新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD0ZIE7TT82UP9P

JFEスチール株式会社

JFEスチール株式会社(ジェイエフイースチール、英名:JFE Steel Corporation)は、日本の大手鉄鋼メーカー(高炉メーカー)である。持株会社・JFEホールディングスを頂点とする「JFEグループ」の中核企業。 ウィキペディア
東京都千代田区内幸町二丁目2番3号
詳細を見る
概要
高炉を所有し、鉄鉱石を原料に最終製品の鋼材の生産までを一貫して行う、「高炉メーカー」と呼ばれる鉄鋼メーカーである。JFEグループの中核企業で、グループ全体の売上高のうち約80%を占める鉄鋼事業を担当する。2002年に川鉄とNKKが経営統合してJFEグループが発足した後、翌2003年に行われた事業再編の際に両社の鉄鋼部門が統合し、JFEスチールは発足した。なお、手続上は川鉄が非鉄鋼部門を分離した上でNKKの鉄鋼部門を継承して社名変更した形を採っており、一方のNKKは川鉄のエンジニアリング部門を継承してJFEエンジニアリングに社名を変更している。

鉄鋼メーカーの規模の指標である粗鋼の年間生産量は約2600万トン(2009年度)で、日本国内では新日鉄に次いで第2位。世界鉄鋼協会の統計によれば、粗鋼の生産量は世界第5位(2009年時点)である。

製造拠点は、神奈川県および千葉県にある東日本製鉄所、岡山県および広島県にある西日本製鉄所、愛知県にある知多製造所の3か所がある。そのうち、東日本・西日本両製鉄所は高炉を構える「銑鋼一貫製鉄所」と呼ばれる大規模な工場である。これらの製造拠点において、鋼板類や条鋼類、鋼管などの鋼材を中心とする製品を製造している。鋼材は、国内では建築および土木・自動車・産業機械・電気機械などの分野向けに販売されるが、およそ半数が韓国・中国・ASEAN諸国向けを中心とする輸出に回される。

傘下の企業は約200社ある。高炉メーカーよりも小規模な電気炉メーカーや半製品を加工し鋼材とするメーカーなどの鉄鋼メーカーが中心だが、2次製品のメーカー、化学メーカー、鉱業業者、建設業者、あるいは情報システム企業も含まれる。

日本国外への進出は前身企業時代の1980年代から本格化しており、2010年3月時点では韓国・中国・タイ・アメリカなどに出資する鉄鋼メーカーがある。出資企業には高炉メーカーは含まれず、電気炉メーカーも韓国の東国製鋼のみで、輸出した半製品を鋼材に加工するタイプのメーカーがほとんどであったが、2012年2月にインドの大手高炉メーカーJSWスチールの株式15%を取得、持分法適用会社とすることを発表した。その他の国外大手高炉メーカーでは、ドイツのティッセンクルップ、カナダのドファスコとそれぞれ自動車用鋼板の分野で技術提携をしている。
代表者
柿木厚司(代表取締役社長)
設立年月日
1950-08-07
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
99Picks
製鉄所で生まれた鉄鋼スラグが海を蘇らせる!もう一つの“地産地消”
ニュースイッチ
|
国連の持続可能な開発目標(SDGs)の実現に向け、企業が地域の課題解決に参画する「地方創生SDGs」が広がりつつある。その代表例として、日本製鉄は「鉄を利用した海の森づくり」、JFEスチールは「生物多様性の保全活動」を展開する。いずれも鉄をつくる際の副産物である鉄鋼スラグを活用し、海域の環境改善や漁業支援に一役買っている。副産物は臨海部に立地する製鉄所で生まれるため、もう一つの“地産地消”と...
22Picks
JFEスチールが「DX人材」350人目指す、その育成方法とは?
ニュースイッチ
|
JFEスチールは、デジタル変革(DX)を主導する専門人材「データサイエンティスト(DS)」の育成を本格化する。11月から、東京の本社DX推進拠点(JDXC)で研修などを数カ月間集中的に行う。全国の高炉稼働状況などを一元的に見ながら、製造現場の実課題を取り上げ、専門人材としての素養を身に付けさせる。DSは、2020年度中に新たに約80人育成、累計350人程度にする考えだ。 DS教育は受講者1人...
36Picks
アジアの高炉事業に参入決定!日本の鉄鋼大手の狙いとは?
ニュースイッチ
|
JFEスチールは30日、ベトナムの高炉一貫製鉄所建設計画に参画すると発表した。台湾プラスチックグループ(台北市)がベトナム中部のハティン省ケアン市に建設中の製鉄所(写真)に5%(約270億円)出資する。JFEは技術支援・供与を行うと同時に、製造した熱延鋼板や線材などを東南アジアの各拠点に供給する。同社は2014年9月、ベトナムでの製鉄所計画への参画を断念。その後、別の台プラ事業で出資を検討...
28Picks
JFEスチール、台湾プラスチックのベトナム製鉄所に5%資本参加
Reuters
|
[東京 30日 ロイター] - JFEホールディングス<5411.T>傘下のJFEスチールは30日、台湾塑膠工業(台湾プラスチック)グループ<1301.TW>のベトナム製鉄所プロジェクトに参画すると発表した。5%(約270億円)を出資する計画。技術支援・供与も行う。
23Picks
韓国勢を打倒せよJFEスチールが新転炉公開、来年1月稼働競争力はポスコと遜色なし
産経ニュース
|
JFEスチールは27日、西日本製鉄所福山地区(広島県福山市)に増設中の中核設備「転炉」を公開した。12月下旬に試運転を始め、来年1月から本格稼働する予定。新転炉を活用して製鉄費用を抑える工程を導入し、価格競争を仕掛ける韓国メーカーなどに対抗する。
20Picks
トポロジー最適化で衝突安全性能や車体剛性を向上、JFEスチールの取り組み
MONOist
|
JFEスチールは「第9回 クルマの軽量化技術展」(2019年1月16~18日、東京ビッグサイト)において、スズキや三菱自動車に提供したトポロジー最適化技術を披露した。スズキ「スイフトスポーツ」、三菱自動車「アウトランダーPHEV S Edition」「エクスパンダー」「エクリプスクロス」に採用されている。
17Picks
製造設備の安定稼働に「5G」を生かす
ニュースイッチ
|
JFEスチールは製造設備の安定稼働に必要なビッグデータ(大量データ)を、第5世代通信(5G)で全社的に共有できる環境整備を進める。各製鉄所構内に5Gの環境を整え、設備に取り付けたセンサーの計測データを高速伝送して、刻々と変わる設備の状態を可視化する。他部門にいるデータ解析や設備管理の専門家らとデータを即時共有し、故障やトラブルに連携して対処できる体制も目指す。トラブルの防止や素早い復旧を狙い...
16Picks
JFEスチールが西日本製鉄所に数百億円投資 中国の過剰生産などで厳しい収益環境、生産効率高めて生き残り
産経ニュース
|
鉄鋼大手のJFEスチールは23日、製鉄所の競争力向上を目的に、数百億円をかけて設備を増強する方針を固めた。主力の西日本製鉄所福山地区(広島県福山市)で、高炉の目詰まりを防ぐ「焼結炉」を追加導入する。中国の過剰生産などで厳しい収益環境が続き、世界規模で競争が激しくなる中、生産効率を高めて生き残りを図る。
11Picks
100年以上の歴史に幕JFE「京浜高炉」の火が消える
ニュースイッチ
|
京浜工業地帯のシンボル、高炉の火が消える―。JFEスチールは2023年度にも、東日本製鉄所京浜地区(川崎市川崎区)の製銑・製鋼、熱延工程を閉じる。100年を超す歴史を持つ同社発祥の地の一つにもかかわらず、米中貿易摩擦や中国勢の台頭などによる鋼材需要減を受けて苦渋の構造改革に踏み切る。雇用の確保や約250万平方メートルに及ぶ跡地の有効利用を含め、競争力の強化にどうつなげるか。(編集委員・山中久...
13Picks
【インド】JFE、JSWと地場鉄鋼の買収検討か[鉄鋼]
NNAアジア経済ニュース
|
【インド】JFE、JSWと地場鉄鋼の買収検討か[鉄鋼] JFEスチールが、15%を出資するインドの鉄鋼大手JSWスチールなどと共同で、地場同業ブーシャン・スチールの買収を検討しているもようだ。欧州の鉄鋼世界最大手アルセロール・ミタルや英系の資源ベダンタも同...
12Picks
鉄鋼大手の今期業績、さらなる下方修正も。悪材料重なる
ニュースイッチ
|
鉄鋼大手の業績に依然、改善の兆しが見えてこない。ここに来ての一層の原油安で油井管などに使うエネルギー向け高級鋼の回復が遅れそうな上、鉄鉱石や石炭など原料価格の下落も鋼材のひも付き価格の下押し圧力になる。最近の円高傾向も輸出には向かい風だ。最悪、2016年3月期連結決算予想のさらなる下方修正にも迫られかねない。 日本鉄鋼連盟の柿木厚司会長(JFEスチール社長)は「ここにきて原油安が株安や資源安...
11Picks
超ハイテンも効率接合 JFEスチール、スポット溶接で新技術
日刊工業新聞電子版
|
JFEスチールは4日、自動車の組み立て用に、超ハイテン(超高張力鋼)でも効率的に接合できる技術などスポット溶接で4種類の新技術を開発したと発表した。車体構造の設計における自由度が高...
10Picks
JFE、23年度めどに高炉1基休止 20年3月期は1900億円の赤字予想
Reuters
|
[東京 27日 ロイター] - JFEスチールは27日、国内生産体制を高炉8基体制から7基体制に変更する構造改革を発表した。東日本製鉄所京浜地区(川崎市)の高炉1基を休止する。米中貿易摩擦で製造業中心に鉄鋼需要が低迷しており、競争力強化に向けた国内の生産体制最適化が狙い。
10Picks
JFEスチール、塗装塗り替えまでの期間を2倍以上に延長できる鋼板「EXPAL」を開発
fabcross for エンジニア
|
JFEスチールは2018年9月26日、塗装後の耐食性を高める塗装寿命延長鋼板「EXPAL」を開発したと発表した。沿岸域など、厳しい腐食環境下で利用する橋梁・建機・産機などの塗装の塗り替えまでの期間を普通鋼の2倍以上に延長できるという。 EXPALは、鋼に微量の耐食元素を複合的に添加し、圧延条件を適正化した。従来のJIS G3106(SM鋼)と同等の機械的性質を維持しつつ、従来鋼よりも塗装後耐...
10Picks
鉄鋼輸出、急激な円高が懸念材料に。ホット市況の値上がり「相殺」
日刊鉄鋼新聞
|
鉄鋼輸出で、不安定な為替が新たな懸念材料になってきた。新日鉄住金やJFEスチールは1~3月期に1ドル=120円程度を想定し予算を組んでいるが、為替市場はここ半月で120円台から一時は110円にま...
10Picks
世界の粗鋼ランキング、新日鉄住金は3位・JFE8位=世界鉄鋼協会まとめ
日刊鉄鋼新聞
|
世界鉄鋼協会(ワールドスチール)がまとめた2015年(暦年ベース)のメーカー別粗鋼生産ランキングによると、新日鉄住金は3位、JFEスチールは8位だった。
9Picks
JFEスチール、高強度と高靱性を兼ね備えたニッケルフリー合金鋼粉「FM1000S」を新開発
fabcross for エンジニア
|
JFEスチールは2017年9月22日、粉末冶金用途向けのニッケルフリー合金鋼粉「FM1000S」を新たに開発したと発表した。 高強度かつ高靱性の焼結部品には、ニッケルが4%、銅が1.5%、モリブデンが0.5%含まれる4%ニッケル合金鋼粉が用いられてきた。しかし、ニッケルの原料価格が上昇し、コストの増加が問題となっていた。また、同社は既に1000MPa級の高強度でニッケルフリーの合金鋼粉「FM...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ