新着Pick
141Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国人は金もうけに没頭しており、経済成長が続く限りは中国政府も安泰だ、というのは大方の外部の人々の理解であったろうし、中国国内でもそういう理解は多いでしょう(その経済成長もかなり怪しくなってきてはいますが)。しかし、それだけでは飽き足らない人々が出てくるのは、古今東西間違いのないことです。
 政府が公式のイデオロギーを持ち、学校などで教えようとする、しかし大部分の人々が真に受けておらず、当の政府の人々すらろくに信じていない、という状況が続いてきました。ジャック・マー氏なども共産党員なわけですが、マルクスや毛沢東思想を全面的に支持しているとはちょっと考えにくく、そして、こういう人は全くめずらしくありません。この状況の帰結は、全ての人々が政治に無関心になる、ということではなく、新しい先鋭的な思想の台頭でしょう。
 中国共産党も最初は大学教員と学生数十人の集まりに過ぎず、それから28年で天下を獲るに至ったのだから、侮るべきではありません。中国は歴史を通して確固とした「エリート」が存在してきた国であり、そのエリートが強大な影響力を時に発揮してきた、ということはこれからも変わりないでしょう。ここでいうエリートというのは、自分の金もうけしか考えない成金ではなく、社会全体のことが俯瞰できて、社会全体の問題に取り組もうとする意志を持っている人間です。
 この新左派というのは、社会全体を何とかするにはいろいろ足りないものが多いように見受けられます。こういう運動が試行錯誤を繰り返すのも常のことです。中国共産党や、紅衛兵や、天安門事件のようにエリートの青年たちが数十年ごとに突然とんでもない変化を起こすのが中国です。
なんだか米中関係おかしくなると「The New York Times」の記事もおかしくなりました。。笑
中国の若者たちに「天安門事件の記憶」は「薄れる」じゃなく、全くないです。このこと、どこでも書いてないし、誰でも話ししてないから。。

でも、気にすることないです。
私の中学や高校時期にも、国際ニュースを見ると、日本は政治交替で、この国大丈夫かなっと思いましたが、今は凄く安定じゃないですか。当時は小泉元首相のことを敵しか見てないのに、今は小泉厚労会長のスピーチによって日本語表現方を学んでます。笑

時代は変わる、人も学ぶ。「思想教育」はどうあろうと、中国の皆さんが自分なりの方法で、新しい知識や情報を身につけ、自分で判断できますよ。
昔、日本でも軍国少年がもっとも「天皇制絶対主義」の担い手であり、
「非国民」を糾弾することで、社会をダメにしたのに似ている。

中国共産党の「表面的」理念を純粋に信じる若者が、中国社会の成長メカニズムを破壊してしまうかもしれない。
興味深いね、確かに。共産主義信奉する学生が労働運動を主導すると共産党政権が抑圧する。