新着Pick
160Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
血圧計は家電に。この流れでエコーなど他機器も安価となり家庭内や訪問医療者とのコミュニケーションツールになると、事業パートナーのドクターが話していた通りの流れがきてる。個人的にはスマートスピーカーこそ一人暮らしや老夫婦、もちろん一般家庭に普及しそこから様々な生活動態が把握できるのがかなり現実的だし、何より監視されるのではなく自発的にコミュニケーションをとりながらログがされていくキャッチボールが大事。
面白そうですね。生体情報を集めることはいまでは物理的には難しくないと思いますが、それを自社に集約させて、それに対してしっかり患者にメリットを提供するためには色々知恵や仕掛けが必要だと思す。この会社の展開が楽しみです。
自分の人体KPIを決めたいと思い、体重、体脂肪率から入り血糖値や血圧を定期的に測定しています。
今後は自律神経や脳波、神経伝達物質も計測リストに加えていきたく、ある程度正確に計測できるデバイスを探しています。
医療×AIという意味では、健康診断のデータをため込むプラットフォームサービスが出てきてもいいと思う。今は、健康診断や人間ドックの結果は、同じ病院で受けないと時系列変化が見れない。どこで受けても、あるプラットフォームにデータが残り、簡単に過去履歴が見れて、食事や運動の改善を提示してくれるサービスがあれば便利。

業績