エリア展開に縛りがなく、比較的早くからアジア各国に地元企業と合弁で進出している。以前はCVS専業ではなくフランチャイズビジネスの新業態開発もしていた。

1994年、親会社であった西友のノンバンク子会社であった東京シティファイナンスの再建にあたって、整理資金捻出のため、西友が所有していたファミマ株を海外ファンド等への放出を開始し、98年2月には、渡辺紀征西友社長(当時)から丹羽宇一郎伊藤忠商事副社長(当時)に対し、ファミマ株の買い取りを申し入れ。旧法人初代社長の沖正一郎をはじめ西友子会社時代も含め、旧法人の歴代社長はすべて同社出身であった(初代法人が社名を変更した、ユニー・ファミリーマートホールディングスがこの流れを継承。現法人は、社名をファミリーマートに改名して以降に限定しても、伊藤忠に一時在籍したことがある澤田貴司が就任したのみで、伊藤忠から派遣された社長はいない)。なお伊藤忠グループ傘下となってからも、無印良品の販売など旧セゾングループ構成企業との一定の関係は堅持されていたが、2019年1月28日で販売を終了した。また、旧セゾングループは西武グループから分裂したものであり、もう1つの片割れである西武ホールディングスとも西武鉄道と提携しTOMONY事業で一定の関係がある。

日本全都道府県に店舗があり、店舗数は11,872店舗(2016年(平成28年)7月末現在)で業界3位。鹿児島県・沖縄県ではシェア1位。

2007年(平成19年)7月10日、コンビニ業界で初めてiD、Edy(現:楽天Edy)の共用端末が使用できるようになった。Edyが全店舗で利用できるコンビニは、旧am/pm、旧サークルKサンクス、ポプラグループに次いで4社目。

なお、商品代金のクレジットカードによる決済は、長らくファミリーマートの会員カードであるファミマTカードのみ可能であったが、2011年(平成23年)11月29日より他社発行のクレジットカードが利用できるようにシステムを変更した。ファミマクレジット(ファミマTカード発行元)が発行している「TSUTAYA Wカード」も、2011年11月29日以降、ファミマ店頭でクレジット払いが出来るようになった。なお、先述のとおりこれ以前から電子マネーのiDや楽天Edyでの支払いができるので、iD機能付きのクレジットカードやクレジットカードに紐付けされたiD、クレジットカードでチャージした楽天Edy等を利用することでどの会社が発行したクレジットカードでも実質的に使用が可能であった。



かつては、ロゴはポップ調のフォントで、太陽と星を使った「スマイルスターアンドサン」と呼ばれるシンボルマークを使用していたが、1992年(平成4年)に(ポールのデザインは1998年(平成10年)に)現在のロゴマークに変更された(ただし、「スマイルスターアンドサン」は現在でも入り口横の窓に貼られている)。現在のロゴマークは電通と原田進のデザインによるもので、2016年のユニーとの統合の際にマイナーチェンジされた。



2015年(平成27年)3月10日、同業のサークルKサンクスを運営しつつ東海地方を基盤とするユニーグループ・ホールディングスとの間で経営統合へ向けた協議を開始すると発表し、翌2016年(平成28年)1月27日、同年9月1日に、ユニーグループHDと経営統合した上で同社を吸収合併し、持株会社『ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社』に転換し、CVS事業をサークルKサンクスへ吸収分割にて継承させ、サークルKサンクスの社名をファミリーマートに改称させる。そこから3年かけてサークルKとサンクスの店舗を順次ファミマに切り替えると発表した。この統合により株式会社ファミリーマートの、ファミリーマート、サークルK、サンクスの3ブランドの合計店舗数は17600店舗近くとなり、同業首位のセブン-イレブンジャパンと並ぶ国内最大級のコンビニチェーングループが誕生することとなる。このほか、2015年3月13日には東海地方が地盤のCVSであるココストアの買収へ向け最終調整に入ったとも伝えられ、同10月1日付で、130億円を投じココストアの全株式を取得し完全子会社化した。ココストアは同12月1日、ファミマに吸収合併され解散となり、ファミマ内に「ココストア事業・統合本部」を設けた。また、「ココストア」及び「エブリワン」の屋号はサークルKサンクス合併直前の2016年8月31日までにミツウロコ譲渡分を除き「ファミリーマート」に転換、公式サイトも閉鎖された。

ほとんどの店舗が24時間終日営業であるが、近鉄、JR九州とフランチャイズを結んだ駅構内の店舗、大学キャンパス、企業の社内売店などでは終日営業せず、時間を制限して営業している。
代表者
代表取締役社長 高柳 浩二
設立年月日
1981-09-01
従業員数
17,777 人
上場年月日
1987-12-07
平均年齢
44 歳
平均年収
6,798,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
78Picks
なぜファミマの社会貢献は「24時間テレビ」のように見えるのか
ITmedia ビジネスオンライン
|
ファミリーマートの「ファミマこども食堂」をめぐって、激しいディスり合いが行われた。「売名行為だ」と批判の声もあれば、「悪いことだと思わない」といった意見も。企業の社会貢献で叩かれるケースと、そうでないケースはどのような違いがあるのか。
37Picks
予想以上に深刻な「コンビニの書籍売上減少」―「窓際で立ち読み」すら過去のものに?
ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
|
これも時代の流れか――そういった声が聞こえてくる。  コンビニ大手のセブン-イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマートの3社は、いずれも2019年8月末までにいわゆる「成人向け雑誌」の販売の中止を発表した。 「コン […]
236Picks
ファミマが24時間フィットネスやコインランドリー一体型店舗を拡大
Impress Watch
|
ファミリーマートが展開する24時間フィットネス「Fit&GO」の2号店を、2月14日にファミリーマート横浜常盤町店の2階に関内店としてオープン。これを皮切りに、Fit&GOだけではなく、ファミリーマートとコインランドリーサービスを融合させた「Famima Laundry」との一体型店舗を順次オープンする。
192Picks
「ファミペイ」マルチポイント化を目指す
ニュースイッチ
|
ファミリーマートは7月から、スマートフォン決済アプリ「ファミペイ」の提供を始める。バーコード決済やプリペイド式電子マネー機能などを持つ。独自の電子マネーで決済ができるほか、電子マネーの残高が足りなくても、代金は後払いできるようにする。ポイントやクーポンの使用も可能で、買い物内容をスマホで確認できる電子レシート機能もある。 ファミペイではTポイントのほか、NTTドコモのdポイントや楽天の楽天ポ...
16Picks
PayPayにLINE Payが対抗 ファミマで20%還元、上限は「倍」の2000円
ITmedia NEWS
|
モバイル決済サービス「PayPay」で、支払額の20%が電子マネーで還元される「第2弾100億円キャンペーン」が始まったことに対抗し、「LINE Pay」もファミリーマート限定で同日、20%還元キャンペーンを始めた。
36Picks
マクドナルドからバカッターが生まれない本当の理由
note(ノート)
|
こんにちは、「勝手に経営者ヅラ労働者」清原です。 最近立て続けに、飲食店バイトの人がインターネット上に、職場での悪ふざけの動画をあげて炎上するというニュースを見ました。 ちなみに2013年ごろにも同じ現象があり、今回が初めてではありません。 くら寿司や、セブンイレブン、ファミリーマートでも炎上騒ぎがありましたが、マクドナルドの炎上はあまり見たことがないのではないでしょうか? 今回は、どうやっ...
143Picks
「ファミマ」店員が不適切動画 「商品なめる」様子をSNS投稿
共同通信
|
「ファミマ」店員が不適切動画 ファミリーマートは10日、店員が不適切な動画を撮影し、会員制交流サイト(SNS)に投稿したと明らかに...
13Picks
Tポイント、なぜ崖っぷちに?顧客データ販売ビジネスの限界、ファミマ独占終了の理由
ビジネスジャーナル
|
Tカード  斬新だったビジネスモデルが、見る間に褪せてくる――。  ファミリーマートをはじめとして、エネオス、ガスト、ソフトバンク、ヤフーなどでポイントが付加される「Tポイント/Tカード」が衰退の...
16Picks
【意外と量が違う!?】大手三社のコーヒーの量を比べてみた【セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート】 
motor-fan.jp
|
ドライブに疲れたら、コンビニに寄ってホットコーヒーでちょっと一息。ところでホットコーヒーって、コンビニが違えば量も味も違うの? 一体どのコンビニがお得? そんな素朴な疑問を抱き、各コンビニのホットコーヒーを調査してみました! PHOTO/REPORT●北 秀昭(KITA Hideaki) 調査日:2019年2月8日
200Picks
胃がん克服したファミマ澤田社長。がんで動揺しないため「必要なのは正しい知識と共感」
Business Insider Japan
|
コンビニエンスストア大手・ファミリーマートの澤田貴司社長(61)が2月3日、都内で開かれた「CancerXサミット2019」に登壇。医療やがんに罹患した人の生活など幅広く話し合う場で、自らのがん体験を語った。 このサミットはがんの経験者やその家族、医療者ら有志で作る団体「CancerX」が企画、約6...
15Picks
ファミリーマートの英断「こども食堂」をめぐって場外乱闘が勃発の巻
文春オンライン
|
大手コンビニエンスストアのファミリーマートが「こども食堂」を全国で手掛けるとかで、これはこれで素晴らしいなと思います。「ファミマこども食堂」を全国で展開http://www.family.co.jp/…
12Picks
ドン・キホーテ/「ファミペイ」導入せず、自社電子マネー「マジカ」に注力
流通ニュース
|
ドン・キホーテを展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(旧ドンキホーテHD)は2月6日、ファミリーマートが7月から開始するスマホ決済「ファミペイ」を導入しない方針を表明した。 <大原社長> 同日、 […]
19Picks
元給食営業マンが「ファミマこども食堂」のスゴさを考察してみた。
Everything you've ever Dreamed
|
コンビニチェーンのファミリーマート(ファミマ)がこども食堂運営に乗り出すらしい。「ファミマこども食堂」を全国で展開 |ニュースリリース|ファミリーマート「大企業」「全国2000店舗」というスケール感は従来のボランティアに支えられたこども食堂にはなかったものだ。この件について、僕は「スゴイ!物好きだなー!」というポジティブな第一印象を持ったのだけど、世の中は賛否両論みたいだ。賛否はそれぞれの考...
41Picks
ファミマ子ども食堂への3つの懸念と意見(藤田孝典)
Yahoo!ニュース 個人
|
コンビニエンスストア大手のファミリーマートが子ども食堂の取り組みを開始する旨を発表した。子ども食堂の取り組みを振り返り、ファミマ子ども食堂への懸念を示しておきたい。
10Picks
ファミリーマート、バーコード決済アプリ「ファミペイ」を7月に提供。決済をスマホで完結
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
ファミリーマートは、2019年7月よりバーコード決済付きスマートフォンアプリ「ファミペイ」の提供を開始することを発表した。 クーポンもポイントも決済もワンストップで体感できる、バーコード決済付きス…
89Picks
ファミマがこども食堂 3月から全国2千店、イートイン
朝日新聞デジタル
|
コンビニエンスストア大手のファミリーマートは、3月から「ファミマこども食堂」を全国約2千店で始める。イートインスペースを活用して子どもに食事を提供するほか、住民がコミュニケーションできる場にすること…
17Picks
ファミリーマート、スマホ決済「ファミペイ」を7月から導入へ
財経新聞
|
ファミリマートが7月より、スマホ決済アプリ「ファミペイ(FamiPay)」を導入すると発表した。
14Picks
企業活動は福祉を達成できるのか - 赤木智弘
BLOGOS - 最新記事
|
大手コンビニチェーンのファミリーマートが「こども食堂」を実施するという。ニュースリリースによると、この活動は「地域の子供たちと保護者が一緒に食卓を囲んでコミュニケーションをとり、地域の活性化につなげる」ということを目的にしているという。参加料金は小学生以下の子供が 100円、保護者は400円。食事が40分にバックヤードやレジ打ち体験などのイベントが20分の約60分のプログラムとなっている。(...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ