新着Pick
203Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本のニュースで「中小企業の運動会・社員旅行の復活」を報じている一方で、大企業では忘年会以外のイベントがはほぼ皆無になってる事実に驚きました。
シンガポールで日本のテレビを観れるサービスを導入しているが、海外から観る限り、そうした傾向を感じられなかったからです。

そもそもシンガポールでは会社のイベントが多いです。忘年会的な位置付けの「Dance & Dinner」(Danceと冠しているが踊りはしない)に始まり、会計年度始めの決起会である「Kick-off」、これら会社全体のイベント以外にも、「モラルイベント」と呼ばれるチームワーク向上を目的とした部署イベントも年に何度も開催されます。とにかくイベントばかりなのが、シンガポールのグローバル企業です。

しかし日本の会社のイベントが場合によっては、パワハラに繋がり、コンプライアンス違反に当たってしまうらしい。パワハラへの過敏な気遣いに、日本企業や会社組織が閉塞感にさえなまれるのではと危惧してしまった次第です。

シンガポールでは日本好きの外国人に出会うことが多いので、ダイバシティーへの関心が高く、日本で多様な価値観が芽生え、より会社の成長に繋がればと願い執筆致しました。

ぜひ記事一読いただければ幸いです。

STAY GOLD!
企業はコミュニケーションスキルが高い人材を採用しているはずなのに、企業内の課題において真っ先に上がるのはコミュニケーションが取れないという点。
世代間ギャップやイベントよりもITデバイスやサービスの普及によるコミュニケーションをとる時間が圧倒的に不足していることが要因のように感じる。
泳げるけど最近泳いでないから長い距離が泳げなくなるように日々のコミュニケーションの積み重ねが大切。
パワハラ過敏の傾向、他者理解・受容の重要性、という点に同意です。で、日本の大企業の全社イベントが減っているという点に関しては「コンテンツが面白くない・ウケない」ということもあるのではないでしょうか。トップの一方的なプレゼンだったりやパーティーという名のただの飲みだったり。で、つまらないから不評、だったらコストもかかるしやめとくか、と。イベントの成果物を明確にしたり、内容を工夫したりすることで、まだまだその価値はあるような気がします。

パワハラ過敏にならない上下関係を超えた相互理解というのはとても大切なのですが、階層・ヒエラルキーで組織運営している限りはどうしても難しいですね。なんで上が下に合わせなきゃいけないの?とか。そういうマインドから離れられないと思います。

肩書きやそのポジションパワーではなくて、ビジョン・価値観・信頼関係で動く組織が理想的。こういうこと言うと以前は一笑に付されましたが、昨今の「ティール組織」談義にあるように決してそんなことはないですし、実際にある。そういうチームがこれからは勝っていくんでしょうね。
台湾では、社員旅行は当たり前。

また、旧正月前には、会社主催の忘年会「尾牙」(ウェイヤー」が盛大に行われます。毎度この忘年会は、会社と経営者の器量が試されます。ここでケチったり、ましてや開催しなかったりすると「なんてしみったれた会社なんだ」と言われかねません。大企業ともなると、有名タレント呼んだり、ビンゴの景品が車だったり、とにかくこれでもかと言うくらい盛大に、バカ騒ぎします。

日本では本当、社内イベントを開催しづらくなりましたね。
企業も人も最悪の事態を想定して行動する。とくにわたしたち日本人はリスクをとりたがらない。パワハラを怖れてコミニュケーション不全に陥るのは予想できると思う。リスクマネジメントのセオリーとして、頻度が高く衝撃が大きいリスクイベントは「回避」するべきからだ。これまで「弱者」だった若者や女性は「武器」を得た。SNSもそうだ。これまで泣き寝入りするしかなかった旧弊が改まるので良いことだが、副作用にも注意しながら慎重に運用していくのが今後の課題となるだろう。旧弊は元には戻らないからまずは慣れることだ。その上で少しずつ改善していくのが現実的な対応だと思う。
シンガポールでは確かに会社イベントが多い。日本との大きな違いはホストのあり方。シンガポールはマネジメントがホストとしてメンバーをもてなすことに徹している。
お、リーゼントマネージャーの岡田さん!今年一学期のNewsPicksシンガポールイベントではトークをして頂きました。