新着Pick

もっと自由に毛筆を──日本唯一の製硯師が語る、デジタル時代に筆を持つ意味

Mugendai(無限大)|新たな視点と最新の動向を提供するWebメディア
119Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近では“いまだにファックスを使っている”というと笑い話の対象だが、手書きの筆文字が送られるとなれば話は違って実にクールだ。欧米人にとって文字はせいぜいフォントで遊ぶていどで、大抵の場合は情報を伝える記号でしかない。文字を書くという作業を芸術に高めた書道は、漢字文化圏が世界に誇る文化だといっていい。

書道を趣味にしているうちの奥さんが、近所のお母さん(アメリカ人)達を呼んで我が家で書初めをするのが恒例になっている。その年に各自のResolutionすなわち決意、目標を考えてきてもらい、奥さんがそれに当てはまる漢字を選んで手本を書き、本人がそれを真似て自分で書くというものだ。意味をもった文字を書く、という行為は西洋人にとってかなり新鮮かつ深淵な経験のようで、お母さん達はそれを楽しみにしている。最近ではmindfulnessを目標に置く人が結構いて、奥さんは思案の末、”念”という言葉を当てはめた。
小さい頃習字ならってました 墨をするときの匂い、指に伝わるかすかな摩擦感覚、硯にためた水が黒く染まっていく渦、が好きでしたねぇ