新着Pick
95Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
全体の買収ではなく、従業員含めた技術の買収。
下記部分から考えると、Appleが占める比率が極めて高く、他社に乗り換えられるよりは売却をするほうがマシという判断をしたように思え、逆にAppleは交渉力を発揮した印象(優先的地位とか大丈夫な領域?)。
Appleとしては取り込むことで、自社の付加価値取り込みを上げられるし、技術自体も抑えて自社用により最適化していくのではないだろうか。競合がそれを防ぐために、例えばここでSamsungなり他社が買収に手を上げたらDialogの取締役会がどう議論するのかは見てみたい…

『今回の合意により、ダイアログの総売上高に占めるアップルの割合は、今年度の約75%から2022年度には35ー40%に低下する見込み。』
『同社は今年に入り、アップルが他社の半導体を利用する計画だと表明し、株価が急落していた。アップル株は横ばい。』
今回の買収はアップルでは異例で規模も最大とのこと。過去にはフェイスIDの技術を手がけるプライムセンスを3億5000万ドルで買収している。
ーー
省電力性能を左右する電源管理技術を、欧州の半導体メーカー、ダイアログ・セミコンダクターから6億ドルで取得すると発表
これぞ正しきM&A
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。 ウィキペディア
時価総額
119 兆円

業績