新着Pick

「空飛ぶトラック」商用化 ヤマト、積載450キロ 20年代半ばに

日本経済新聞
ヤマトホールディングス(HD)は米社と共同で無人輸送機=写真はイメージ=開発に乗り出す。
279Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヤマトは堅実的なところと組みましたね.Bell Helicopterは今年のCESで,電動ハイブリッドのeVTOLモデル(空飛ぶタクシー)を発表している.
https://wired.jp/2018/01/12/bell-flying-car-ces2018/
本記事の内容によるとテールシッターと呼ばれているタイプ.機体を垂直に立てて離着陸し,水平飛行に遷移する.マルチコプターのピンポイントで垂直離着陸できる利点と固定翼機の大きな飛行距離の利点を合わせたタイプ.ただし,この遷移,逆遷移の飛行制御が難しい.
空飛ぶクルマ、空飛ぶタクシー、空飛ぶトラック…
「小型コンピューター」が実際は「スマートフォン」となったように、将来は別の名前になるのかな…「スカイウォーカー」とか(燃料はフォース)
ヤマトが米ヘリコプター製造大手のベル・ヘリコプターと無人輸送機を共同開発することで基本合意したとのこと。内容は「最大450キログラムの荷物を時速約160キロメートルで運べる「空飛ぶトラック」」で2020年代半ばまでの商用化を目指しているとのこと。
Bellと組むとは!この振り方が昔、小倉さん(ヤマト元社長・宅急便の父)が商業貨物輸送から個人の宅配事業にシフトしたのと同じ流れになることを願います。ヤマトは飛行機持ってないから、個人的に飛行船とかどうよと割とマジで提案してたけど(笑)ヘリかー面白い。Good luck!
こういうのはどんどん進めてほしい。ヤマトはその昔、政府とも戦ったわけですし、今回も厳しい規制が前途を阻むでしょう。今回もぜひ戦って、規制を壊していってほしいですね。
新たなイノベーションによって、人手不足、経営効率化等の社会課題を解決することは大切です。縦横斜めと規制がある国で効果的な実証が出来るのだろうか?なんちゃって特区では立ちゆかない時代が訪れている。
#福田峰之
無人化したオスプレイの商用化か。

飛行については技術的に解決できても、周辺事情(地上への爆風・騒音などの環境問題、コスト)がまだ解決できない。

横田空域がある限り、多摩川の向こうには、神奈川から新潟まで、高い壁(進撃の巨人の壁のような)がある。つまり、日本における輸送の大幹線を断裂する壁があるので、コストアップの要因となり事業化の重大な障害となる。
チャレンジはすごい。けど、中距離輸送で450キロって、かなり用途限定されそう。
ちなみに、450キロはだいたい軽トラックと同じくらい
最大積載量450kgって意外に小さい。自社用途を超えてドローンレベルの汎用性を目指しているのかが気になるところ。
動物の輸送とか?
技術開発と法を揺らす。夢もあっていいですね「空中衝突回避など政府の法整備をにらみながら2020年代半ばまでに商用化する」