新着Pick
263Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
100年越え企業の大半は中小企業です。よっぽどの大企業ならともなくBCPなんて横文字の計画など立てている訳はないのです。
難しい言い方をしていますが、要は「早い時期から後継者を(暗黙の了解も含めて)決めている」もしくは「明確な後継者選びのルール(これも暗黙の了解も含めて)がある」ということですね。

日本の老舗企業の大半は同族オーナー企業です。
財産と経営が一体で、次の後継者が明白、つまり経営上問題さえなければ仕組みとしては永続することが確定なので、結果として日本には世界の60%以上の100年超の企業が集中しているわけです。
(因みに1000年以上続く会社も7社あり、世界の老舗企業トップ5は全て日本の企業です。)

ここで問題となるのは、長い年月の間には必ず無能な経営者が生まれたり、社会的に大きな変動があること。
多くの老舗企業は、「守るべき企業の本分(ドラッカー流に言えばミッションと言い換えてもいいです)を守る」ことで、事業の分散を防ぎ、かつその範囲内で身の丈にあった変化をし続けることで、逆にリスクを回避してきました。

イノベーションを起こしたり、収益を追求し続けることも企業のあり方の一つですが、一方で過大な拡大を試行せず、本当に守るべきサービスを安定して長く供給し続けるのも又企業のあり方です。

私はこうした知恵はもっと尊重されてしかるべきものだと思っています。
事業計画はほぼ全ての企業が立てると思いますが、いつまでに事業をどのような状態にして、そのときの売上・利益はどうなるという、ある地点までの到達計画。

一方で、事業継続計画は事業だけでなく外部環境も含めて考える。災害や緊急事態など予期せぬ事態が起きたときにどう行動するのか。どうやって損害を抑え、事業を継続させるのか。
まさにサバイバル計画であり、老舗企業ならではの知恵やこだわりがあるのだろうと感じます。

以下引用
“帝国データの調査では、老舗企業は特に事業継続計画(BCP)策定率が高いことが判明しており、危機意識が高いことも特徴の一つだとしている”
老舗企業が多いことは日本の特長。578年創業の金剛組はじめ古さでは世界ランキングを独占し、200年以上の歴史がある企業の半数以上は日本だそうです。記事には事業継続計画や危機意識とありますが、ぼくが知る4~500年続く会社の多くは、オーナー経営で、娘にいい婿を取って経営させ、伝統に固執せず変化を続ける、という特徴があります。
以前、ご長寿企業の論文書いたのですが、共通点として企業理念がしっかりしていること、意外に、時代に応じてビジネスモデルを柔軟に変えていること、は印象的でした。
虎屋を見ているとよく理解出来ます。
→他にも老舗企業はありますが、身近なのは虎屋。羊羹美味しいです^_^

虎屋のミッションは会社内でカッコいい言葉にしていなくても共有されていますね。
その安心感が、多少高い羊羹の値段でも受け入れる気になります。
別の記事で取り上げられているアパレル企業とは違いますね。
養命酒製造株式会社(ようめいしゅせいぞう)は、東京都渋谷区に本社を置く、薬用酒「養命酒」の製造販売などを行う医薬品製造会社で、大正製薬ホールディングス株式会社(2011年10月に大正製薬株式会社の単独株式移転により設立された持株会社)の持分法適用会社である。ちなみに、製薬会社の養命製薬とは、一切の関係をもっていない。 ウィキペディア
時価総額
347 億円

業績

株式会社帝国データバンク(ていこくデータバンク、英語:Teikoku Databank, Ltd.、略称:TDB)は、企業を専門対象とする日本国内最大手の信用調査会社である。 ウィキペディア

業績

松井建設株式会社(まついけんせつ)は、東京都中央区新川に本社を置く総合建設会社(中堅ゼネコン)である。創業天正14年(1586年)の、日本国内の上場企業では最も歴史の古い会社。社寺建築に高い技術力と実績があり、「社寺の松井」とも。 ウィキペディア
時価総額
237 億円

業績