新着Pick
36Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
政府専用機は、何かあったときに備えて、いつも同じもう1機とペアになって飛びます。
          
アメリカのエアフォースワンは「空飛ぶホワイトハウス」と呼ばれているので、政府専用機は、さながら「空飛ぶ首相官邸」といったところでしょうか。
             
なので、Wi-Fi設置などは当たり前のような気もします。
民間機では、スカパーJSATの静止衛星を利用するなどして機内でのインターネット環境を構築しています。
日本政府も、以前は民間のスカパーJSATの衛星を間借りするなどして軍事通信を行っていましたが、今年4月にXバンド防衛通信衛星が打ち上げられていますので、政府専用機としてはその回線を使えば秘匿性は問題ないでしょう。あるいは、wifi用のインターネット回線は民間機同様、gogo社やパナソニックアビオニクス社といったプロバイダーと契約して導入するかもしれません。日本の場合、高いセキュリティを要求するシステムはインターネット回線から切り離すように要求する場合がありますので、政府専用機といえども一般人の乗客を運ぶことがあることを考えれば、wifiの部分は別の回線となっていても不思議はありません。
ANAが整備担当を初めて担う時期政府専用機の内部が公開された。機体は777-300ERをベースとしている。会議室の写真が公開されているが、広く使いやすそう。座席もプレエコ、ビジネスクラス仕様の席が用意されているようだ。
海外の航空会社に比べてANAのwifiは弱いなぁと感じるのは私だけ?
政府専用機なのだから、そこはケチらないで欲しいですね。
政府専用機をここまで公開して大丈夫なのかと思うところはありますが、貿易赤字解消に燃えているトランプ政権に対する外交PRといった形でしょうか。777という選択は妥当ですね。