新着Pick

日本の組み体操、危険性審査へ 国連の子ども権利条約委員会

共同通信
日本の組み体操、危険性審査へ 【ジュネーブ共同】日本の小学校などの運動会で行われている組み体操の危険性について、国連の「子どもの権利条約」委員会が、傷害などからの保護を定めた同条約に違反しているとの指摘を受け、今月始まる対日審査で...
110Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
本来,このような運動会の一種目にすぎないものに,国連の委員会や文部科学省が介入すべきではありません(文科省は,2016年3月に安全に実施するよう通知を出しています)。教育現場の自主的な判断にまかせるべきです。
ところが,巨大組み体操のやっかいなところは,それが「教育」としておこなわれてきたことです。つまり,「子どものため」にやっている。だから,積極的に指導している教師や,それを応援している保護者にとっては,それが「いいもの」という認識なのです。だから放置しておくと,危険なまま収まることがない。それゆえ,国連や国が動かざるを得ない。
巨大組み体操を主導する学校側には,リスク管理の意識をもってもらいたいです。ただ,この多忙な状況のなかで反省する余裕もなく,「例年どおり」に進めてしまうという状況があります。
これだけ警鐘が鳴らされているなかで、子どもが通う小学校でもやっていて本気で驚いた。しかも親が感動していて情けなさしかない。来年からはなくせるように話をしていく。
ピラミッドは一番下だったのですが、膝が痛かったです。
それから、完成した次には、全員で潰れるというやり方でした。笛がなったら全員よつんばいからうつ伏せに。

みんな「えっ?まじ?大丈夫ですか?」と言っても、先生たちは大丈夫だよという。まあ確かに怪我人はでなかったですが。
学校の先生が「現場からの声」として、小学校などの運動会で行われている組み体操のリスクを発信すべき。国連の「子どもの権利条約」委員会が審査対象とすることを決定してから日本で議論を開始するのでは恥ずかしい。
ここまで危険性が指摘されていながら、組体操をやり続ける意味が分からない。