新着Pick
SPD02A98MCQ3R48U

Alibaba Group Holding Ltd

阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア
c/o Alibaba Group Services Limited 1 Matheson Street 26th Floor Tower One, Times Square Causeway Bay Hong Kong Hong Kong
+852 22155100
詳細を見る
概要
1999年3月創業。企業間電子商取引をサポートするマッチングサイト「阿里巴巴 (Alibaba.com; アリババ・コム)」が多くの会員を集め瞬く間に急成長。

以降、電子商取引サイト「淘宝網 (Taobao.com)」、検索サイト「Yahoo!中国雅虎」、電子マネーサービス「支付宝 (Alipay)」、ソフトウェア開発会社「阿里軟件 (Alisoft)」(現在はアリババドットコムとアリババクラウドコンピューティングに合併) などの会社を設立または買収し傘下に収める。

国際的な知名度を高めたのは、2005年に行ったYahoo!中国の買収案件を成立させたことから。この際、アメリカYahoo!は阿里巴巴集団の株を入手し、2007年現在筆頭株主となっている。

創業者は馬雲(马云)。アメリカ検索サイト大手ヤフーの創業者ジェリー・ヤン、ソフトバンクの孫正義と交流があり、2007年からソフトバンク取締役を務める。

2007年11月に阿里巴巴網絡有限公司(アリババ・ドットコム)を香港証券取引所のメインボードに上場。2012年6月、アリババ・グループによる株式公開買付けにより、香港証券取引所の上場を廃止。買付け価格は、上場公募時の価格と同じ一株13.50香港ドルであった。

2014年、ロスチャイルドを財務アドバイザーに起用し、ニューヨーク証券取引所に上場し、時価総額2兆円を超える当時世界史上最大のIPOとして話題を呼んだ。上場の準備段階でフィデリティ・インベストメンツを自社の金融仲介に参加させていた。2015年、スナップチャットに2億ドルを出資したと報じられる。

2015年からトヨタ自動車に代わり2022年までの8年契約でFIFAクラブワールドカップの冠スポンサーに就いている。2018年より2028年までの10年契約で国際オリンピック委員会 (IOC)の13社目(トヨタなどに続く)のワールドワイドパートナーとなることも発表され、これにより韓国の2018年平昌オリンピック、日本の2020年東京オリンピック、中国本国の2022年北京オリンピックなどのスポンサーとなることが決まった。子会社のアリスポーツはEスポーツの振興に力を入れており、アジアオリンピック評議会(OCA)と提携して中国で行われる2022年アジア競技大会でメダル種目にすることを発表し、独自大会ではも主催してる。同年3月にはインド電子決済最大手のペイティーエムに巨額の出資をアリババの関連会社とともに行っており、インドでの高額紙幣廃止を追い風にシェアを拡大している。なお、アリババと提携しているソフトバンクも同企業に出資してアリババと並ぶ大株主となっており、両社はスナップディールにも巨額出資している。

2016年、3月期の決算で、傘下のサイトで売り買いされた流通総額は前年比27%増の4850億米ドル (約51.9兆円)だった。米ウォルマート、米コストコ、仏カルフールを上回り、初めて世界最大の小売企業・流通企業となった。営業利益が前年同期比26%増の291億元 (約4800億円)。スマートフォン経由でのネット通販が伸び、増収増益が続いた。売上高は同33%増の1011億元 (約1兆6671億円)。15年11月に実施した大規模セールの取引額が912億元と14年より6割増えたほか、スマートフォン経由での売上高も2.8倍に増えた。通期の総取引額は同27%増の3兆920億元 (約49兆8121億円)。投資収益などが膨らみ、最終利益は同2.9倍の712億元 (約1兆1740億円)。時価総額ではテンセントを抜いてアジア最大の企業にもなった。また、同年4月には東南アジアのECコマース最大手ラザダグループを買収した。2018年、米マネーグラムと前年に買収で合意するも米国の規制当局から認可されなかった。
代表者
John Michael Evans (President),Yong Zhang (Chief Executive Officer,Chairman)
設立年月日
1999
従業員数
251,462 人
上場年月日
2014-03-11
上場市場
香港証券取引所,OTCピンクシート,ウィーン証券取引所(ADR),サンパウロ証券取引所(BRDR),スイス証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所(ADR),ニューヨーク証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所,ハノーバー証券取引所(ADR),ハンブルグ証券取引所,ハンブルグ証券取引所(ADR),フランクフルト証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所,ミュンヘン証券取引所(ADR),メキシコ証券取引所(ADR),モスクワ証券取引所(ADR),ロンドンインターナショナル市場(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
16Picks
自動運転に参入した大手ITハイテク企業10社、最新動向まとめ!
自動運転ラボ
|
21世紀の世界経済をけん引するIT企業。米国ではグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフトの「GAFAM」がビッグ・テックとして君臨する。一方、中国でも同様にバイドゥ(百度)、アリババ、テンセント、ファ […] The post 自動運転に参入した大手ITハイテク企業10社、最新動向まとめ! first appeared on 自動運転ラボ.
78Picks
アリババの馬氏「身を潜める」、趣味や慈善活動に専念=副会長
Reuters
|
[15日 ロイター] - 中国電子商取引最大手アリババ・グループの蔡崇信(ジョセフ・ツァイ)副会長は15日、同社の創業者である馬雲(ジャック・マー氏)が「身を潜めている」ものの、趣味や慈善活動に専念していると明らかにした。
13Picks
アリババ系のブラウザに不審な動き、データを中国に送信
Forbes JAPAN
|
中国のアリババの子会社「UCWeb」が運営するブラウザアプリ「UCブラウザ」は、シークレットモード機能を搭載し、閲覧や検索の履歴を残さずにブラウジングを楽しめることや、ダウンロード速度の速さで人気を集め、アンドロイド版だけでも世界で5億回ダ・・・
632Picks
アリババ出身起業家が立ち上げた「秘密」の英語スクール
 「英語の勉強を始めたいが、自分に合った学習法が分からない」「オンライン英会話に登録したが、長続きしない」など、ビジネスパーソンの英語学習にまつわる悩みは尽きない。  そんな人々の駆け込み寺とし...
495Picks
【3分まとめ】アリババが赤字転落。中国IT大手の最新決算
NewsPicks編集部
|
中国政府による規制強化で厳しい環境が続く中国IT大手──。巨額罰金で赤字転落、スマホのシェア争い、ライブコマースでの決戦など、中国IT大手などの重要なトピックと絡めて、注目7社の2021年1〜3...
314Picks
ザッカーバーグを見出したスーパー投資家の「成功者の見抜き方」
Forbes JAPAN
|
草創期のフェイスブックに目をつけ、2億ドルの巨額投資に踏み切ったユーリ・ミルナー。その後ツイッター、エアビーアンドビー、スポティファイ、中国のアリババやJD.comといったインターネット関連のスタートアップ企業に次々投資し、うち5社が時価総・・・
14Picks
【図解】アリババ、ホンハイ、ファーウェイ続々参入。中国EV大国の全貌がわかる。生き残る9+3社とは
Business Insider Japan
|
2020年1月5日、投資家としても知られる出前アプリ大手「美団」の王興CEOは、 「中国の自動車業界は3+3+3+3に絞られ、その中から6社ほどに絞られる」 とSNSに投稿した。「3+3+3+3」は中央国有企業3社、地方国有企業3社、民族系(民営)メーカー3社、2014~2015年に設立された新興...
16Picks
アリババの馬氏、杭州の本社イベントに姿現す
Reuters
|
[北京 10日 ロイター] - 中国の電子商取引大手アリババグループ創業者の馬雲(ジャック・マー)氏が10日、浙江省杭州にある同社の本社キャンパスで行われた社員向けのイベントに珍しく姿を現した。同社の関係者が明らかにした。
555Picks
【解説】歴史を見れば、アリババの「巨額罰金」が分かる
NewsPicks編集部
|
その額、3000億円──。4月10日、中国の規制当局はアリババ・グループに対して、独占禁止法違反として、約182億元(約3050億円)の課徴金を科した。Eコマースでの「支配的な地位の乱用」が理由...
94Picks
ジャック・マー「AI社会には知識より知恵と体験が重要」。母校で後輩たちに語った「教育」の重み【新連載】
Business Insider Japan
|
古今東西、時代を問わず「学歴」は人の心をざわつかせる物差しだ。「学歴で人の価値は測れない」と多くの人が言うが、現実には有名大学に合格すること、あるいは子どもを有名大学に合格することが、社会において小さくない価値になっているからこそ、人は学歴を巡る価値観に揺れる。 中国は日本とは比べ物にならないほど学...
29Picks
中国当局、アントIPO許可取得の経緯を調査=WSJ
Reuters
|
中国の電子商取引大手、アリババ・グループ傘下の金融会社アント・グループについて、創業者の馬雲(ジャック・マー)氏がどのようにして迅速に上場許可を得たのか、中国当局が調査している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が27日、関係筋の話として報じた。
64Picks
デジタル元の試験運用開始、アリペイの牙城崩しに総力
Reuters
|
[上海 26日 ロイター] - 中国の商業の中心地、上海。「アリペイ」や「ウィーチャットペイ」に代わる決済手段を消費者に提供するという政治的使命を負った大手国有銀行6行が5月5日のショッピングフェスティバルを前に、静かにデジタル人民元を推進している。
12Picks
アリババ傘下物流企業「菜鳥」、QRコードに続く次世代識別技術RFIDを公開 精度99.8%
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
中国市場の物流分野に特化した会議「2021全球物流技術大会(2021 Global Logistics Technology Conference)」(4月14~15日/…
70Picks
中国アント、馬氏の保有株売却を検討 当局と協議=関係筋
Reuters
|
[香港 19日 ロイター] - 中国の電子商取引大手、アリババ・グループ傘下の金融会社アント・グループは、創業者の馬雲(ジャック・マー)氏が保有株を売却し、経営権を手放すことにつながる選択肢を検討している。規制当局の関係者や企業側の関係者が、ロイターに明らかにした。
376Picks
【3分解説】「アリババvs政府」巨額罰金でも終わらない理由
NewsPicks編集部
|
独占禁止法違反で中国過去最大となる、3000億円の課徴金──。4月10日、中国の規制当局は、Eコマースでの「支配的な地位の乱用」があったとして、アリババ・グループに課徴金約182億元(約3050...
63Picks
TikTokのバイトダンス、ECアプリを開発中 アリババと対抗
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
大人気ショート動画プラットフォーム「抖音(Douyin、海外版はTikTok)」のEC事業部がEC専用のアプリを開発中だということがわ…
23Picks
アリババ騒動、3000億の罰金を払ってもまだ続く共産党が“袋叩き”にする理由
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
4月10日、中国のEC大手アリババグループに3000億円を超える制裁金が科された。それだけでなく、傘下のフィンテック企業が急に規制を受けるなど、中国政府の対応は厳しい。その背景には、政府内部の動きがあるのではないだろうか。
164Picks
上海、世界屈指のAI産業都市を目指す
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
深センといえばハードウェアとテンセントなどの都市であり、杭州といえばアリババの企業城下町。では流行の最先端を行く大都市…
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ