新着Pick
530Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ベンチャーキャピタルなど外部資本を入れてないと日本のスタートアップシーンでは目立ちにくい傾向にあると思うのですが、自己資本経営の未上場でもメガベンチャー予備軍は少ないですが確実に存在します。その代表格の1社がSpeeeです。

10代でビジネス書を読み漁り20代の10年間でゼロから400名規模のベンチャーを育て経営する。しかも自己資本で。こんなにも多領域に事業を創り続けながら。そんな大塚さんはどれだけ偉大な経営者になるのか本当に楽しみです。

大塚さんと会話していると、そこまで考えるのか!といつも思考の境界を広げられ、深さを思い知る体験をさせられます。
ベールに包まれたSpeeeを理解できる、とても面白い記事でした。

意外と知られてない方も多そうですが、大塚さんは私が知る経営者の中でも、もっともストイックかつ実行力のある方でして、会社はすでに国内ベンチャーの中でも最大級のサイズではないでしょうか。特にそのストイックさは記事を読んでもわかる通り、ビジネスを徹底的に科学するためにありとあらゆる次元から検証し、学びつづけているのですよね。旬のネタがしょっちゅう変わりますので、ついていくのに必死です。笑

いやはや、我々も負けてられません。
”今見ると文字数も多いし、共有しやすくするにはもっとシンプルにしたほうがいいに決まってる。でも、魂がこもっているからなかなか簡単には変えられないんですよ(笑)。”
経営者の約束って本当に大事だと思います。
結構見ています。経営者の一つ一つの言葉を。ここに矛盾があってはいけないんです。覚えられなくてもいいと思うし、本当に大事だと思うことは簡単に変えてはいけません。社員や求職者からすると、この一つでも心に残ったらひたすらそれを見てます。
例えば「脱・受け身」いいですよね。だから社員は見てます。受け身全開の会社にいた人からしたら目から鱗です。「あ、社長、今受け身でしたよね?」みたいなイジられ方したら最高ですよ。
Speee大塚さんは私がこれまで出会ってきた同世代の経営者の中でも飛び抜けて優秀な方です。シャープすぎるくらいシャープな頭脳と侍のようなストイックさと、時折見せるチャーミングさが最高。大好きです。
お手伝いしているSpeeeの大塚さんの学生時代の話から共同創業者の久田さんとの創業秘話までカバーされていて、読み物としても面白い。事業創出にもともと強かったSpeeeは、ここ最近技術面もかなり強化しており、テクノロジーをベースにした事業創出集団となっている。Datachainはその最たる例だ。

起業を志している人や事業創出を任された企業人などにお勧めしたい記事。
未上場のネット系ベンチャー企業でもっとも成功している会社の一つだと思います。

初期の頃から採用や組織づくりに力を入れていらっしゃいました。

最近はプロダクトが先。資金調達が先というベンチャーが多いですが、売上を設立当初から立てることができる会社は強い。

出してもらったお金と自社でサービスして作った利益は全然違うものだと思います。

採用をより強化したいベンチャーはspeeeさんを参考にすると良いかと思います。

またキャリアを考える若手の方にももちろん成長企業でおススメです!ブロックチェーン、データチェーンなど最先端の新規事業や経営企画がございます。

最初に五反田の小さなオフィスで大塚さんにお会いした時のこと今でも覚えております。

こんなに優秀な方が創業者以外でいるんだからものすごく伸びる会社だろうなと思いました。なかなか衝撃をうけたこと覚えております。

当時どうしても気になるベンチャーでご連絡させていただいた記憶がございます。
Speeeの印象が変わりました。
こんな経営オタクな人がCEOなんですね ^ ^

「本屋で1冊買ったら、そこに名前が出てくる人をチェックして、その方の著書をさらに買い足して。印象的な言葉にマーカーを引いて、タイピングしてファイリングして……完全に経営オタクですよ(笑)」
Speeeの医療事業はめちゃくちゃ注目してる。