新着Pick
SPD1652LZFW2ZIB4

マツダ 株式会社

マツダ株式会社(英語: Mazda Motor Corporation)は、広島県に本拠を置く日本の自動車メーカーである。 ウィキペディア
広島県安芸郡府中町新地3番1号
詳細を見る
概要
自動車及び同部品の製造・販売を事業としている自動車メーカーである。本社所在地は広島県安芸郡府中町新地3番1号。

ロータリーエンジンを搭載した自動車を量産していたほか、ロードスターは「2人乗り小型オープンスポーツカー」の生産累計世界一としてギネス世界記録の認定を受けている。1991年には日本メーカーとしては初のル・マン24時間レースでの総合優勝を果たした。2000年代以降は「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズの下、走行性能とデザインを特色とした車作りに特化する戦略を進めている。今後は、顧客との間に強い絆をもった「プレミアムなブランド」を目指すとしている。

1979年以来フォードとの提携関係が長く、1996年5月には同社の傘下に入りプラットフォームや生産施設などの共有化が進められたが、リーマン・ショック以降はフォード離れが進み、2015年9月に完全にグループから独立した。


2015年5月にはトヨタ自動車と中長期的な提携関係を結ぶことを発表し、2017年8月には業務資本提携を結ぶことで合意。相互に500億円分ずつ株式を取得し、トヨタがマツダの第2位の大株主となった。THS-Ⅱの供給や、EV開発会社と北米工場の共同設立など、両社は急速に距離を縮めている。

2018年5月には日本国内生産累計5000万台を達成した。これまではトヨタ、日産しか達成しておらず3社目の自動車メーカーになった。

創業は1920年、コルクを生産する「東洋コルク工業株式会社」として誕生、1984年にブランド名に合わせて「マツダ株式会社」に改称した。コーポレートマークの「mazda」は1975年から、「M」を模った現在のエンブレムは1997年から使用されている。
代表者
代表取締役社長 丸本 明
設立年月日
1920-01-30
従業員数
49,786 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
41 歳
平均年収
6,288,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所,ミュンヘン証券取引所(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
13Picks
マツダ、2年ぶり黒字に 21年4〜6月期営業利益261億円
中国新聞デジタル
|
マツダが30日発表した2021年4〜6…
77Picks
わずか3日で完売! ミズノ×マツダの「ドライビングシューズ」は、どんな特徴があるのか
ITmedia ビジネスオンライン
|
ミズノとマツダが共同で開発した「ドライビングシューズ」が登場した。価格は3万9600円。ちょっと高いような気もするが、わずか3日で完売。人気を集めているシューズは、どのようにして開発したのか。
19Picks
マツダ 本社工場と防府工場 8日の稼働休止 記録的大雨の影響
NHKニュース
|
【NHK】中国地方の各地で記録的な大雨となる中、マツダは従業員の安全を確保するため、広島県の本社工場と山口県の防府工場について、8…
34Picks
ミズノとマツダがドライビングシューズを共同開発、クラファンで1000万円以上調達
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
|
「ミズノ(MIZUNO)」と自動車メーカーのマツダが、ドライビングシューズ「マツダ/ミズノ ドライビングシューズ」を共同開発した。7月16日の今日14時にクラウドファンディングサービス「マクアケ(Makuake)」で予約受注の受け付けを開始。すでに目標金額の300万円を達成し、19時30分時点で1000万円以上を調達している。 このコンテンツは FASHIONSNAP.COM が配信しています。
10Picks
マツダ初EV「MX-30」、なぜ日本では売れない?
東洋経済オンライン
|
一昨年の東京モーターショーで、マツダ初の電気自動車(EV)となる「MX-30」が公開された。それから待つこと約1年後の昨年、MX-30は欧州で導入ののち、日本市場でも販売開始となった。ただし、欧州がEVのみである…
100Picks
マツダ、脱炭素に向け新車種投入へ 25年までEV3車種
Reuters
|
[東京 17日 ロイター] - マツダは17日、2030年に向けた新技術や商品の開発方針を発表した。電気自動車(EV)は25年までに3車種、ハイブリッド車(HV)とプラグインハイブリッド車(PHV)は5車種ずつ販売する予定。日本、欧州、米国、中国、東南アジア諸国連合を中心に順次展開する。
17Picks
マツダ、電動化「ロードスター」も投入! まずは2022年から3年で新型電動車13車種を導入へ
くるまのニュース
|
2021年6月17日にマツダは、技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」に基づき、2030年に向けた新たな技術・商品の開発方針を発表しました。そのなかで、2022年から2025年までの3年間にハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車を合わせて13車種投入するといいます。
21Picks
マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?
デジタルシフトタイムズ
|
100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーショ...
16Picks
マツダ、今期2年ぶり最終黒字へ 半導体影響10万台も在庫で最小化
Reuters
|
[東京 14日 ロイター] - マツダは14日、2022年3月期(今期)の連結純損益が350億円の黒字になる見通しと発表した。コロナ禍で落ち込んだ販売が回復して米国などを中心に伸びるとみており、2年ぶりの黒字化を見込む。配当は期末のみの15円とし、無配の前期から復配を目指す。
13Picks
ロータリーエンジンの衰退と復活、そのワケとは?
GQ JAPAN
|
ロータリーエンジンが、今ふたたび注目されている。マツダが復活させる理由とは? 世良耕太がメカニズムなどとともに解説する。
114Picks
トヨタ陣営5社、車載通信共通化 「つながる車」の開発加速狙う
共同通信
|
トヨタなど5社が車載通信システム共通化へ トヨタ自動車、ダイハツ工業、スズキ、SUBARU(スバル)、マツダの自動車メーカー5社は27日、車載...
33Picks
下請法違反でマツダに勧告 手数料名目で5100万円徴収―公取委
時事ドットコム
|
自動車大手マツダ(広島県府中町)が下請け業者に対し、手数料名目で計約5100万円を不当に支払わせていたとして、公正取引委員会は19日、下請法違反で同社に再発防止を勧告した。
36Picks
EVは時代遅れに「エンジンのまま完全カーボンフリー」を実現する"あるシナリオ" - 「すべてをEVに」は正しい判断か
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
|
先日、マツダMX-30のEV版を試乗する機会を得た。EVに試乗するたびに思うのだが、街中で一般的な移動目的で車に乗る場合、ガソリン車と比べ
190Picks
テスラが信頼性番付で16位に後退、マツダが初の首位-米誌調査
Bloomberg.com
|
米消費者情報専門誌「コンシューマー・リポート」がまとめた自動車メーカーの信頼性年間ランキングは、テスラが順位を5つ下げた一方、マツダが初の首位となった。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ