新着Pick
SPD17ORE79JSMH3V

大成建設 株式会社

大成建設株式会社(たいせいけんせつ、英語: TAISEI CORPORATION)は、日本の大手総合建設会社である。 ウィキペディア
東京都新宿区西新宿一丁目25番1号新宿センタービル
03-3348-1111
詳細を見る
概要
スーパーゼネコン5社(大成建設、大林組、鹿島建設、清水建設、竹中工務店)の一角。戦前の大倉財閥の流れを汲むが、現在スーパーゼネコンでは唯一の非同族会社であり、社員が会社を買い取ったという背景から、社員の会社であるという雰囲気が強いと言われてる。また、現場に与えられる権限が比較的強いと言われる。

1946年(昭和21年)に現在の社名に改名したが、創業者・大倉喜八郎の戒名「大成院殿礼本超邁鶴翁大居士」にちなむ。社名に『建設』と付けたはしりである(constructionから訳出)。

超高層ビルやダム、橋、トンネル、地下鉄などの大規模な建築土木工事を得意としているが、一般向け住宅「パルコン」「空間王」も手がけるなど、住宅事業にも進出し、高機能性の住宅として注目を浴びている。

海外受注拡大(パーム・アイランドの海底トンネル、ボスポラス海峡海底トンネル、アルマスタワー建設)に注力し、技術力とグループ力に強みを持つ。特に近年、アラブ首長国連邦において大規模な送水管建設をはじめ、積極的な事業展開を進めている。『月からも見えるやしの木型人工島』で世界的に注目されているパーム・アイランドの海底トンネル工事においては、斬新な提案が評価され、欧米の競合を退けて受注に至り、このプロジェクトにおける環境対策は地元の新聞にも大きく紹介された。ボスポラス海峡横断鉄道トンネルはヨーロッパとアジアを結ぶ鉄道トンネルとして100年も前から計画され、トルコ人が待ち望んでいたため、注目されている。

環境対策として三宅島の大量の枯損木の炭化も行い、東京都の河川事業で水質浄化材として試用が検討されている。特に土壌浄化では国内トップクラスの実績を誇る。

みずほ銀行系(芙蓉グループ:旧富士銀行系)。

1992年(平成4年)頃から現在まで、広告やコマーシャルで「地図に残る仕事。」というキャッチコピーを使用している。
代表者
代表取締役社長 相川 善郎
設立年月日
1917-12-28
従業員数
14,562 人
上場年月日
1957-09-09
平均年齢
43 歳
平均年収
10,103,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
142Picks
大成建設とソフトバンクが「細胞培養」システム開発…5G活用、東京-大阪で遠隔操作も
読売新聞
|
ゼネコン大手の大成建設と携帯電話大手のソフトバンクが、遠隔操作で細胞培養を進めることができる新システムを開発した。大成建設のロボットアーム技術と、ソフトバンクが提供する高速・大容量通信規格「5G」を活用した。人手不足に
13Picks
大成建設、建築現場のDX推進を目指しWi-Fi環境とAI・IoTを一体化したDX標準基盤を構築
デジタルシフトタイムズ
|
大成建設株式会社は、株式会社インフォキューブLAFLA、PicoCELA株式会社、西尾レントオール株式会社の協力を得て、現場内でインターネット環境を網羅的にカバーするメッシュWi-Fiと従業員の...
23Picks
鹿島と大成建設の元幹部に有罪 リニア談合「2人が主導」
共同通信
|
リニア談合、鹿島・大成元幹部に有罪判決 リニア中央新幹線の談合事件で独禁法違反罪に問われた鹿島の元土木営業本部専任部長と大成建設の元常務執行...
58Picks
リニア談合、ゼネコン4社に排除命令へ 2社には課徴金
朝日新聞デジタル
|
リニア中央新幹線の建設工事をめぐるゼネコン大手4社の談合事件で、公正取引委員会が独占禁止法違反(不当な取引制限)で大成建設、鹿島、大林組、清水建設の4社に再発防止などを求める排除措置命令を出す方針を…
293Picks
大成元常務逮捕、リニア談合疑い 特捜部、鹿島部長も
共同通信
|
リニア中央新幹線の工事を巡る談合事件で、大手ゼネコン4社が駅の新設工事で不正な受注調整をしたとして、東京地検特捜部は2日、独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで、大成建設元常務の大川孝容疑者(67)と鹿島部長の大沢一郎容疑者(60)をそれぞれ逮捕した。
290Picks
【SPEEDA総研】収益改善続く建設業界、その背景を探る
大手ゼネコンの業績の好調が鮮明になっている。大手ゼネコン 4 社合計の連結営業利益は 2016 年3月期で4,296 億円、2017年3月期の予想は約4,700億円と2期連続大幅増益となる見込み...
260Picks
ザハ・ハディドさん「我々のデザインに驚くほど似ている」 新国立競技場のA案決定でコメント
THE HUFFINGTON POST JAPAN
|
新国立競技場のデザインに隈研吾(くま・けんご)さんの「A案」の採用が決定したことついて12月22日、見直し前のデザインを担当したイギリスの建築家、ザハ・ハディドさんが「我々のデザインに驚くほど似ている」とコメントした。テレ朝ニュースが報じた。 建築家の隈研吾氏と、大成建設、梓設計が提案したA案の建設予定図 ザハさんは「発表されたデザインは、スタジアムや座席のレイアウトなどが、我々が2年かけて...
211Picks
道路から走行中の電気自動車へ給電は可能か
ニュースイッチ
|
豊橋技術科学大学の大平孝教授と大成建設は2016年1月から、ワイヤレス給電による超小型電気自動車(EV)の走行システムの実証を始める。同大学内に高周波電流を流す専用道路を敷設し、道路から電気を超小型EVにワイヤレスで供給して走行する。走行中に給電できる次世代EVシステムとして開発する。物流施設における無人搬送システムや、高速道路での活用などを目指す。 超小型EVの走行システムは、13・56メ...
173Picks
【実証実験】5G通信×建設機械自律制御で建設現場の業務効率化を目指す
Future Stride
|
5G商用化を直前に控え、物流や医療などさまざまな分野で5Gを使った実証実験が行われている。大手ゼネコンの大成建設が、ソフトバンクと共同で実施した5G通信による建設機械の無人化施工の実証実験につい...
139Picks
大成建設が特捜部捜査手法に抗議
TBS NEWS
|
リニア中央新幹線をめぐる談合事件で、東京地検特捜部は1日、「大成建設」などに2度目の家宅捜索を行いましたが、大成建設は捜査は不当だったとして特捜部に抗議文を提出しました。  関係者によりますと、大成建設の弁護士らは弁護活動として、東京地検特捜部の事情聴取を受けた社員らの説明をまとめた文書を作成していましたが、特捜部は1日の捜索でこの文書を押収したほか、弁護士のパソコンも押収したということです...
91Picks
大成建設、ブラック社員情報が下請け職人に出回る「過去最低の現場」の惨状
Diamond Online
|
大成建設の現場を担当する“要注意”の同社社員について、現場の下請け職人たちは人物情報を口コミで共有している。コロナ感染者が発生した新宿住友ビル改修工事には、「過去最低の現場」と評された都内工事で要注意人物とされる社員がいた。
112Picks
辺野古海上警備:業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
毎日新聞
|
米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への移設計画を巡って防衛省が2014年に発注した工事で、受注した大成建設から海上警備を委託された東京都内の警備会社が警備費約7億円を過大請求していたことが、関係者の話で判明した。防衛省は内部通報でこの不正を把握した後も、警備会社との契約を中止せず、昨年11月まで
86Picks
ゼネコン大手4社立件へ リニア工事で談合疑い 東京地検特捜部
産経ニュース
|
リニア中央新幹線建設工事をめぐるゼネコン大手4社による談合事件で、大林組の元副社長や大成建設の元常務らが平成26年以降、品川駅や名古屋駅などの工事で受注調整を主…
83Picks
大成建設、五輪会場99.99%落札に疑問の声
週刊文春WEB 「週刊文春」公式サイト (株式会社文藝春秋)
|
“五輪のドン”森氏 整備予算の膨張が問題となっている東京五輪の「海の森水上競技場」の入札に、専門家から疑問の声が上がっている。 ボートとカヌー・スプリントの競技会場となる「海の森水上競技場」は、東京…
79Picks
新国立競技場 公募に建設大手2グループ 
NHKニュース
|
新国立競技場の整備計画の見直しに伴って改めて施工業者を選ぶための公募が18日締め切られ、建設大手からは、「大成建設」などでつくるグループと、…
49Picks
公取委、リニア談合で大成・鹿島・大林・清水建設を刑事告発
Reuters
|
[東京 23日 ロイター] - リニア中央新幹線建設工事を巡る談合事件で、公正取引委員会は23日、大成建設<1801.T>、鹿島<1812.T>、大林組<1802.T>、清水建設<1803.T>の4社と、大成建設と鹿島の幹部ら2人を独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で検事総長に刑事告発した。
48Picks
リニア談合事件 大成建設幹部が談合認める供述
NHKニュース
|
リニア中央新幹線の建設工事をめぐる談合事件で、大成建設のリニア担当の幹部が東京地検特捜部の任意の事情聴取に対し、「逮捕さ…
40Picks
博多駅前の陥没、NATMで掘削中に出水
日経コンストラクション
|
午前5時15分頃、福岡市のJR博多駅前に位置する博多駅前2丁目交差点付近で、道路が幅27m、長さ30m、深さ15mにわたって陥没する事故があった。現場の地下では、地下鉄七隈線の延伸工事を実施中。隣接工区のシールド機がUターンするための空間を、大成建設JVがNATMで構築している最中に出水した。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ