新着Pick
497Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
お金を稼いでいないときに小さなマネタイズや魅力的に見えるアライアンスの話はたくさん舞い込んでくるものです。
周りの起業家がどんどん組織を大きくしたりおしゃれなオフィスに転居したりすると羨ましく思えるものです。
それには見向きもせず、組織をシンプルに保ったまま、出ていくお金を絞って、タスクの量を最小限にして、磨くべきプロダクトといかに向き合うか。
うちもどちらかというとこのスタイルを取ろうと踏ん張っています。

一方でスケールを追求して資金調達を繰り返してスピード感で押し切って世界を変えてしまうベンチャーが存在することも事実で、この辺りは起業家や投資家のスタンス次第なところは大きいなと思います。
こっちはこっちですごい。
一番ぐさっと刺さったのさ、「作れる人材いないから優秀なエンジニアが集まる雰囲気を作れたら勝ち」という箇所(´・ω・`)(´・ω・`)

特に日本ではエンジニア確保が世界イチ難しいと言われてますよね...。

イスラエルでは同じ悩みがあるものの、エンジニアの層が厚く、バイアウトを繰り返すシリアルアントレプレナーで成功してるエンジニアもいます👩‍💻✨

この悩みは特に日本が顕著だろうなぁ...。
ひとえに、「純度」と「速度」の2つを極限まで向上させていけるか、ということだと感じました。人員や調達額の増加はこれら2つをともに低下させる。CEOらが、ブレることなくビジョンを語り続け、企業文化をどう形作っていくか。

-----
1.つくれる人はいますか?
2.大きな市場、熱量の高い市場を狙っていますか?
3.誰かが死ぬほどほしい塊をつくっていますか?
4.サービス開発だけに集中していますか?
5.質素倹約、金を使わず、頭を使っていますか?
"「X社、Y社、Z社に出資してもらいました!」「おめでとう!」「今日は西麻布で打ち上げです!」はベンチャー界隈でよく聞かれるやり取りです。"
面白い。この価値観を外に表すメリットがよくわからないですよね。メリットなんかないか。単に嬉しいと。
要は、無駄なことやってないで、サービス・お客様のことを考えよう。そして、良いサービスを作り続けようってことかと思います。
なので、私もNewsPicksやってないで、仕事しろってことか・・・。これからお客様との打ち合わせなので許してくださいm(_ _)m
(あ、でも、たまの息抜きもしないとスタートアップは続かないですよ笑)
グッとくる5つの質問。1,2,3,5はyes!と即答できる。4はどうだろう? 今月は移動時間が多く、4に対して即答できない自分がいるかもしれない。24時間事業のことだけ考えているけどね。もっと集中出来るな、よしやろう。

1.つくれる人はいますか?
2.大きな市場、熱量の高い市場を狙っていますか?
3.誰かが死ぬほどほしい塊をつくっていますか?
4.サービス開発だけに集中していますか?
5.質素倹約、金を使わず、頭を使っていますか?
質素倹約、本当に大事!ウィルゲートも二期目で資金調達した後に調子に乗ってお金を使いすぎてその後大赤字になりました 😂
塩野さんの記事。興味深く拝読しました。
マイケルの優位性が改めて理解できましたし、今後起業する人が増えれば、エンジニアさんの人材獲得はまだまだ引き続き厳しなりそうだなと感じました。

出資者を分ける必要性についてのお話も納得です。
“事業創造は独裁者のゲームであり、余計な株主や関係者の調整に時間を使うのは無駄です。
「関係者が多過ぎる」のは企業の事業創造がうまくいかない根源的な問題です。”
スタートアップのいろはに書いてあることですが
「事業創造は独裁者のゲームであり、余計な株主や関係者の調整に時間を使うのは無駄です。
「関係者が多過ぎる」のは企業の事業創造がうまくいかない根源的な問題です。」
これはスタートアップの目利きにも使えそうですね