新着Pick
SPD1CLCHT9YHQLJR

Nokia Oyj

ノキア(英語: Nokia Corporation、フィンランド語: Nokia Oyj)は、フィンランド・エスポーに本社を置く、通信インフラ施設・無線技術を中心とする開発ベンダー。現CEOは、Rajeev Suri。 ウィキペディア
Karakaari 7 Espoo Finland
+358 104488000
詳細を見る
概要
現在の主要事業は、無線技術を中心とする通信インフラ設備の製造・開発であり、売上の9割を占めている。

2011年までは世界最大の携帯電話端末メーカーであった。市場占有率および販売台数の両方で、1998年から2011年まで首位を維持していたが、その後、スマートフォン戦略および、アメリカ合衆国での市場戦略の迷走により低落傾向に陥り、2012年第一四半期ではサムスン電子に次ぐ2位となった。さらにこの後、iPhone等を擁したアップルや、AndroidOS採用の新世代スマートフォン端末の台頭による経営危機と大規模なレイオフを経て、2013年9月2日にマイクロソフトが携帯電話事業の買収(54億4000万ユーロ、約7100億円)を発表、2014年4月25日に買収手続きが完了し、同事業はマイクロソフト社の傘下に移った。2016年、マイクロソフトは携帯電話部門をノキアOBによるスタートアップHMD Globalに売却し、現在はこの会社がノキアのブランド名を継承した携帯電話を製造・販売している。この会社へのノキアによる資本の出資などは行われていないが、オフィスはノキアの本社ビル内に位置している。

携帯電話の通信設備では世界第2位であり(世界第1位はスウェーデンのエリクソン)、GSM、W-CDMA (UMTS) 方式の携帯電話の通信設備を携帯通信事業者向けに開発して販売している。この携帯電話の通信設備のビジネスは2006年にシーメンス(ドイツ)との合弁事業とし、ノキア・シーメンス・ネットワークスが設立された。2013年にはノキア・シーメンスを100%子会社化し、2014年4月にノキア・ネットワークスと社名変更された。2016年にはアルカテル・ルーセント(フランス)を買収した。

その他にも音声電話などのアプリケーション、ISDN、ブロードバンドアクセス、モバイルラジオ、VoIP、無線LAN、地上波デジタル放送の受信機、衛星受信機などの通信機器を生産している。近年では、IoT、バーチャル・リアリティ(VRカメラOZOなど)、そしてヘルスケア関連製品のビジネスにも参入している。

日本でも情報通信技術(ICT)を使った幅広いソリューション事業を展開している。2017年には宮城県仙台市と、地域産業活性化や街づくり、ドローンを使った防災などで協力する連携協定を結んだ。
代表者
Pekka Ilmari Lundmark (Chief Executive Officer,President),Sari Maritta Baldauf (Chairman)
設立年月日
1865
従業員数
90,000 人
上場年月日
1981-04-01
上場市場
ヘルシンキ証券取引所,OTCピンクシート,イタリア取引所,ウィーン証券取引所,サンパウロ証券取引所(BRDR),スイス証券取引所,ストックホルム証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所(ADR),ニューヨーク証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,パリ証券取引所,フランクフルト証券取引所,ミュンヘン証券取引所,ミュンヘン証券取引所(ADR),メキシコ証券取引所(ADR),ロンドンインターナショナル市場
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
21Picks
ダイムラー、ノキアに特許料支払いで合意 訴訟合戦に終止符
Reuters
|
[ブリュッセル 1日 ロイター] - 独自動車大手ダイムラーは1日、フィンランドの通信機器大手ノキアに特許使用料を支払うことで合意した。両社が発表した。ダイムラーとノキアはここ数年、特許使用料を巡って訴訟合戦を繰り広げていたが、今回の合意によりノキアが勝利した格好となった。
17Picks
幸福な国「フィンランド」と日本の決定的な差
東洋経済オンライン
|
3月20日に国連による世界幸福度ランキングが発表され、フィンランドが4年連続1位となりました。フィンランドといえば、サンタクロース、オーロラ、ノキア、サウナ、マリメッコ、ムーミンなど、小国ながら、日本人…
66Picks
ノキア最大1万人削減へ、従業員の10%に相当-5G投資の拡充図る
Bloomberg.com
|
フィンランドの通信機器メーカー、ノキアは今後数年間で従業員の最大10%に相当する1万人を削減する計画だ。同社は第5世代(5G)移動通信網の受注獲得競争で勝つべく、関連投資の拡充を図る。
13Picks
「スマホ充電が1年不要に」打倒GAFAを狙うNTT、光電融合技術の期待値
SankeiBiz
|
NTTの技術開発力は世界に冠たるものだ。しかし、iPhoneに先駆けていた「iモード」は、世界戦略を欠いたため、「ガラパゴス化」に終わった。そんなNTTは、ポス…
1316Picks
プラットフォームこそ最強のビジネスモデルだ
NewsPicks編集部
|
2011年2月、ノキアの全社員宛てに、スティーブン・エロップCEOから1通のメッセージが届いた。瀕死のノキアを、石油プラットフォームで火災に巻き込まれた作業員になぞらえ、「私たちも『燃えるプラッ...
79Picks
スマホ画面、割れたら「自己修復」で復活? モトローラが特許を取得
Forbes JAPAN
|
「レンガ」という愛称で親しまれたノキアのNokia 3310が姿を消し、忘れ去られてからずいぶんと時が経つが、この携帯電話には今でも心惹かれるポイントが2つある。バッテリーが非常に長持ちしたこと、そして本体が頑丈だったことだ。スマートフォン・・・
605Picks
iPhoneの脅威を前に、瀕死の会社を「大復活」させた男の全告白
マネー現代
|
フィンランドの通信機器大手・NOKIA(ノキア)は、いまから7年前、「死に体」となっていた。世界の携帯電話の過半シェアを握るグローバルトップ企業のまさかの転落――。そんな瀕死のノキアをV字回復に導いたのがリスト・シラスマ会長だ。このほどそんなシラスマ氏が上梓した『NOKIA 復活の軌跡』(原題『Transforming NOKIA』)には、ノキアが低迷するなか解決策を見いだせないでいる大企業...
222Picks
月に初の通信ネットワーク構築へ、ノキアがNASAと契約
Reuters
|
[ヘルシンキ 19日 ロイター] - 米航空宇宙局(NASA)は、月面に初めて通信ネットワークを構築する企業にフィンランドの通信機器大手ノキア<NOKIA.HE>を選んだ。ノキアが19日発表した。
472Picks
巨人・ノキアに学ぶ「大企業復活の5カ条」
NewsPicks編集部
|
iPhoneの登場前、携帯電話を制した企業があった。フィンランドを拠点とする「ノキア」はスマホ登場前の携帯電話端末で、世界シェア4割を誇っていた。だが、iPhone以降のスマホの波に乗り遅れ、一...
11Picks
トヨタはノキアの二の舞になるのか? 全面EV化に及び腰の理由
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
大手自動車メーカーとされるおおよそ全ての企業が「電動化」へ大きく舵を切っている。これに対し、トヨタ自動車の豊田章男社長は不満を禁じないようだ。 今月17日、豊田氏は日本自動車工業会の会長として記者会見を行い、自動車業界で過度なEV(電気自動車)化を進めると環境への配慮としては逆効果になり、EVの製造台数が増えれば増える
401Picks
ソフトバンク、5Gでファーウェイ選定せず-エリクソンとノキア
Bloomberg
|
ソフトバンクは29日、第5世代(5G)移動通信システムの提携先としてスウェーデンのエリクソンとフィンランドのノキアを選んだ。中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)は選定されなかった。
365Picks
【北欧航空】なぜ我々は、日本への「直行」にこだわるのか
NewsPicks編集部
|
かつて携帯電話で世界中を席巻した「ノキア」のように、一気にグローバルへと展開するのが、北欧企業の大きな特色だ。フィンランドからは、ゲーム会社のスーパーセルや、テクノロジーイベント「スラッシュ」が...
300Picks
【ノキア会長】端末を捨て、5Gに賭けた僕らの戦い方
NewsPicks編集部
|
超高速データ通信5Gで世界はどう変わるのか。「2秒で動画がダウンロードできる」など、エンタメ分野に注目が集まる中、「5Gの本質は消費者向けサービスにはない」と語るのがノキア会長のリスト・シラスマ...
292Picks
ドイツ自動車大手3社が買収した地図情報サービス「ヒア」の大きな可能性
Forbes Japan
|
ドイツの高級自動車メーカーBMW、アウディとダイムラーは2015年、通信大手ノキアから地図情報サービスのヒア(HERE)を31億ドル(約3,163億円)で買収。その目的は自動運転技術に不可欠な同社のデジタルマッピング技術の獲得だというのが大・・・
194Picks
米ウーバー、ノキア地図事業に30億ドルで買収提案=NYT紙
Reuters
|
[7日 ロイター] - 携帯端末アプリを使った配車サービス事業を展開する米ウーバー・テクノロジーズが、フィンランドの携帯電話機大手ノキア<NOK1V.HE>の地図・位置情報サービス「ヒア(HERE)」に最大30億ドルの買収提案を行った。米ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙が関係筋の話として報じた。
167Picks
中国、EUもファーウェイ排除ならノキアとエリクソンに報復=報道
Reuters
|
[20日 ロイター] - 欧州連合(EU)が英国に続き中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL] 製品の第5世代(5G)移動通信システムからの排除を決定した場合、中国は欧州の通信機器大手、ノキア<NOKIA.HE>とエリクソン<ERICb.ST>に対する報復措置を検討している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が関係筋の話として報じた。
(40件の記事)
190Picks
北欧の巨人はよみがえる ノキアが狙う新領土 編集委員 関口和一
www.nikkei.com
|
 かつて世界の携帯電話市場でシェア4割という圧倒的な地位を誇ったフィンランドのノキア。今年4月、その携帯端末事業を米マイクロソフトに売却した。携帯電話を失ったノキアは新たな事業領域に挑もうとしている。
185Picks
サムスンのGalaxy S5がアイスバケツチャレンジ!iPhone5sなどを指名
iPhone Mania
|
今、世界中で行われている「アイスバケツチャレンジ」に、サムスンの最上位機種のスマートフォン「Galaxy S5」が挑戦しました。次にiPhone5sなどを指名しています。 世界を席巻中のアイスバケツチャレンジ ご存知ない方のために説明しますと、アイスバケツチャレンジとは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の認知を高め、寄付を募るための募金活動です。指名された人は寄付をするか、バケツに入った氷水をかぶってその様子をソーシャルメディアに投稿するか、あるいはその両方を行うかを選択します。 &nbsp; これまで数多くの有名人が参加してきましたが、シリコンバレー関連でもアップルのティム・クックCEO(最高経営責任者)、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO、マイクロソフト元CEOのビル・ゲイツ氏など、数多くの人々がチャレンジしています。 Galaxy S5の目玉は「防水」 サムスンのマーケティング部門はこの機会を利用して、Galaxy S5の高い防水性を宣伝しようと思い立ったようです。同社によればGalaxy S5は、3フィート(約91センチ)の水中に30分沈めておいてもOKな防水性を備えており、これは他社のスマートフォンとの差別化となっています。 &nbsp; サムスンモバイルUKがアップしたアイス・バケツ・チャレンジの動画がこちら。サムスンは次のチャレンジャーとして、ライバルであるアップルのiPhone5s、HTCのOne M8、ノキアのLumia 930の3機種を指名しています。 &nbsp; &nbsp;&nbsp; 参照元: iDownloadBlog 執 筆: lunatic
182Picks
99ドルの睡眠分析デバイス「ノキアスリープ」の実力
Forbes Japan
|
ノキアは2016年にヘルステック企業「Withings」を買収してヘルスケア部門「ノキアヘルス(Nokia Health)」を立ち上げた。そのノキアヘルスが、最新の睡眠モニター「ノキアスリープ(Nokia Sleep)」をリリースした(今年・・・
175Picks
よみがえるノキアの栄光、北欧の巨大企業がめざす新天地(前編)
Bloomberg Businessweek
|
ノキアは一世紀半に渡って通信技術事業に携わってきた。そこには議論の余地がないわけではない。というのは、そう言い切るには、同社の最初の事業である製紙も通信技術と考える必要があるからだ。そしてノキア...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ