新着Pick
2145Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
【他山の石】
本事案について2つコメントしたいと思います。

①まず、ライザップの本業が属する健康・トレーニング産業は、
むしろこれからが楽しみな有望領域であり、ライザップの決算を見て脊髄反射的に「ジムは斜陽産業」と思い込む愚に陥るべきではない、ということ。

②もう一つは、企業再生は可能であるし、業績不振企業を買収して、負ののれん代を収益計上して足元を補強しながら、当該企業を立て直して企業グループとしての中長期の成長のバネに使うこと自体は、決して筋の悪い戦略ではないということ。

ただし、買収した企業を再生させることが出来なければ、②は絵に描いた餅になる、ということを理解する必要がある。

***「再建は現場の力でやる」(瀬戸氏)という基本方針でやってきたが、赤字企業を短期間に再生させるには困難が伴った。***

これでは雑すぎて、戦略とは言えない。分かりやすく言えば、話にならない。

たしかに、業績不振企業を再生するには、資金繰りを改善するだけで上手くいくケースも実は少なくない。また、販売のチャネルを改善したり、設備投資を行うことで上手くいくケースもある。

ただし、個別企業を、しっかり見て、不振の要因を瞬時に見極める能力と、打つべき手を「いくつも躊躇なく」打ちだす瞬発力と決然たる意志を持っていなければ、その判断もできないし、必要なアクションもとれない。
つまり、企業再生は、常にトップダウンであるべきで、「現場の力」などというあいまいなもので、再生できた企業など聞いたことがない。

まず財務を立て直し、戦略を再構築し、必要な資源を投下することは、現場の仕事ではない。買収した企業のトップの仕事以外のなにものでもない。軌道に乗ったら現場に任せたら良いのはもちろんだが、それはあくまで、再生後のはなし。
それは無数の不良債権に投資をし、企業再生を行ってきた経験者としての確信といってもよい。

そこが抜けていたライザップは、買収して負ののれん代を計上し、それでも利益が上がるので、本業が儲かったと勘違いした投資家が株を買いに走り、なんとなく上手くいっていたと勘違いしていた節がある。「買った企業は再生しなければならない」という当たり前のことにきちんと向き合い、結果を出すのは当たり前のこと。

今回の事例は、成長企業の経営者には非常に参考になる「他山の石」と受け止めるべき。
NewsPicksでは、松本さんのカルビー退任、そしてライザップCOO就任という華やかなタイミングで取材をしています。だからこそ、ライザップが危機に陥っている今、記事を出すべきだと考えています。

昨日の赤字決算と経営陣の対立報道を受けて、ライザップの瀬戸社長、松本取締役に緊急インタビューをしました。

今回、ライザップは松本さんの助言によって、積極的な買収を一時的に停止することになります。個人的には、その判断は正しく、今のタイミングで松本さんがいてライザップは助かったのでは、と思います。

ただ、その一方で、これから経営陣の中で松本さんの存在感が高まり、誰も口出しできなくなるリスクもあるのではないかと思いました。

松本さんは尊敬する経営者の一人ですが、必要以上に力が高まりすぎないよう、バランスをとることがライザップ経営陣の課題なのかもしれません。
流石のNewsPicksですね、ちゃんと当日動き、ポイントを抑え、そして翌早朝にオンラインで出す。当たり前に見えて簡単な事では無い。事実他のレガシーメディアはやっていないのだから。

1点だけ老婆心で加えるなら、代表者が2人で、1人のみ社長の役職が付き、1人は何も無い場合、後者を記事において「取締役」と呼ぶのは、あまり一般的でないように思いますがどうなのでしょうか。まあルールがあるわけでもないので良いと思いますが、職掌変更によりCOOの呼称を取っただけなのにちょっと平取降格のように見えなくもなく違和感を感じました。

さて本筋について
ひねくれたような言い方になってしまうが、私は一昨日の内紛もどき報道には大いに違和感を持ちました一方で、逆に本記事を読んだからと言って、ああよかった、信頼関係が深いな盤石だ、とか仲がいいんだ、とかは全く思いません。

正直、お互い何くそと思う局面は無い方がおかしいし、経営者も人間です。
しかしそもそも経営とは、仲、不仲とかという次元で語られるべきものではありません。
合目的的に、ビジョン達成オリエンテッドな組織体における装置として機能するもので、その機能を果たす旅の仲で、実績と自信を積み重ねるなかで、お前やるな、お前こそ、と言って信頼関係が醸成されていくものだろうと思います。

逆に、冷静に同社の現状を見ればIFRSののれん代会計ルールを利用して積み上げた砂上の楼閣が露呈した、中々に危険な状況、これを乗り越えない限りチームは盤石だ、とは到底言われないだろうと思いますし、そもそも取締役の地位とは取締役同士ではなく、株主の信任によるもの、危機を乗り越えない限り将来にわたり株主信任が得られるかと。

結果がすべてを癒やす。
ぜひ日本経済の悲願のひとつである、プロ経営者の定着のためにも、踏ん張って頂きたく応援申し上げております。
瀬戸氏、松本氏ともに、経営者として的確で見識ある認識と判断だと思います。
特に、経営資源(特に経営人材)と業容のギャップは、戦略自体は正しくともマネジメント不全から経営を危うくします。
20〜30社のグループ企業であれば対処ができても、80社を超えるとマネジメント不能になるという判断は、ライザップの致命的リスクを回避し得る不可避な意思決定だと考えます。

ただし、「若い人にやらせてみればよい」との対応だけで、赤字会社を立て直せるだけの力量を持ったビジネス リーダーが多数育てられるかどうかは楽観できないとも考えます。
たった1社のターンラウンドですら、何人ものプロ経営者とターンラウンド マネジャーを必要とする場合が多いのですから。

優秀なビジネス リーダーや経営人材が育つ組織風土や組織運営スタイルがライザップ社にあるかどうかは、正直に言って少々疑問です。
これまで瀬戸氏という優秀かつリーダーシップのあるトップが率いて来た企業ですから、単機能型では優秀な人材はいても、経営者タイプの人材は少ないのではないかと推察されます。
だからこそ、瀬戸氏以外の経営陣と松本氏の深刻な対立が生じたのでしょうから。

経営者には、緩と急、フローとストック、効率化と大胆な投資といったアンビバレントなファクターの統合が求められます。
こうした高度な統合感覚やそれを踏まえての組織回しは、頭の良さや行動力だけでなく、広く厚い経験が必要になります。松本氏がプロ経営者としてカルビー社で素晴らしい活躍ができたのは、それまでに伊藤忠やJ&j社でそうした経験を積んでいたからこそだと思います。

こうした人材育成に要する経験量や時間感覚を、瀬戸氏はじめ他の経営陣が持てるかどうかが成否を分けることになると思います。
先月、カルビーから華麗な転籍をしてきたばかりの有名なプロ経営者、松本晃氏がCOOを辞めるというかニュースと、それに合わせて瀬戸社長との不仲説記事、さらに11/14の赤字転落の決算発表と、「うわあああ、なんか、大変そう。松本さんももう辞めちゃうんだ」と斜め読み的に「勘違い」していた一連の記事へのイメージを完全に払拭させるとても良い長編取材記事。NewsPicksさすが。
結論からすると「改革のために痛みを出す。止血と再生」をRIZAP自身も断行するという強い経営意思決定と前向きに受け止めました。また、松本COOが辞任?というイメージ=5ヶ月で会社を去ってしまう、という勘違いも間違っていて、単にCOO役職を外したもので、同時に瀬戸社長のCEO役職も外していた、という。知らなかった。さらに、2人の「不仲説」も多くの記事で読んだけど、2人は本インタビューも決算発表で完全否定。最初は「そうは言っても」と疑って読み始めたが、僕としてはとても納得。この2人は深く信頼し合っていると感じました。羨ましいツートップ。僕も常に「投資してください」のお声を毎日たくさん頂き、ご返信できてないものも含めて数十社のアクティブなのリストを抱え、そのうち何件かを具体的な面談やDDを通して深い検討へ進め、そのうち1社/月くらいを平均的にエンジェル投資しているのですが、自分自身も「そもそもこれでいいんだっけ?」を考え始めた時期。自分個人投資には松本さんのようなツートップはいないけど、優秀な投資チームはいて、常に良いブレーキもかけてくれる。新しい試みとして、古くからのエンジェル投資先であるウェルスナビのレイダー資金調達を受けるという僕にとっては大きなチャレンジを始めたりもしました。その中での今回のRIZAPグループの止血宣言と戦略の180度転換。全く規模も影響度も決断の重さも違うものの、経営者の端くれとしては、とても尊敬を持って読ませて頂いた記事であり決算発表でした。また、記事内で利益もありますが、前回のNewsPicksでの「イケイケ」時代のロングインタビューと合わせて比較読みすると、なお、勉強になります。本当に大変な意思決定。個人的にはお会いした機会もなかったお2人ですが、応援したいと思いました。
https://newspicks.com/news/3106394/
憶測でなく本人に聞く。素晴らしい取材力です。昨日も書きましたが、このモデルのキモは「瀬戸さんの人を引っ張る力の強みで不振企業を再生できるか」の一点であり、その処理能力を越えた、ということ。なのでそのバランスをどう取るかにつきるので、まだまだ事業再構成の余地はあるし、適正なペースを定義する(記事に倣えば例えば兼務になるならやらない、など)こともできるように思います。スケールは違いますが、店舗ビジネスで商業施設に乞われるままに一気に出店して赤字店舗が増える、という分散事業あるある、店舗ビジネスあるあると構造は同じに見えます
ただ、この記事のハイライトとしては、瀬戸さんが語っている葛藤。買収という過去の成功体験に拘りたいが、一方で誰かに止めて欲しいという潜在意識があったので松本さんを招聘した、ということだとすればすごいこと。結果としてそれを受け入れていく過程での苦しみも吐露しておりまっすぐな人柄が感じられます。松本さんくらいの実績と「重み」がなければ素直に聞けなかったかもしれないので、そこも直感で感じて選んでいたとするとすごいこと。このあとの舵取りが楽しみです
ライザップは今後良くなるんじゃないですか。

赤字企業再生と、負ののれん代の利益計上というモデルで大量の企業買収をしてきたライザップだが、社内が買収モデルに頼りすぎて、「何がなんでも買収」が目的になっていたような気がする。
そうすると、どうしても買収候補企業の評価と成長戦略が甘くなる。
また大量の買収は、それをコントロールする社内の人材不足も顕著化する。

だから、松本さんが「ここいらで少し立ち止まって、整理しようよ」と言い、
瀬戸さんが、先輩経営者からのその忠告を受け入れたと言う事でしょう。

松本さんは、自分の得てきた経営ノウハウを瀬戸さんに一生懸命伝えようとしているのだと思う。
その意味では、瀬戸さんは素敵な「ビジネスの親父」を得たのかもしれない。
素敵なインタビュー。不仲と報じられたけど、2人の信頼感が伝わってくる。このスピードでインタビューできるNewspicksも凄い。

私は長く経営をやってきて、いろんな人に会いましたが、瀬戸社長のような人は、あんまりいないですよ。可愛いし、本当に素晴らしい人だと思います。

ご両親にもお会いしましたが、このご両親がいるから瀬戸健があるんだと確信しました。お父さんも素晴らしいし、お母さんはもっと素晴らしい。

ただ、あまりにも優しい。だから一人くらい「うるさいお父さん」がいてもいいんじゃないかな(笑)
このインタビューによると、
松本さんが辞めないでくれそうで、本当にありがたい。

そもそも瀬戸さんは、これから3年間の、エネルギーが低迷する、人生の「秋」の時期に入るのを見越して、自分の限界を超える、プロ経営者を引き入れたのだから、その直感力はさすが。

逆に、この体制を整えていなければ、手遅れになっていたと思う。

社内は混乱の極みだろうが、だからこそ社内の人材が磨かれ、本領発揮ができるときなので、ライザップ社員は引き続きがんばっていただきたいと思います。
改めて瀬戸社長の「運」と「実力」を再認識させる記事でした。ご自身も語っているが、瀬戸社長が今年2月、松本取締役を三顧の礼をもってして迎え入れたのは、「このままではヤバいんじゃないか」と心の中にアラートが鳴ったからでしょう。実際に松本取締役が子会社をチェックしてるうちに、大きな落とし穴を発見、ものすごいスピードで社内を調整し、経営戦略の方向転換を図った。サッカーに例えるなら、ゲーム途中でコーチが突然のフォーメーションを変更したいと言い出したのを、監督が驚きながらも、その意図を理解を示し、選手に指示をだした、といったところでしょうか。これまで若くイケイケのイメージのあったライザップですが、これからが本当の意味での正念場、非常に楽しみな会社になりそうです。
駆け出し記者時代、先輩からは「取材の基本はトップを直撃すること。会社なら社長、暴力団なら組長、事件なら被疑者と被害者、およびその肉親」と言われたものですが、Newspicksの取材チームは、それをテンポもセンスも絶妙に実行している。見習わなければ、と思う。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
RIZAPグループ株式会社(ライザップグループ、英称: RIZAP GROUP, Inc.)は、健康食品やダイエット食品の製造・販売などを行っている傘下子会社を総括する持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1,274 億円

業績