新着Pick
404Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今年7月末にアナウンスされていました、高橋淳先生の臨床試験に関して実際に最初の患者さんへ移植したとのニュースです。所からの公式アナウンスはもうすぐ発表されると思います。

来週には私の所属する研究室も大きな論文発表がありますので、是非また紹介させていただければと思います。

7月公開されている研究の流れに正式資料はこちらですのでより正確に詳しく知りたい方は御覧ください。
http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/pressrelease/pdf/20180730_parkinson.pdf?1532937891293

7月の発表時の解説を2つ再掲させて頂きます。

京大iPS治験が本格始動 パーキンソン病、世界初
https://newspicks.com/news/3213116?ref=user_1181702
今さら聞けないiPS細胞の役割(PICKONE)
https://newspicks.com/news/3257194?ref=user_1181702

今回のポイントは
・最終的な保険適応を目指して行う臨床試験、治験であること
・iPS細胞研究所の備蓄するiPS細胞ストックを使用すること(自分由来の細胞でないということ)
などがあげられます。

誤解されやすいのですが、臨床試験には設定されている目的があり、安全性の確認は重要な目的です。実用化にはステップがあります。着実に前に進んでいっていただきたいと思います。

また正式アナウンスがありましたら後ほど、貼らせて頂きます。

[追記]
「iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞を用いたパーキンソン病治療に関する医師主導治験」における第一症例目の移植実施について」
http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/pressrelease/news/181109-120000.html
胎児の細胞やES細胞での研究など素地があったからこそ、iPS細胞の発明以降ものすごいスピードで臨床試験まで持っていけた、と聞きました。脳神経細胞の再生ができるとなると難病の治療ももちろんですが、永遠の命への第一歩を踏み出した、とも言えるでしょう。
京大がiPS細胞を世界で初めてパーキンソン病の患者の脳に移植。約3年ほどかかる治験の結果に期待です。今回の研究は一般医療として保険適用を目指しており、22~23年度ごろの承認を目指しているとのこと。
iPS細胞による治療の現時点での主な役割は、身体の壊れた場所の修復、にあると思います。なので、病気の治療は、iPS細胞の活用と根本的な原因に対するアプローチとでセットになると思います。そうすることで将来絶大な治療効果を発揮する可能性があります。

例を挙げると、心筋梗塞でiPS細胞治療ができるようになれば、原因となった血管の修復(ステント治療、手術)、動脈硬化の原因である高血圧やコレステロールへの治療、そして心筋梗塞で壊れてしまった心臓の筋肉をiPS細胞で修復することで、心臓を心筋梗塞発症前の状態に理想郷では戻すことができます。

一方、パーキンソン病の場合には残念ながら原因がはっきりと解明されているとは言えないため、壊れた神経を修復しても原因治療ができません。このため、修復した神経はまた壊れていき、病気の進行は止められないという可能性があります。iPSによる再生とともに原因と根本治療の解明が待たれます。

いずれにせよ、iPS細胞の臨床応用自体とても大きなステップですので、大いに期待したいと思います。
記事にもあるように、安全性と効果の確認に約3年かかります。

臨床試験や治験の場合、五月雨式に情報を小出しにしすぎると、よくない結果となったときの絶望感が大きいので、今後はある程度情報がまとまった段階で成果が公開されていくと思います。

パーキンソン病患者さんには待たせてしまいますが、長い目で見てもらえればと思います。
専門領域のコメントとして依頼がありましたが、専門家の方々がコメントされているので、、、

パーキンソン病は脳の黒質緻密部というところからドーパミンが出なくなって症状を出します。手や足の震えが生じて、徐々に日常生活を脅かします。ですので、ドーパミン系の薬を内服することで症状を抑えます。
ただし、この薬は統合失調症の薬と相対するような位置にあるような薬剤です。

なので、薬が効き過ぎると副作用で困りますし、また、薬が切れてくると著名に症状が強くなるといった問題があります。



脳細胞が再生すれば、効果の切れ目もありませんし、周囲からのフィードバックがかかるのであれば効きすぎもありません。ただ、もともとと同様の組織になるのであれば、長期的にはそこも変性して効果がなくなる可能性もなくはないかと思います。もちろん10-20年もつなら、再治療とかでも良いような気がしますが。

これからに期待ですね。いずれにせよ年単位での結果を見ないと最終的なことは言えません。ですが、月単位で次に進んでほしいほど期待されてる方も多いでしょう。
淳先生おめでとうございます。
東の横綱・富士フイルムが進めるGvHD治療とならぶ、iPS細胞の臨床応用の西の横綱ですね。
パーキンソン病は根本的な治療法がまだない神経難病です。まだ一例目で、かつ移植したばかりなので「成功したか」を語る段階ではないとはいえ、治験が順調に進んでいることは、患者さんやご家族にとって朗報だと思います。
今回の治験の最大の目的は、症状を劇的に改善することではなく、安全性の確立なので、比較的症状が軽い患者さんが対象になっています。

また、すでに指摘されているように、先行する目の難病や大阪大の心臓病患者に対する臨床研究はいずれも再生医療安全性確保法に基づいて国から承認された臨床研究で、iPS細胞由来の目の網膜や心筋細胞が医療製品と認可されるにあたっては、改めて医薬品医療機器法(薬機法)に基づく治験をする必要があります。
 一方、今回は最初から治験として実施されているので、予定される7人の治験で有効データが得られれば、条件付きで早期に承認を受けることができ、一般医療として保険適用も認められます。京大チームは22~23年度ごろの早期承認を目指しています。
研究としては、本当に素晴らしい。ただ、既存のパーキンソン病治療薬を開発・販売している製薬会社との利害対立はあるだろう。一般論として、研究予算の乏しい日本の大学は、特に理科系の場合、民間の資金に頼らざるを得ない。むしろ、日本では、それが奨励されている。しかし、大学などの研究成果は、個別企業の利益と切り離し、人類共通の財産にする方向に持ってゆくべきだろう。研究者は、世界のため、人類のために仕事をするものなのだ。もちろん、そんなことは5年や10年の短いスパンで考えられるものではない。だが、100年かかろうが200年かかろうが、その方向性だけは持つべきである。
ついに移植が実現しましたね。

パーキンソン病のようにある物質が不足して生じる疾患には、このように移植して補充するという治療の効果は高そうです。

実際に効果が出るのか、期待しています。