新着Pick
424Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国の子供のサッカーの試合中のプレーは、みんな褒めますが、日本はみんな怒ります。褒めるのが大切なのは、子供だけではなく、大人もだと思います。上から下に怒る延長線上にパワハラがあります。
子どもがインターナショナル幼稚園に通っていました。何をどれだけ失敗しようが答えをどれだけ間違おうが、先生が言うのは「Nice try!」「Good effort!」でした。

結果でなくプロセスに注目して評価するという視点、納得です。
大学でもホメゴロシますよ でも、メリケンでも結構最近(ここ二、三十年)のことなんですよ、ホメゴロシ文化 
過剰な成果主義社会で、自己肯定感情を維持するためのトレーニングの目的があるかと
基本的に何でもGreat jobな印象があります。もう子供ではないですが、フィードバックをもらうときに、評価がインフレしている可能性があるので、日本語感覚的な額面通り受け止めないようにしています。
> 結果を褒めるのではなく、指摘する
これはいい視点ですね。

指摘すべきは
⑴Process(プロセス)
⑵Improvements(改善)
⑶Effort(努力)
米国に住むものです。

アメリカ人は日本人と比較すると知ったか振りをしない傾向にある。教育からスポーツ指導でも同様の傾向が見られる。
プロセスで具体的に褒めるのがいいそうです。

いずれにせよ自己肯定感を育むのは大事です。