新着Pick
201Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
長期的にすぐ成果の出ないプロジェクトやってると優秀じゃなくて目線が下る人もたくさん出てくるので、業績悪いふりをしてしっかり切るのも大事って話をアメリカで働いてた時に聞いたことあるからそれに近いかもなと思いました
僕はこれは必ずしもSpaceXがうまくいってないサインじゃないと思う。

ちょうど今はFalcon 9/HeavyとDragon 2の開発がひと段落して、これからBRFの開発に軸足を移すところ。おそらく、あるスキルセットの需要が減って、別のスキルセットが必要になったのでしょう。また、ロケットの再利用の技術がせいじゅくしたので、今までのように年間何十本ものロケットを製造する必要がなくなったから、製造サイドを減らす必要があった、という憶測もあります。もちろん全ては憶測ですが、会社の衰退というより、積極的な会社のモード転換を図ったのでしょう。非情ではありますが。

ツイッターから流れてきた3次ソース情報ですが、先日、全社のミーティングがあってレイオフが発表され、職員は家に帰ってeメールを待つように指示されたとのこと。その恐怖のeメールに、雇用継続か、レイオフかが書いてあるわけです。恐怖や。

組織にとっては良い面もあるでしょう。自組織のちょっとした文句になってしまいますが、僕はAIとか自律化とかが専門です。でもうちのシニアなマネージャーの大多数はもっと古い領域、たとえばメカニカルエンジニアリング出身がおおくて、どうしてもハードウェア中心の発想から抜け出せなかったり、新領域の研究のプロポーザルを理解する背景知識がなかったりする。組織のもつスキルセットのポートフォリオの変化のスピードが、世の中に追いつかない面も出てきます。講座制の大学も同じですね、何十年たってもどの分野に何人の先生がいるかは変わらない。

まあとはいえ、組織のスキルセットの変化をレイオフばかりに頼るのもどうかとも思う。短期的には良くても、長期的には従業員のモチベーションや新規雇用の魅力が下がり、組織にダメージになるかもしれない。難しいですね。
組織って科学みたいなものだから相性もあるし、ネガティブの連鎖もあるので、こういった意思決定は致し方ない時もある。逆に見て見ぬふりをするほうが一番良くないパターン。人事だとドラクエの仲間入れ買えに近いことあるよね。実際経営陣もそうなわけで。
うまく行ってるように見えて、財政的には厳しいのかな。あるいは何かのタスクが完了して用済みになったスキルを整理するのか。SpaceX自体は「ファイナンスはヘルシーだ」って言ってるけど。

3ヶ月くらい前にもStarlinkの進捗が遅すぎるって管理職を何人かクビにしたみたい。Starlinkのキャッシュフローがプラスに転じるのは、全部上手く行っても3年以上先だろうなぁ。。

むしろこれだけシビアに切り詰めてスピーディーにやってきたからうまく行ってきたのかなー
最近Space Xのエンジニアを面接しました。

10%程度のレイオフでうまく行ってる行ってないというのは全く関係ありません。常にそのくらい「代謝」するのがスタンダードです。テスラもそうだし、もっと世間的に尊敬されるほとんどの会社も実はそうです。成長が激しければなおさらです。フェーズごとに必要な人員は変わって当たり前です。

岡田武史さんの今治なんか見てください。企業ではなくてもスポーツでは日本でもあるんです。日本とは全く感覚が異なりますが、毎年人変わりますから。それを前提に組織のマネジメントをやるんです。日本にはまだ終身雇用カルチャーとたいして変わらない同族意識で多くのベンチャーはやっていて、それの美学みたいなのもありますが、イーロンの会社で働く個人にとってはもっと短期サイクルです。組織の成長と個人の成長、急成長する組織については私はボトルネックになるのは組織ではなく個人だと思います。つまり、組織がうまく急速に成長した場合、ボトルネックになるのは立ち上げを共にしたメンバー、仲間なのです。これを「代謝」できるか。それがその個人とその組織の成長スピードにはとても大切です。
Space Xで10%の人員削減。LA Timesが報じ、それをSpace X側が確認している。
下記のQuartz記事がもう少し詳細が出ている。資金的には昨年増資で5億ドル調達している。
https://newspicks.com/news/3591291
投資モードからビジネスフェーズに切り替わったとも受け取れる。

R&D段階では複数のフェーズを重ねて要員のボリュームを平準化できやすいと思いますが、ビジネス化に移るタイミングではROIベースでの計画になるのは必然です。
人材の流動化が起こるので宇宙業界がまた活性化する
米国の報道によると、ボトムラインに課題が
あるのであろうとある。

昨年5000億の増資をしている。

全てのスペース企業と同様に、計画は予定通りではない。

https://qz.com/1521906/elon-musks-spacex-is-laying-off-10-of-its-workers/
凄まじい経営判断。あれだけ順調にファルコンを安定運用化させて、いよいよ次の超大型機へ🚀つなげる中で、layoff。日本企業では真似できない。深い。すごい。