新着Pick
505Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
えらくステロタイプな分析に思えました。

学歴は仕事のできることの証明にはなっていないというのは誰もが感じているだろうこと。有名大(京大を除く)というか東大か慶応を出ていると、人脈だけはありますが。

この記事の表現だと論理的に誤解を招く表現で、思考力を疑いますが。

勉強好きな人は金や権力に興味がない場合があるので、側からみて残念にうつることがあるというだけのことではないでしょうか。余計なお世話。そんな次元で生きてない。
「勉強ができる人」は、答えのある「言われたこと」をきっちり早くやる能力のある人で、「仕事のできる人」は、「やるべきこと」を自分で考えて実行する能力のある人だと思います。仕事ができることと学歴とは関係がなく、仕事に没頭できるかどうかに関係があるのではないかと思います。
このタイトルだと、勉強ができる人の多くは仕事が出来ないと誤解を招きますね。
また、記事中に学歴の落とし穴が指摘されてますが、大手企業とかでは学歴の差ってあまりないと思いますので、そういう落とし穴は少ないと思います。
このタイトルは語弊は生むけどマーケ的には強い。学歴Disは多くの人の支持を得るから。
でも、そもそも本当に仕事できる人は学歴なんて見てない。そもそも関係ない。今の仕事で判断されるだけなので。
良い歳になって学歴Disしてる人はそろそろ自分こそが学歴という枠組みで人を見ることをやめられるように成長されてみてはどうかと思います。
ん!?とは思うが、こういう記事で癒さ溜飲が下がる人が少なくない→社会課題の存在を感じるきっかけとして、この記事の存在は学ぶところ多いかも。まあ30年前の学歴を自慢して生きている人間よりは、現在進行系で勉強している人は大事と思うが
要するに今の教育機関は、社会で大成功するようなカリキュラムとして適応していないということですよね。とはいえ、高学歴な人は何だかんだ統計的には高収入を得ているし、転職も有利なのは事実なのでやっぱ学歴はあった方が得。あと高学歴な人は時頭は育っているので、その学歴が印籠にならない若いうちに起業とか挑戦するとはかなり仕事できる人になると思います。あと大切な思考は履歴書で仕事をしない、ということ。やはり常に「頂点をアップデートせよ」と考えるべきで、そうすると「今」を一番にしないといけないので過去の話は出てこないんですよね。つまり履歴書を無意味に出来る。かくいう私も学歴のない人はそうやって生きないと辛かった笑

そしてこの記事は本の宣伝が凄いw
すでに多くの方が指摘されている通り、「勉強ができる」と「仕事ができない」が正の相関になっているように取れるようなタイトル。

耳目を集めるための記事やタイトルは気持ちのいいものではありません。
「山の「中腹」を「頂上」であると勘違いしてしまう」
なるほど。そして歳を重ねても謙虚さはとても大事だと思います。一方で、謙虚さゆえに自己肯定感を失うこともあるのではないかとも感じます。
何事もバランスですね。人生の浮き沈みとも上手く付き合っていくことだ大事だと思います。
素直と無邪気である間は伸びる
アンラーンの経験がないからかもしれないなぁ、と想像しています。

常に学び、深め、また学び、深める。
アドオン、アドオン。

ある一定のところから先は、アンラーンをして無知な自分に戻ることが必要だと思うのですが、その経験がなさそうなのと、もしかしたら無知に戻ることをプライドがジャマしてしまうんじゃないかと思っています。