新着Pick
458Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今の所噂されている次期iPhoneのスペックは以下の通りのようです。

iPhone XR 後継機
6.1インチ LCD
IP68

iPhone Xs 後継機
5.8インチ OLED
IP68
ノッチ部分縮小
Face ID 2.0
トリプルレンズカメラ

iPhone Xs Max 後継機
6.5インチ OLED
IP68
ノッチ部分縮小
Face ID 2.0
トリプルレンズカメラ

プロセッサは新型の7nmプロセスのA13が搭載されると思われますが、劇的な性能向上は次のA14からになりそうです。
となると、次期iPhoneのウリは初のトリプルカメラの出来次第ということになりそうですね。
ここでソニー製の新型3D TOFセンサーや4800万画素の超高解像度積層型CMOSセンサーIMX586といったキワモノが乗ってくると相当面白そうですが、未だ新しいイメージセンサーについては情報がありません。

5G前なので劇的な変化は今回はないと予想しますが、一応Apple信者としてはあれこれ予想を楽しみながら、あまり期待せずに待ちたいと思います。
ある程度価格を抑えないと、「ハイエンド」1点ばりではなかなか厳しいかも。
価格とスペックを2極化させることは明らかに必要だろう。あとは今後の5Gに向けて何を予感させるか。
予言します。

ディスプレイ指紋認証が搭載される→X系統の「顔認証だけだと不便」といってた人の離れかけた愛を取り戻すことに成功

これが次のアップルの戦略だと思います。が、ずいぶんとAndroid勢もグイグイ押し上げてきているので、これまでの「スマホと言えばiPhone。周りもみんな使ってるし」とは状況が違います。どうなっていくか楽しみです。

5Gで何がどうなるかは、私には正直まだよくわかりません。

※追記
もうひとつ大胆予想。HUAWEIと提携していたドイツのライカ、HUAWEIが苦戦しはじめて、アップルもライカレンズのすごさはわかっていると思うので、iPhoneにライカレンズが乗るか。
コメント欄見ても、Appleに対して、批判的な内容の方が増えていますね。元からAppleに批判的な人だけでなく、熱烈なiPhoneユーザーと思われる人からも批判的なコメントが見られます。以前のソニーやその商品に対しても同じ状況がありました「可愛さ余って憎さ百倍」みたいな。現時点のAppleはまだ憎まれているレベルではありませんが、その領域に足を踏み入れつつあります。期待されているうちに、その期待に応えられるものを出さないと、本当に危険です。今年の秋モデルは、どうでしょうか?期待せずに待ちたいと思います。
次のiPhoneが、主要な2つのトレンドをどのように対応してくるのかには注目です。

①5G対応
②フレキシブル有機ELディスプレイ→折りたたみ可能

Appleはスマホのハード単体だけでは、優位性が保ちきれなくなっているので、「5G時代の新しいライフスタイルを提示」できるかが鍵になってくると思う。
3眼カメラ搭載と、割安な2眼カメラ搭載(XRの2眼化?)。3眼となった時に、どういうセンサー構成になるのか、ToFはのるのか。
https://newspicks.com/news/3562793

部品メーカーにとっては、Appleは当たり前だが極めて大きい出荷量のため、どういう変更があるのかは需要に大きく影響する。
一方で、顧客目線では細かい技術より、ワクワクしたりUXとして進化が体感できるか。今のiPhoneは、価格・性能と代替製品とのバランスで、昔のような強さは発揮できていな印象で、そこを変えることができるか。
アイフォンの買い時は本当に悩みますよね。なのでGoogle Pixelに乗り換えちゃいましたが。

でもPixelも高くなってきたから廉価版が出るとアイフォーンとも悩むなあ。。。
真偽はおいておくとして、XRのポジションをどうしていくのか。この辺りの値決めはかなり大事なところですが、ずるずる品揃えが増えていかないかも気になるところです。
昨年のバッテリー消耗度に合わせた劣化プログラムに発する騒動で、かなりのユーザーが廉価でバッテリーを交換したと思います。私はその1人。

そういうユーザーは本年は買い替えしないでしょう。
だから、買い替え主戦場は2020年ではないか。