新着Pick
SPD1IPUAZIP094LL

三菱電機 株式会社

三菱電機株式会社(みつびしでんき、英語: MITSUBISHI ELECTRIC Corporation)は、日本の大手総合電機メーカーであり、三菱電機グループの中核企業。 ウィキペディア
東京都千代田区丸の内2-7-3東京ビル
03-3218-2111
詳細を見る
概要
日本の大手総合電機メーカーとしては、売上高において日立製作所に次ぐ業界2位。家電から重電、人工衛星まで幅広い製品を販売している。FA機器、昇降機(エレベーターなど)、タービン発電機、鉄道車両用電機品、パワー半導体、人工衛星など多くの産業用電気機器で日本国内トップシェアである。

宇宙・防衛分野に強みを持っており、防衛エレクトロニクス分野での防衛省契約実績は長年にわたり第1位を維持している。

LED電球においては三菱ケミカルホールディングス、エアコンにおいては三菱重工業との間で事業が重複しており、「三菱パッケージエアコン」「三菱ルームエアコン」の呼称が三菱電機のエアコンのことを指す。ITS事業についてETC車載器製造販売が重複していたが、2017年重工は古野電気に事業譲渡した。ただ、地上部門では引き続き事業重複している。

既に撤退したパソコン用ディスプレイにおいてはブラウン管時代から一定の評価があり、液晶ディスプレイにおいても高いシェアを持っていた。

MISTY1やKASUMIなどの開発や実装の実績による暗号化技術は世界トップレベルである。

三菱金曜会。
代表者
執行役社長 杉山 武史
設立年月日
1921-01-15
従業員数
146,518 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
40 歳
平均年収
8,069,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,ロンドン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
39Picks
【自動運転ラボ白書】必読!「トヨタの自動運転戦略 全解説」
自動運転ラボ
|
世界の自動車販売において、独VWグループやルノー・日産・三菱アライアンスと首位を争うトヨタ自動車。リーディングカンパニーの1社として長年業界をけん引してきた実績は、確かな信頼や技術力を築き上げてきた。 同社のブランドは今 […]
53Picks
三菱電機、新たに1115件の情報漏えい明らかに 中国経由で不正アクセス
ITmedia NEWS
|
三菱電機は米Microsoftのクラウドサービス「Office 365」に不正ログインされ、取引先の口座情報が流出した件で、新たに取引先情報や個人情報計1115件が流出したと発表した。
22Picks
三菱重、三井E&Sの艦艇・官公庁船事業買収で最終合意 防衛強化
Reuters
|
[東京 29日 ロイター] - 三菱重工業は29日、三井E&Sホールディングスの事業会社である三井E&S造船の艦艇・官公庁船事業を買収することで三井E&Sと最終合意し、譲渡契約を締結したと発表した。今後、公正取引委員会などの審査を経て、今年10月をめどに譲渡完了を目指す。買収金額は開示していない。
59Picks
三菱電機また低額落札 調査研究「77円」―防衛省
時事ドットコム
|
岸信夫防衛相は22日の参院外交防衛委員会で、防衛装備庁による航空自衛隊の作戦シミュレーション装置の更新に向けた調査研究に関する一般競争入札の結果、昨年12月に三菱電機が77円で落札していたと明らかにした。
133Picks
三菱電機“パワハラ自殺” 労災認定、上司から「飛び降りるのにいい窓ある」
TBS NEWS
|
おととし、大手電機メーカー・三菱電機の新入社員が上司によるパワハラを訴える遺書を残して自殺したことについて、労災と認定されていたことがわかりました。 兵庫県尼崎市の三菱電機の生産技術センターに配属されていた新入社員の男性(当時20代)はおととし8月、教育主任だった上司から「飛び降りるのにいい窓あるで。死んどいたほうがいいんちゃう」などと言われたと、パワハラ被害について記したメモを残して自殺し...
21Picks
三菱重と大島造船所 香焼工場売却交渉 月内合意へ
長崎新聞
|
三菱重工業長崎造船所香焼工場(長崎市香焼町)の大島造船所(西海市)への売却交渉が月内にも合意する見通...
27Picks
高齢者見守りの新たな手段はエアコン!?三菱電機がIoT活用で来年度事業化
ニュースイッチ
|
三菱電機は2021年度にIoT(モノのインターネット)技術を活用して特別養護老人ホームなどでの見守りサービスを事業化する。各部屋に設置するセンサー端末を試作したほか、既設エアコンの赤外線センサーを活用する。超高齢化社会に入り、人材不足を含めた介護者の激務が深刻な問題となっており、同社ではデジタル技術で社会課題解決に貢献する。 三菱電機は20年に介護支援システム開発ベンチャーのジーワークス(東...
264Picks
“CO2出ず” アンモニアを燃料にした発電装置 三菱重が開発へ
NHKニュース
|
【NHK】三菱重工業は、燃やしても二酸化炭素が出ないアンモニアを燃料にした発電装置の開発に乗り出します。石炭などに混ぜるのではなく…
11Picks
水素・電池・アンモニア :アンモニア発電に商機 燃料、タービンの大需要期 JERA、三菱パワー、川重、IHI=和田肇 | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
|
国内最大の火力発電会社JERA(ジェラ)(東京電力ホールディングスと中部電力の合弁)は昨年10月、「2050年にCO2排出を実質ゼロ」にすることを発表した。  JERAは国内に27の火力発電所を持ち、設備容量は約7044万キロワット(20年時点、以下同)に達する。主力は天然ガス火力(5007万キロ
18Picks
コロナでハードル下がるデータ開示。三菱電機のFAシステム事業は“宝”に化ける?
ニュースイッチ
|
【ニーズくみ取る】 この10年の成長をけん引してきたFAシステム事業は“宝の山”を隠し持つ。全世界の生産現場で活躍するシーケンサーやサーボモーター・アンプ、インバーターの数は膨大だ。現在の稼働台数は三菱電機の推計でシーケンサー約1700万台、サーボ約1800万台、インバーターに至っては約2300万台に上る。それがリカーリング(継続課金)ビジネス的にほぼ未活用のままで眠っている。 「コロナ禍で...
12Picks
工作機械の遠隔保守を支援する、数値制御装置向けサービスを北米地域に拡大
MONOist
|
三菱電機は、IoT技術により工作機械の遠隔保守を支援する「iQ Care Remote4U」の数値制御装置向けサービス地域を北米地域へ拡大し、サービスを開始した。工作機械のダウンタイムを短縮し、生産性を向上する。
11Picks
金属表面の微小変形から内部の亀裂を10%以内の誤差で推定するAIを開発
MONOist
|
三菱電機と東京工業大学は、金属表面の微小な変形から内部の亀裂を10%以内の誤差で推定するAIを開発した。超音波探傷検査の約6分の1の時間で非破壊検査が可能で、発電機などの電力機器の保守点検に活用できる。
17Picks
日本企業、世界のパワー半導体市場で存在感高まる“すり合わせ”技術、競争力の源泉に
ビジネスジャーナル
|
近時、パワー半導体分野で新しい取り組みを進める日本企業が増えている。広島県にて、三菱電機はパワー半導体の新しい製造拠点の稼働を目指している。東芝も国内での生産能力の増強に取り組む姿勢を鮮明にしている。また、富士電機は中期経営計画のなかでパワー半導体の成長力強化に取り組むことを明記...
11Picks
東工大と三菱電機が需要家の取引ニーズに応じP2P電力取引を最適化するブロックチェーン技術開発
TechCrunch Japan
|
暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン技術に関連する国内外のニュースから、過去1週間分について重要かつこれはという話題をピックアップしていく。今回は2021年1月17日~1月23日の情報から。 東京工業大学と三菱電機は1月18日、P2P電力取引を最適化する独自のブロックチェーン技術を開発したと発表した。4月から、同ブロックチェーン技術を用いたP2P電力取引システムの性能評価と探索処理の改良を...
55Picks
半導体不足、日系自動車メーカーに50万台減産の可能性-三菱モルガン
Bloomberg
|
世界的な半導体不足でトヨタ自動車など世界の自動車メーカーの生産に150万台前後の減産につながる可能性があり日系自動車メーカーはその内、約50万台の影響が出る見通しだと、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の杉本浩一氏らが19日付のリポートで指摘した。
11Picks
とうとうAIが冷蔵庫の中を自動制御してくれるようになりました
ギズモード・ジャパン
|
三菱電機がAI搭載の冷蔵庫「MXDシリーズ」を2月に発売
33Picks
スペースジェット、開発凍結後初の失注 米エアロリース最大20機
Aviation Wire
|
三菱重工業(7011)傘下の三菱航空機は1月8日、開発を「一旦立ち止まる」としているジェット旅客機「三菱スペースジェット(旧MRJ)」の受注について、米国の航空機リース会社エアロリース・アビエーションとの契約が2020 […]
19Picks
日産三菱ルノーのアライアンスは崩壊するか?
ITmedia ビジネスオンライン
|
公共交通より安全に移動できるクルマが見直され、自動車業界の業績がコロナ禍の悪化から回復を見せている。しかしエンジン車販売規制に伴うEVシフトも見据えれば、楽観視はできないず、アライアンスなどによる連合グループは、提携解消の可能性もある。今回は世界の主要メーカーのアライアンス状況と、課題を考える。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ