新着Pick
SPD00OOURIQ2MQ4N

株式会社 シマノ

株式会社シマノ(英語: SHIMANO INC. )は、大阪府堺市堺区に本社を置く、自転車部品と釣具の製造を主要な事業とするアウトドアスポーツメーカーである。スポーツ自転車部品の世界最大手企業である。 ウィキペディア
大阪府堺市堺区老松町3丁77番地
072-223-3210
詳細を見る
概要
堺の鉄工所職人だった創業者・島野庄三郎が28歳で創業。鍛冶屋の伝統を持ち、16世紀以来包丁と鉄砲の町として知られてきた堺は明治に入ってから自転車の部品や完成品の生産に業種転換し、日本の自転車産業の中心地となっていた。1921年にフリーホイールの生産にとりかかった島野庄三郎は、1939年には工作機械200台、雇用人員200名を数える日本最大のフリーホイールメーカーとなった。その後、1960年代後半に米国や欧州で起こった巨大スポーツサイクルブームが追い風となり会社は成長。

自転車部品と釣具の製造をその主要な事業とし、ロードバイク・マウンテンバイク・レース用自転車の機構部品としては世界最大である。かつてはゴルフ用品やスノーボードのビンディング・ブーツも製造販売していたが、ゴルフは2005年、スノーボードも2009年3月31日をもって終了した。取扱品目の性格上、従業員の自転車通勤も積極的に奨励している。

みどり会の会員企業であり三和グループに属していると同時に大輪会の会員企業である。
代表者
代表取締役社長 島野泰三
設立年月日
1940-01
従業員数
12,244 人
上場年月日
1972-11-21
平均年齢
39 歳
平均年収
7,876,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),ウィーン証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
20Picks
「自転車界のインテル」を生んだ日本で、なぜ配達員に“批判の声”が出ているのか
ITmedia ビジネスオンライン
|
自転車の部品を開発している「シマノ」が、海外で称賛されていることをご存じだろうか。世界のスポーツ自転車向け部品のシェアは85%で、その高い技術力から「自転車界のインテル」と呼ばれている。そんな企業を生んだ国で、「自転車ヘイト」が起きている。なぜかというと。
609Picks
自転車界のインテル、「シマノ」高収益の秘密
東洋経済オンライン
|
大阪府堺市。ここに本社を構える企業といえば、電機大手のシャープだろう。だがこの地には、知る人ぞ知る…
262Picks
「自転車業界のインテル」と称されるシマノは依然として有望な成長銘柄
投信1(トウシンワン)
|
「自転車業界のインテル」と称されるシマノ。絶好調な業績や株価の背景を解説します。...
187Picks
ビジュアルレポートで見るシマノ最新決算
NewsPicks編集部
|
シマノは2月10日に2014年12月期連結決算を発表した。この決算をどう見ればいいのか。決算概要をアナリスト集団Longineの持丸強志氏が解説、ビジュアルレポートを用いて分析する。
171Picks
シマノは“自転車のインテル”とも呼ばれるが株価が不調。その理由とは
投信1(トウシンワン)
|
自転車ファンであればご存じの方も多いと思いますが、シマノの自転車部品、たとえば変速機やブレーキなどは世界的にも大きな市場シェアを獲得しています。そのため、PC向けCPUメーカーのインテルにちなんで「自転車のインテル」とも呼ばれています。
128Picks
無借金経営は良い?悪い?
GLOBIS 知見録
|
「無借金経営」は良いと思いますか、悪いと思いますか――。 無借金経営と言うと経営は安定しており、銀行からの干渉もなくて済むような感覚を持たれる方も多いでしょう。 日本の企業を見てみると、高収益企業で名高いシマノは無借金経営ですし、世界的な優良企業のトヨタ自動車もほぼ無借金経営です(連結ベースでは金融子会社があるため負債が多いように見えますが、本業に関しては、借金はほぼミニマムレベルです)。パ...
72Picks
シマノ元社長・島野喜三氏死去 MTBブームに貢献
朝日新聞デジタル
|
島野 喜三さん(しまの・よしぞう=元シマノ社長)3日、慢性心不全で死去、85歳。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻郁子さん。後日、お別れの会を開く。連絡先は同社広報課(072・223・3957)。 シマ…
37Picks
シマノ株が暴落、“自転車業界のインテル”に何が起きた?
投信1(トウシンワン)
|
“自転車業界のインテル”と称される自転車部品メーカーのシマノの株価が一時▲10%超安の暴落となりました。決算の下方修正が主要因と見られますが、もう少し詳しく見てみます。
37Picks
株価急落のシマノ、自転車部品の不振を釣具で補えず
投信1(トウシンワン)
|
「自転車業界のインテル」と称され、世界中の自転車競技者で知らない者はないと言われるのが自転車部品メーカーのシマノです。大幅な減収減益となった2016年を経て、2017年への反転攻勢を仕掛けるのか気になります。
13Picks
トヨタやシマノ、ダイキンに見る長期で恩恵を受ける日本株の共通点
投信1(トウシンワン)
|
フィデリティ投信の元ファンドマネージャーで現在相談役である山下裕士氏に、長い運用経験から印象に残っている銘柄をエピソードとともに語っていただきました。個人投資家にとっては貴重な情報が満載です。
13Picks
シマノは円高と市場減速に立ち向かう“自転車業界のインテル”
投信1(トウシンワン)
|
世界の自転車市場拡大が続く中、業績を伸ばしてきた”自転車業界のインテル”と称されるシマノですが、2016年は久々の逆風が吹いています。
11Picks
【経済裏読み】スポーツ自転車にも電動化の波 シマノが市場参入、パナソニックとヤマハも本腰、ドイツ勢が来襲…
産経ニュース
|
電動アシスト自転車といえば、ママ・パパが子供を乗せたり、高齢者が買い物に利用したりする軽快車、いわゆる“ママチャリ”のイメージが強い。しかし今年、ついにスポーツサイクルの電動化が国内で本格化した。「えっ、スポーツするのに電動?」といぶかしむ声も聞かれるが、ヨーロッパでは「eバイク」と呼ばれる電気モーター搭載のスポーツサイクルが売れに売れている。電気自動車(EV)の台頭に続き、自転車業界も電動...
7Picks
シマノ(7309)は業績・株価とも過去最高更新が続くが、次の買い場を待つのも得策か
Longine
|
投資家に伝えたいポイント 自転車部品事業の持続的な拡大を背景に、2014年12月期は過去最高益を大きく更新へ。株価も上場来高値が続いているが、欧州地域等での懸念材料も少なくない。やや過熱感がある株価でエントリーするよりも、買い場を待つのも得策。 コメント 世界最大手の自転車部品メーカーの1つ(変速機、ブレーキ等)で、釣り具事業も展開。7月29日に2014年6月中間期(2014年1月-6月)決算を発表。主力の自転車部品の増収効果(特に欧州、中国などアジア)、及び、円安効果等により、営業利益+43%の大幅増益。釣り具事業も回復傾向に入ったことも下支え。中間期実績を受けて、2014年12月期の...
6Picks
ヤマハが自転車部品メーカー「シマノ」に学ぶべきトップブランドへの道 - 事例で学ぶ「ビジネスモデルと戦略」講座
Diamond Online
|
前回は、ヤマハが高級グランドピアノ市場に挑む上で立ちはだかる巨大な壁「スタインウェイ」のビジネスモデルを解説しました。では、どうすれば、ヤマハはスタインウェイの壁を超えることができるのでしょうか。後編では、グローバルでトップブランドの地位を確立した自転車部品メーカー「シマノ」の戦略から、そのヒントを探ってみたいと思います。
6Picks
シマノ(7309)2015年12月上期(1-6月期)決算。様々な面でスローダウンの兆候
Longine
|
決算発表後の第一印象 会社側が中国市場の販売スローダウンに言及、株価に対して「ややネガティブ」な印象。 コメント 上期実績は、営業利益が+49%増、当期純利益が+76%増。主力の自転車部品は、国内で苦戦したものの、欧州を中心とした海外で伸長し、円安効果も寄与したと見られる。ただ、Q1実績(営業利益+63%増)と比べると、Q2の増益率が鈍化したことは明白。また、上期の中国市場におけるスポーツタイプ車の販売が前年を下回るなど、留意すべき材料が少なくないのが特徴だ。 2015年12月通期の会社予想は、僅かながら上方修正されたが(営業利益は従来予想765億円→今回予想770億円、当期純利益は同5...
5Picks
マキタ、シマノ、オービックなど バフェットが狙いそうな有望株5社を厳選! - バフェット帝国の掟
Diamond Online
|
「投資の神様」ウォーレン・バフェットが日本の総合商社5社に投資したことが判明して以来、日本の株式市場においても「バフェットの次の投資先」について注目度が高まっている。そのバフェットの最新の考え方が理解できること、またバフェットが推薦したことで世界中の投資家のあいだで話題の『バフェット帝国の掟』の日本語版の出版を記念して、2014年以来、毎年バフェット率いるバークシャー・ハサウェイの株主総会に...
5Picks
シマノ(7309)の2015年12月期決算。成長シナリオは一旦終焉に向かうのか
Longine
|
決算発表後の第一印象 会社予想を鵜呑みにすれば、同社の成長シナリオが一旦は終焉を迎えることを意味する。株価に対しては「ネガティブ」な印象。 コメント 2015年12月通期実績は、売上高が対前期比+14%増、営業利益が同+29%増、当期純利益が+49%増となり、4期連続の過去最高益更新となった。主力の自転車部品事業は、中国はやや苦戦をしたものの、欧米や一部新興国市場で伸長し、業績拡大の牽引役となった。円安も寄与した他、高価格帯モデルの販売好調が続いたことで、プロダクトミックスも改善した模様。また、釣具事業も下支え要因になった。 しかし、今回新たに公表された2016年12月通期の会社予想は、...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ