新着Pick
48Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回は大方の予想通りで次回以降どうするか・・・ 「10月の株安や住宅・企業投資後退の兆候を踏まえ、アナリストの中にはFRBが次回利上げに懐疑的な見方を示唆するとの見方」があったが「米株式市場のボラティリティーのほか、来年に世界経済が減速する可能性などに関する明白な考察はなかった」とのことで、FRBは株価や海外の動きより米国の物価、雇用といったFRBにとって本来的な指標に重点を置いて判断するのでしょう、たぶん。
一方、大規模な量的緩和で米ドルが大量に流れ出した結果、利上げが、米国自身より新興国を始めとする諸外国により強く効く構図が見え隠れしています。FRBは『米国第一』で動くのか新興国を始めとする海外の動きにも目を配るのか。利上げが嫌いで米国第一のトランプ大統領の再選もあり、米国経済のターニングポイントを含めて判断の正念場が近づいているような気がしないでもありません。 (@ @)ウーン
金融政策は据え置かれました。もともと今月ではなく12月に追加利上げが予想されており、今回は順当だったと思います。市場の反応もほとんどないようです。
 唯一の注目点は民間設備投資の勢いに対する認識が若干でトーンダウンしたことで、2019年の利上げペースを握るファクターになりそうです。
事前に大勢的な想定内。直近の米国長短金利の推移を見ても概ね巡航。このまま行けば、来月の利上げも既定路線といえるでしょう。それが今後のために良いかどうかはともかく。
FOMCは政策金利を2.00から2.25%に据え置くことを決定しました。据え置きは予想通りで、今年はこれまでで利上げは3回実施。次回12月のFOMCでは利上げが行われるとみられています。
「企業投資は今年に入ってから見られた速いペースからは緩やかになったとの認識も示された」