新着Pick

キャッシュレス革命

PayPalが今、世界規模で取り組むリスクマネジメントとは
樫本 倫子NewsPicks BrandDesign BrandEditor
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
338Picks
【貨幣の新歴史】第3回:ソフトマネーはなぜ創造されたのか
NewsPicks Brand Design
大山 敬義&Biz株式会社 代表取締役社長 兼 CEO (日本M&Aセンター 常務取締役)
貨幣の歴史はついにソフトマネーのお話ですね。 > 18世紀のフランスでは病める経済を救済するためにソフトマネーが導入されたが、この間の事情にゲーテは精通していた。ソフトマネーは一時的に効果を発揮したものの、結局は金融を壊滅状態に追い込んでしまう なんて、サラッと書いてありますが、これこそが財政破綻の危機に瀕していたフランスが行なった世界史上初の、金属通貨から紙幣、つまりソフトマネーへの転換のことを指しています。(中国の飛銭とかはどちらかというと手形に近いのでここでは置いておきます) つまり初の中央銀行ローアンドカンパニーの設立と、王立銀行券の発行のことです。 これによりフランスの財政はたしかに一時的に立ち直ったのですが、結局は手持ちの担保資産を大きく上回る紙幣を発行するという欲求には勝てませんでした。 遂には発行しすぎた紙幣の実態を隠し、その収拾の為、詐欺まがいの計画が立案されるのです。 これが、名高いミシシッピー計画事件(ミシシッピーバブル)です。 ミシシッピー会社という官営スタートアップの株を釣り上げて、フランスの国債と値上がり確実なミシシッピー会社の株を交換させることで、国債の回収と銀行券の価値の維持を計ろうとした事件です。 ミシシッピー会社の株価は1年で20倍になり、目論見は成功したように見えましたが、間も無く会社に実体がないことがわかり株価は暴落。 ローアンドカンパニーは破綻し、王立銀行券の価値は一気に半分以下になりました。 つまりソフトマネーというのは、その誕生の時から発行のしすぎによる価値の暴落という宿痾を抱えていたということですね。
260Picks
PayPalやStripeなどの決済サービスが、Bitcoinを恐れていない理由
Inc.
杉井 靖典カレンシーポート株式会社 創業者・CEO
PayPalやStripeがビットコインを恐れないのは当然である事ように思います。 彼らの目的は、ビットコインの当初の目的とはかけ離れているし、逆にビットコインを便利だと感じる人も、PayPalやStripeが憎いとも、戦っているとも、そもそも考えてもいないはずです。 なぜなら、ビットコインが戦っているのは、銀行や国家だから。 まさに、彼らの立場からみれば、ビットコインは目の上のたん瘤みたいなものです。 「なんぴとたりとも停止することのできない送金」という目的には、良きにしろ悪しきにしろ、世界的にそれなりの需要があることを事実として捉える必要があります。 誰がその送金を止めたいと思っても、決して止められないという点では、他のどの送金方法にも適わない機能であって、それが10年間無停止で動いているという事実がビットコインの正体です。 いわゆる「非中央集権」という特性ですが、しかし、それはすべての仮想通貨がそうであるわけではありません。それは、ビットコインが選択した生存戦略であって、ブロックチェーンの固有の特性でもない点も押さえておく必要があります。 要するに、PayPalやStripeが本当に脅威に感じるかもしれないのは、ビットコインではなくて、その他の中央集権的特性をもっている「保護」とか「裁定」に対応したブロックチェーンテクノロジー配下で発行可能なトークン流通システムでしょう。 例えば、今は、経済規模的に脅かすには至っていませんが、彼らにとっての本当の脅威となるのは、Corda、Ripple、NEM、あたりがそれです。 この議論をする時には「ざっくり一括りの理解では真実が見えてきません」本当に比べるべきは要点は何で、それに該当するのが何と何なのかをきちんと理解しないといけません。
253Picks
【貨幣の新歴史】第2回:ローマと現代、共通する貨幣戦略
NewsPicks Brand Design
大山 敬義&Biz株式会社 代表取締役社長 兼 CEO (日本M&Aセンター 常務取締役)
実はローマ帝国滅亡の原因の一つに貨幣政策の誤りが原因だったとする説があります。 ローマ帝国末期は、このピックにもあるように貨幣の改鋳が繰り返されました。 アウグストゥス帝時代のデナリスウス銀貨の純度は98%でしたが、軍人皇帝時代には含有量は5%を切り、帝国末期には銀貨どころか、銀メッキのヌムス銅貨が主流になるに至ります。 末期のローマ帝国では、ハード通貨の価値の低下がインフレを引き起こし、ハイパーインフレに近い状況が止まらなくなる一方、農業生産力の低下が原因で収入や金利が下がり続ける、つまり史上初のスタグフレーションが進行したのではないかと考えられています。 このスタグフレーションは当時のローマ市民を大変苦しめましたが、一方でコンスタンティヌス帝は新たな金貨としてソリドス金貨を発行しました。 ソリドス金貨は純度が95.8%と非常に高く、ハード通貨としは当時破格の信頼性がありましたが、発行数が少なく貴族や上流階級しか所有することはできませんでした。 つまりヌムス銅貨などしか持たず悪性インフレの影響受けまくりな一般市民と、インフレの影響を受けないソリドス金貨をもつ上流階級の格差が開き、この格差問題が帝国を滅ぼしたのだ、という話です。(これは現代でもありそうな話ですね) 真偽はともかくとして、ソリドス金貨はローマ帝国が滅んだ後も地中海世界の標準貨幣として長く流通し、西ローマ帝国滅亡の600年後の1092年まで発行が続けられました。 因みにドルを表すのに$マークを使うのは、ソリドスの頭文字が語源だとされています。
674Picks
新着ニュース
中国、3人目のカナダ人拘束=ファーウェイ事件との関連不明
時事通信社
米経常赤字10年ぶり高水準 7~9月、23%増
共同通信
居住や航空の現状維持容認 英無協定離脱でEU対応
共同通信
日産、ルノーとトップ会談行わず 経営幹部らに統治改革説明=関係筋
Reuters
米経常赤字、10年ぶり高水準
共同通信
無協定離脱でも英市民のEU居住容認
共同通信
GSK、ファイザーが大衆薬統合 英米が世界最大規模、19年後半
共同通信
NY円、112円前半
共同通信
NY円、112円28~38銭
共同通信
独、EU外の専門職労働許可を閣議決定
共同通信
ゆうちょ限度額、2600万円に倍増へ 政府方針
朝日新聞デジタル
三菱自動車では役員報酬の虚偽記載なし
共同通信
上海市副市長らが台湾を訪問 中台地方交流、活発化も
共同通信
香山リカさん講演中止、京都弁護士会が声明「民主主義の維持を」
京都新聞
米、北朝鮮訪問制限の緩和を検討 非核化交渉で譲歩促す
共同通信
iPhone XS用バッテリーケースはレザー製? 内部製品ガイドから明らかに
ギズモード・ジャパン
日本郵政、米アフラックに出資=2700億円、持ち分法会社に
時事通信社
ファーウェイのAI自動運転技術(2) AI顔認証システム中国全土で稼働 監視社会の恐怖
財経新聞