新着Pick

保育園給食費、無償化の対象外に 財源確保難しく

朝日新聞デジタル
2019年10月から始まる幼児教育・保育の無償化で課題となっている保育園の給食費について、内閣府は無償化の対象外とする方向で調整に入った。低所得世帯の負担軽減案と合わせて、月内に開催する「子ども・子…
97Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
仕事の間、子供の面倒を見てくれる保育料が無料であれば充分ではないでしょうか?
給食費は、いわば食費です。
保育園に行かない子供の食費は普通に家計からやり繰りするものです。
これが払えないという場合は、別の次元で補助等を考えればよいのではないでしょうか?
この手の記事には総額幾ら位で、例えば何の財源と同程度の規模か書いてくれれば、幾ばくかは政治的選択の補助になるのでは。
政府がなんでも「無償」にしようとすれば、あらゆる点で歪みが生まれる。無償化よりも全入化が先だったと今でも思うし、悪い方向に制度が向かわないことを願うばかり。
給食費の財源は知れてるでしょうから、幼稚園と差を意識しての事でしょうね。

個人的には希望者は全員保育園に入れるようにしてから議論して欲しいですが。
増税はするし、五輪には湯水のようにお金使うのに、これ以上少子化対策するつもりはないのかなと少し悲しくなります。
ただ、無償化して財源ないみたいな問題が起こるのも怖いです。現に保育士の給料は上がらずに、保育園全員無償化というのは疑問符つく施策ではあります。
ちなみに今回の件、低所得者への対策は行うという方針は良いと思います。そこは徹底して頂きたい。
保育園に入りたい人がちゃんと入れて、なおかつ虐待などが発生しないように質も担保することが必要だけど、なんでも無償化して得票数を確保する狙いが残念。安倍政権らしいけど。
食費は実費が原則でしょうが、そもそも所得等に応じた傾斜配分がまだ足りないと感じます。
幼稚園と保育園の不平等などの問題も含め難しい。
そもそも論として、借金ありきでものを言うのはおかしいと思いますよ。