新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD17MHUQPQUWKJN

加賀東芝エレクトロニクス 株式会社

加賀東芝エレクトロニクス株式会社(かがとうしばエレクトロニクス、KAGA TOSHIBA ELECTRONICS CORPORATION)は、石川県能美市に所在する東芝の子会社である。 ウィキペディア
石川県能美市岩内町1番地1
詳細を見る
概要
トランジスタ、ダイオードといったディスクリート半導体(個別半導体)や汎用ロジックICの製造・販売を行なっている。
代表者
代表取締役社長 三谷 達郎
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
14Picks
加賀東芝工場でクラスター、悔やまれるPCR検査遅延 パワー半導体の中核拠点が生産休止、東芝も産業界も大打撃
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
加賀東芝エレクトロニクスで新型コロナウイルスのクラスターが発生し、パワー半導体の生産を休止した。パワー半導体はNAND無き東芝にとって安定した収益をもたらし、かつ今後も成長が期待できる分野である。
8Picks
東芝、300mmウェハでパワー半導体を生産へ - 2023年度上期の稼働開始を予定
TECH+
|
東芝デバイス&ストレージは3月10日、加賀東芝エレクトロニクスの拠点(石川県能美市)にパワー半導体の生産を主目的に300mmウェハに対応する新製造ラインを導入する計画であることを明らかにした。
8Picks
躍進する東芝パワー半導体、生産能力向上のカギは増床とIoT活用
MONOist
|
東芝デバイス&ストレージのディスクリート半導体の販売が好調だ。生産能力の増強を進めており、2021年度には売上高2000億円、営業利益率10%の実現を目指している。増床や生産性改善などを進めるディスクリート半導体の拠点「加賀東芝エレクトロニクス」(石川県能美市)の取り組みを紹介する。
8Picks
「2年間フル稼働中」加賀東芝、パワー半導体増強
EE Times Japan
|
加賀東芝エレクトロニクスは5月29日、石川県能美市の本社で、報道関係者向けの工場見学会を行った。この日、事業内容などを説明した同社社長の徳永英生氏は、車載、産業向けのパワー半導体を生産する8インチウエハー対応の設備増強について言及し、2019年度下期には、対2017年度上期比で1.3倍、2020年度下期には、同期比1.5倍に生産能力を拡大する方針を示した。
3Picks
東芝、生産能力増強に向け300mmウエハー対応製造ラインを導入
MONOist
|
東芝デバイス&ストレージは、300mmウエハー対応製造ラインを加賀東芝エレクトロニクス構内に導入すると発表した。導入により、低耐圧MOSFETやIGBTの生産能力を増強する。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ