新着Pick
583Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
専門領域としてコメント依頼があったので書きますが
毎四半期これを論じる事に意味はないと思いますし、投資家はペイシェントに同社の海外投資による赤字を許容する事が同社への投資条件であると言って過言でないでしょう。

そう明言して上場したわけですし、そもそも会社のミッション自体にでかでかと「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」と書いてあるわけで。戦略ですらない、ミッションゆえ、いくら赤字を出そうがやり続けるに決まっている。

では議論すべきは何かといえば財務健全性、つまりあとどれくらいこの挑戦をし続けられるか。
現預金が1千億円、流動負債が400億円強、差し引き500億円強がざっくり軍資金。つまり今の損失水準で単純計算して5年分です。

長期負債も200億円も無いので借り入れ余力もまだある、セカンダリ市場調達も十分ありうることを考えれば、この挑戦を当面続けるに足る財務的な余裕は十分にあると評価すべきでしょう。
赤字出すって明言してるので四半期ごとの赤字を論っても意味がない。売上もMAUもGMVもしっかり成長してし、キャッシュも1000億円もあるので問題なし。北米制覇は日本のスタートアップの悲願。長い目で応援しましょう。
上場に向けて過度に焦る起業家の気持ちを落ち着かせるには、コーポレートガバナンス論についてくどくどと講釈を垂れるよりも、投資が先行する成長途上の上場企業の株主総会や、株式掲示板での個人投資家のやりとりを見せる方が、よほど効果的だと思います。
記事中のCFOの言葉になぞらえて、
「この四半期も25億の赤字のメルカリ、『規律ある赤字』を掲げ積極投資継続」
というポジトーンで書いてもよかったのではないでしょうか。
もちろん、米国市場との親和性の議論もありますが、こういうときこそAmazonと比較すると面白いのに。

-----
「大きく成長させるために大胆な投資も必要。規律のある赤字をもって事業を成長させたい」(メルカリの長澤啓CFO)
業績を見ながら思うのは、短期の話では10-12月期でどれだけ海外も国内も伸ばせるかがキーで、期待値がそこでプラスにもマイナスにも変わりうる。

米国のGMVが伸びているのは良いこと。
年末商戦は需要期だと思うので、2Qがどれだけの数値になるかがキーだと思う。伸びている中で、使っているユーザーがどれだけエンゲージされているのかは気になる点(DL数やMAUなどが海外についてはパッと見た限り開示がない)。

国内も同様で、2Qに過去にグイっと伸びてきた。今年どれだけそこで伸ばせるかで、今後の期待値は変わりうる。

赤字については…上場時に言っていたし、一方で市場はそれを常にチェックするもの。その均衡で企業の意思決定と投資家の売り買いの意思決定がされていく。
だから毎四半期気にしないという考え方も、それをチェックしていくというのも、別にどちらでもいいと思う。
ただ毎四半期ごとに変化がある可能性はあるし、業績・施策は積み上げていくものという点で、何がどう積み上がっているのか、定点観測をすることには個人的には価値があると思っている。

説明会資料
http://pdf.irpocket.com/C4385/BXIb/krhg/sZBX.pdf
トップラインは順調に伸びているわけで、スタートアップならば赤字になってでも投資はするでしょう。特に海外は今が勝負時なわけで。上場しても赤字だからダメという認識はスタートアップを理解できてないと思います。ロコンドさんも赤字掘ってから大きく伸び上がりましたよね。
ちなみに製薬ベンチャーとかも上場してからずっと赤字だったりしますからね。そういう会社ありますよね。
四半期収益で議論するのは、木を見て森を見ず、に近いように思えます。もちろん、木の集合体が森であることは否定しませんが。
赤字掘り堀りしている会社ほど日本市場ではミスプライスされる。
現金が燃え尽きるリスクを意識する少し前に、投資をしている米国事業についてどのような選択肢を用意しているのか明示してもらえればいいなあと思います。それまでは思うようにやって欲しいと思いました。ただなぜいまロゴの変更なのか、正直ピンときません。
積極的な投資の結果なので特に問題ないと思います。

テック系プラットフォーマー企業と、伝統的な製造業などの企業では、収益構造が根本的に違うので、四半期で赤字黒字と同列で比べてもあまり意味はありません。