新着Pick

新卒選考で自社インターン必須に サイバーエージェント

共同通信
新卒選考で自社インターン必須に インターネット広告大手のサイバーエージェントは6日、総合職の新卒採用の選考過程で自社へのインターンシップ(就業体験)を来春から必須にすると発表した。能力を見極めやすい技術者やデザイナーと違い、総合職は...
458Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
いろいろな会社の新卒採用のプロセスをお手伝いしてきましたが、私たちが結論としてベストなんじゃないかと思っているプロセスが、まさに最終面接前に、1-3日間程度のインターン選考を入れる、という形式です。

会社側も学生もお互いのことがよくわかる(面接の場だけでは見えない側面もわかるし、学生側もオフィスに1日中いれば何となく合う合わない感じる)ものです。もともと5日間とか2週間とか日数のN数はいじっていろいろ試しましたが、N=1-3がさまざまな観点で最適解に感じます。

やる上での注意点は、現場の負荷を配慮しつつ、採用人事チームから現場への協力・巻き込みを促し、会社として採用の重要性・コミット意識を高めることが必要です。あとは絶妙なバランスで業務と選考課題のミックスをして、社員とのタッチポイントを意外と細かく設計しないといけません。
何度か紹介していますが、CDIでは「弟子をとる」という発想のもと、パートナー・プリンシパル別に採用基準を設け、採用プロセスを設計し、それぞれが採用します。(筆記、グループディスカッションは共通です)
自分も「占部採用」を5年ほど行っていますが、3日間のジョブ(短期インターン)は欠かせないと思っています。過去にも、面接は良かったがチーム行動が良くなかったり、疲れたときに思考の粘りが足りなかったり、という人もいましたし、逆にインターンをやってもらうと輝く人もいました。期間中は自分の時間もかなり割くので学生の理解度も上がるし、リテンション的にも意味がある(と信じて)やっています
これは、普通にありだと思います。

一発勝負の面接の技術を問うような採用は、
新卒一括大量採用・人事部による社内教育という
一つ前の時代のシステムを前提としたもの。

現在の「ティール組織」のような形態で事業を運営
しようと思えば、現場でのすり合わせが大事になる。
人事部が一括で採用してランダムに配属してローテーション
で回す、というようなやり方では、乱暴すぎてワークしない。

試用期間があるから、ダメなら辞めてもらえばいいのでは?という意見があることも承知しているが、それもまた乱暴な議論。

一定期間インターンで働いてもらえば、能力・性格などを含めたお互いの見極めや入ったあとのすり合わせもしやすい。

外資投資銀行やコンサルはもとより、ユニコーンと呼ばれるIT分野の成長企業でも、新卒採用とインターンはほぼ一体のものとして運用されている。

サイバーエージェントが、このやり方を取り入れていなかったことが、むしろ意外と感じられる。
「能力を見極めやすい技術者やデザイナーと違い、総合職は適性が判断しにくい」これは確かに判断が難しい。ポテンシャル採用が中心になってしまうのでインターンシップ必須はいいと思う。
新卒選考で自社インターン必須とする企業が増えると思います。今後、企業が求める人材は偏差値的能力よりも、地頭の良さやEQの高さを求めています。でも試験や面接では本当のところ理解するのは難しいですから、時間をかけて見極めていくことは自然の流れかもしれません。
ベテランの精神科医でさえ、一回の1on1面接で患者さんのすべてを見抜くことなど不可能でしょうね。

やはり擬似的にでも実際に働かせてみないと、その人のキャラクターや得手不得手などは見えてこないものです。

そもそも、採用の壁やコストが高すぎるのが課題点であるような気もしますが。
青田買いでよくあるインターンではなく、選考過程でしかも4次選考後というのがユニークですね。この段階でのインターンであればお互いにとってより理解が深まりそうです。
なんやかんや言って社風が合う合わないは重要だからね
能力よりもミスマッチを防ぐ事の方が大事と思う
特に何かあった時に異動先が限られる中小企業なんかは真似した方が良いと思う
アラフォーのおっさんだけど心ある会社(入社はしてない)にインターンの機会をいただいて情シス業界がどんなもんか分かって入社したことは良かったと思ってます。ただ当時はタバコ部屋があり私も喫煙者だったので密室で胸襟を開いたお話を伺えたのが一番の収穫で、気合い入れれば3時間くらいで終わるASPのプログラム作り体験が3日くらい続き仕上がった人には時間いっぱいまで別の仕事がやってくるのもまたSIerっぽい話なのでした。
中途採用でも弊社Findy では、副業や社会人インターン経由が多いですが、お互いに能力値や会社の成長性を確認した上で、一緒に働くことを決めれるのがよいですね。
株式会社サイバーエージェント(英称:CyberAgent, Inc.)は、Ameba(アメーバブログ)関連事業とインターネット広告事業を主とする企業である。本社は東京都渋谷区に所在。 ウィキペディア
時価総額
5,948 億円

業績